FC2ブログ
ホーム   »  
 | 

勝手にコラボ

私は出先であろとどこであろうと、ふと思いついたことをメモする習慣がついています


それは例え寝ているときであってもです   睡眠中にアイデアがパッと思いついたら


どんなに眠くっても、携帯にメモ・・・録音かな  しておいて翌日メモに起こします


案外睡眠中のα波が出ている状態というのは、私のアホの頭でも活性化するのか、いいアイデアが浮かんだりします


私は最近までもうすぐ取り壊し予定の、新井家具本館に住んでいましたが、ベッド館の方に住まいを移したため


旧自宅の荷物を整理していたところ、そのメモを書き留めたノートが出てきました


企画としては何時か実施しようかな  と温めつつ、結局没になった企画など、色々と読み返してみると面白いです


その一つに  「勝手にコラボセール」  ・・・どういうセールかというと


弊社ベッド館の前に、当時コンビニがありました(ローソン) 、残念ながら今現在は他へ移転してしまいましたが


ローソンで買い物してもらったら、その分弊社が値引きします   もちろん先方の了解を得ずに実施します


まぁ上限は1万円までとして・・・・・面白いと思いません


普通コンビニの1件あたりの客単価は、どうでしょう? 調べてみると 600円前後 くらいだと思います 


そんな中、1万円単価のお客さんが大挙押し寄せたらどうなる


ローソンで1万円・・・食料品、飲料水、化粧品、雑誌、どのみち日々の生活で消費する品ばかりです


つまりそれらが 「タダ」になる寸法です


ローソンさんは 「何が起こったんだ 」 突然のバブル到来に驚くと思います(笑)


えっ・・・・・・弊社のメリットですか    な~んにもありません(笑)


でもただ単に何の理由もなく 「いつもより安くします」 って言うより、面白味があっていいんじゃないですか


ひょっとしたら、あとで感謝の差し入れくらいはあったかも


十分に実現可能な企画だったんですが、残念ながら仲良くお付き合いさせていただいたローソンさんは、他所へ移転してしまいました


えっ・・・今でもセブンイレブンが近くにある    嫌です、コラボなんてしません


近くにコストコもあるけれど、コストコで1万円なんて客は珍しくもなんともないので、つまらないです



社長は行かない方が・・・

実は私、密かに悩んでいることがあります


先日、弊社スタッフのМ島さんから、新規メーカーとの取引を開始したい、それについて一度メーカーを訪問しようと思っている


という話がありました、そのメーカーとは過去に少しだけいざこざ があり、ほおっておいては恐らくずっと弊社とは平行線のまま


こちらから誠意を見せてドアをノックすれば、少しは状況が変わるかも  というのがМ島さんの考え


それは良いことです  じゃあいつ行きますか と話すと・・・・


いや社長はちょっと遠慮してください   なんで  と尋ねると言いにくそうに・・・


「社長が行くと、相手の感じるプレッシャーが半端ない・・・・・迫力がありすぎるというか


あぁ・・・そ・・そうですかぁ    そんなこと言われたの、生まれて初めて・・・・・じゃないけど(笑)


確かに身体はデカいし、声もデカい  でも威圧感を与えないよう、努めて笑顔で人と接しているつもりだったんですが・・・


チョッとショック     それから色々なメーカーの営業マンに会うたび  「俺って初対面の時、怖かった


慣れたら全然怖くないです・・・という微妙な回答が大半(笑) ・・・・・・という事は慣れないうちは、やっぱり怖いのか(笑)


メーカーには理不尽な理由でキレたことは一度もないんですけどね・・・・・ただしアホなメーカーは除く


私が心底キレたら、おそらく逆に冷静になって、生涯かけて仕返ししてやる と考えるはずです 


○○○〇に対してそうであるようにね


まぁメーカーには計算でキレた芝居していることも多いんですけどね・・でもウチのスタッフも止めに入るほどの迫真の演技(笑)


後で 「演技、演技  いったい俺と何年付き合ってるの(笑)」 なんて話たことあります


一昨日も、日本ベッドの営業マンがやってきました


前任者から新任に変わって久しいのに、ほとんど営業にも来ないので  「やる気あるんか」 とちょっと電話で話しただけ


ただそれだけなんですが、新任営業マン(ホリケン似) 一人で営業に来ずに、用心棒(所長) と同行でやってきました


別に大したこと話したわけでもなく、「今後も前向きに販促していきますよ」 的なお話に終始


時折笑い声と和やかな話・・・でも最初のうちはホリケンの顔こわばって緊張してました(笑)


何言われるんだろう   まるで上級生から 「後で体育館のウラまで顔出せ


と言われた一年坊主のように(笑)


でも所長が同行したことで、色々と前向きな話し合いの時間が持てました、結果的には良かったのかも


相手にプレッシャー与えるのも、良いことも悪いこともあるようですね

メーカーと小売店の揉めたお話

自分の判断で仕入れた商品、それを簡単にメーカーに返品するというのは、自分の仕入れが下手くそだと認めたようで


私はあまりやったことがありません


メーカーの側から 「商品を入れ替えましょうか」という打診があればやったことはありますが


少なくとも自分から 「売れないから持って帰ってくれ」 というのは恥ずかしくて嫌です、無理してでも自社で売り切ります


ところである店で、売れが悪い二台の商品があったようで、それを持って帰ってほしい、その代わりに新規の違う二品を入れるから


という打診が小売店側からあり、メーカーは応じたようです   ちなみにベッドじゃありません


ところがその二台の入れ替えが行われる前に、そのうちの一台の現品が売れたみたいです


メーカーにしてみれば当然、返品される商品は一台になり、その展示スペースには二台の新規商品が導入される


と考えるわけです…当たり前のことです


ところがこの家具店の考えは違ったようです


「現品を売ってやって、そこに新規の一台を導入するのだから、もう一台は無条件で返品を受けろ、そしてその分の新規導入はしない」
 

メーカー側は話が違う  としてこの返品を受ける気はないようです


そもそもこの家具屋は、返品して当たり前、メーカーは小売店の言う事を聞いて当たり前 くらいに考えてるんだと思います


大体からして、返品を受けてくれるというのはメーカーの好意であって、普通は現品は自社で売りさばくというのが当たり前


それがわかっていないから、そんな恥ずかしいことを平気で言えるんです、このしゃちよーはん


正確に言うと、「一台は返品するけど、その代わりの新規導入分は 「少し」 待ってくれ」 こういう言い方だったらしいですが


ここの社長の煮え切らない性格は、出入りする各メーカー複数の営業マンのよく知るところ(笑)


この 「少し」 の間というのが、数か月…いや数年先・・・いやのらりくらりとなし崩しになる可能性すらあり


とてもそんな話には応じられない  そう申しておりました(笑)


このことで社長はん、超大激怒  ぶち切れっぷりの良さも、各メーカー営業のよく知るところ


しかしこの家具店のこと、よくこのブログに書きますが、読んだらすぐに何処のことかわかる内容


その話を聞かせてくれるメーカー営業マンも 「ブログに書いちゃだめですよ」 とは一言も言いません


どーでもいい家具屋って思われてるんじゃないですかぁ
























嫌よ嫌よも・・・

各メーカーの営業マン、お盆休みの前の最後のあいさつを兼ねて営業にやってきます


とくに売り込みをかけるでもなく、話題はゴシップというか、他店の悪口


あそこの家具屋は先日の地震で玄関のガラスが割れたのに、ガラス入れ替えようともしない・・・おそらくそのまま閉店まで・・・


どんだけケチやねん  とか


閉店セールしているのに、「商品の原価割って売っちゃダメ」  まぁそれでもチョッとずつ商品は減っていく


減っていくのは魅力ある商品から・・・そして残るのはそうではない商品ばかり


でも新規に仕入れることはしない・・・たいして安くもない   従業員やる気なし


そんな話を営業マンは教えてはくれるんですが、かならず最後に 「でもブログに書いちゃあダメですよ」 と言います


でもこれって    ほんとは書いてほしいんじゃないのん


嫌よ嫌よも何とかのうち(笑) って言いますもんね

ブログを書かせる意味

最近私のブログだけでなく 本館スタッフのブログ や ベッド館スタッフのブログ    で計6名の人間がブログ更新を積極的に行っています


ブログを書くのが好きな人、そうでない人  色々です   私などは下手のよこ好き


でも文章の旨い下手はあんまり関係ないと思います、今回私が 「みんなもブログを書いてほしい」 と頼んだのには


いくつかの理由があります


ブログを日々更新するためには何といってもネタ、何らかの話題というかテーマが必要になってきます


更新を続けていくと、当然のことながらすぐにネタは尽きてきます、大抵のブログはそれで更新をストップしてしまう


それを防ぐためにはネタを探さないといけません  すると日常の色々な出来事に対して敏感に感じるようになります


人と話をしていても、車を運転していても、彼女とデートしていても、テレビを見ていても、家族と海水浴にいっても・・・


常にアンテナを張って、敏感に感じる事・・・これって単にブログだけじゃなくって、商売に通じることです


嫁はんが 「野菜が値上がりして高い  でもどこどこのスーパーではこんな売り方してた」 とか


家族と出かけた先でご飯を食べる、初めて訪れる地なら、どこで食べるかは決まっていない


じゃあどうして自分はこのレストランを選択したのか とか、そこに理由があるはずです


そんなことが商売に繋がっていく・・・  その訓練の一環がブログというわけです


アンテナの感度が悪い人間、感受性の低い人間は、少なくとも弊社ではずっと一兵卒、二等兵のままです


まぁそれでも良いという人は、そのまま日常をボーっと  と過ごしていけばいいんです


ちなみにそういう奴らは、過去に何人もいましたが、全て淘汰されました


日常感じたことをメモしておいて、その時は単なる 『点』でも、いくつかの点がいつか線になる


それを文章に起こすのはちょっと難しい場合もありますが、それを行うことでお客さんに訴えかける力が付きます


同じ商品を説明する場合でも、この力の有る無しで、成約率は大きく変わってきます


だからヘタでもなんでも、どんどんブログを書いていってほしいですね
 






プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング