ホーム   »  
 | 

狂い咲きの4月

昨日と今日の忙しさ  なんじゃこりゃあ


土曜日はチョイひまでしたが、反動で日曜日は凄いことになりました


お客様がある程度引いて、和やかムードが漂い始めた閉店時間1時間前


立て続けに3件のお客様がご来店、これがまた3つとも大口のお客様


今日は今日で私は朝から電話の前から離れられません


ものすごい数のお電話でのお問い合わせ


もちろん今日も昨日と同じくらい売れましたよ


普通4月はこんなに忙しくないのですが  今年は桜も遅かったですが、ベッドの需要も例年より遅いのか(笑)


ホームページの人気コーナー アウトレットコーナー   も充実の掲載!!!


こちらのお問い合わせ、販売も順調です


明日もどれくらい売れるのか、楽しみです   4月の月間記録更新は確実ですね

空気のよどんだショールーム

たくさんのメーカーがあり、それぞれが大なり小なりのショールームをもっています


外観、内装、照明、商品はもとより演出の小物に至るまで綺麗にバランス良く配置されているショールーム


プロである我々が見ても、 キレイ


そういた綺麗なショールームの代表格が、ドリームベッド ショールーム と 関家具の ノットアンティークスのコーナーですね


弊社本館においても ノットアンティークス 大展示展開していますが、参考にさせていただいております 只今大セール中


またこれとは逆に、汚い・・・と言ってはなんですが   小汚い(笑) ショールームもあったりします


我々はそういうショールームに足を踏み入れる時、まさか「汚い」 とは言えないので


「空気がよどんでいる」 と表現します


おたくのショールームは空気がよどんでいませんか


同じ商品が並んでいても、空気がよどんでいると、商品までよどんで見える


照明もうすぐら~い  お化けでも出てきそう(笑)


雑然と商品を置いていても、内装にそれほどお金をかけていなくっても


それなりに雰囲気のいいところもあったりします


運営する側のセンスなんでしょうか

ありがとうございます

本日、お客様から以下の以下のメールを頂戴いたしました


何時も楽しくブログを読ませていただいております

私は2カ月ほど前にベッド館に伺い、アワーグラス ア―ルグレイを購入いたしました滋賀の〇〇と申します

中略~

いつもも拝見するブログやホームページから垣間見えるのは、御社とお取引メーカー様との良好な関係

御社の他と比較にならないほどのお値引き率は、メーカーさんの協力あって実現していると推察いたします

もちろん新井家具様の企業努力もあるのでしょうが

そのメーカーの協力を引き出されているのは、重ねて言いますが信頼関係

私自身も商売をしており、ブログ等を読ませていただいて、色々とお手本とさせていただいております

また敵対されている某メーカーさん(笑) に対する記述も、どこかしらユーモアがあり

ボロクソに書いているものの、なんとなくそのメーカーに対して愛情を感じられているような感があります

中略~

以前から悩んでいた腰の不調も、アワーグラス使用10日ほどでウソのように改善され、おかげさまで快適です

分野は違えど同じ商人、健康安眠があって初めて商売にも身が入るというものですよね

私も新井家具さんのように熱い情熱で仕事にまい進したいと考えます

良いマットを紹介いただきありがとうございました、まずは御礼まで



  涙がちょちょ切れるようなありがたいメールを頂戴いたしました


そうですねぇ・・・敵対しているメーカーへも愛情・・・


確かに往年のあのメーカーの素晴らしさを知っている世代の我々としては、すっかり変節してしまった現在の姿に


愛情・・・というか哀れみを感じる心があるのかもしれませんね  


それも含めて、色々なご指摘ありがとうございます


メーカーとは常に真剣勝負  言いたいことを言いあっています 


それもおっしゃるように、信頼関係がなければ成しえないことかもしれませんね

手っ取り早く!!

遅々として進まぬ、東京ショールーム計画


問題は立地と人間の問題、もちろん経費的にもペイできるのか  それも問題です


弊社で例えばアンネルベッドや東京スプリングのマットレスを購入いただく場合


おおよそ30%前後のお客様が、現物を見ずに、体感されることなくご購入いただいておりますが


やはり体感できないことがネックで購入を諦められるお客様も多いと思います


一番簡単なのは、広めのマンションの一室でもいいんです


主要なマットレスを10台ほど展示、人間をおくと経費がかかるので、弊社と直通の電話をしいてご質問、相談はそれで


留守番にはそうですねぇ、シルバー人材から派遣してもらった真面目なおじいちゃん


この方に朝9時~夜18時くらいまで留守番とお掃除をしてもらい、そこでは見るだでけ、販売を行わなければお金の出し入れもない


適応性のある人なら、そのうち簡単なご案内もしてもらえるようになるかも  年寄りの能力をなめるなよ(笑)


掛った経費はウチとアンネル、東京スプリングで三等分


これなら負担もリスクも最小限度


両メーカーとも、弊社とのお取引額は一番初期のころから 「ゼロふたつ」 増えています


もっと増やしませんか


とりあえず前段階としてそうして実績をつくった上で、そのあと独自のアンネルならアンネルの本格ショールームを構えればいいと思います


どうですか?

どちらが優れている?

今更ながらの感がありますが、おさらいの意味も兼ねて・・・


ポケットコイル VS 連続スプリング  


まず、連続スプリング(ボンネルコイルなど) を推すメーカー、家具店の言い分


ポケットコイルは一個一個が袋に封入されているため、通気性が悪くカビなどが発生しやすい

そのため高温多湿な日本では向かない

またピンポイントにのみ体重がかかるため、袋が破れたり、ヘタリリが早く耐久性においては連続スプリングの方が優れている

連続スプリングをメインに販売しているメーカー


フランスベッド

シーリーベッド



次にポケットコイルを推すメーカー (大多数) 家具店の言い分


ポケットコイルは、バネを封入することで独立作用し、身体のS字曲線にそって沈み優れた体圧分散性を発揮する

発明されて100年余、日本国内で販売されてすでに50年余

この間にシステムとしてどんどん改良、進化を重ね多くの新しい新素材系のマットレスが発売され、そして淘汰される中でも

主流として支持され現在に至る、システムとしては完成度が高く、信頼性においても仮に通気、耐久性に問題があるのであれば

100年に渡り支持され続けた歴史をどう説明するのか?

また大多数のメーカーが自社のハイクラスマットレスにポケットコイルを採用している事(採用メーカーについては後述)

当初、全否定に近い見解であった先のフランスベッド や シーリーベッド が現在ポケットコイルを販売している

その事実はどのように説明するつもりか?

惜しむらくは、粗悪、低品質なメーカーの販売するものにまで、「ポケットコイル」 の呼称を許したこと

「袋が破れる」 「耐久性が低い」  と言った事例は、これら粗悪、低品質品が引き起こした結果をポケットコイル全体のこと

とイメージ操作した結果に過ぎない


ポケットコイルをAランクマットレスに採用、総販売量の少なくとも90%以上がポケットコイルのメーカー

ドリームベッド(サータ、ルフ) アンネルベッド、日本ベッド、東京スプリング、大塚家具製造

セブンベッド、東京ベッド(フランスベッド系列) 等々  フランスベッド(一部) シーリーベッド(一部)



さて  これを読まれて、どちらが正しいと思われます、お客様


もうお答えする必要もないと思います


プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング