ホーム   »  
 | 

タダほど高いものは無い

昨日お客様からあるマットレスについて問い合わせがありました


弊社の販売価格を伝えたところ


「他のところでは、キャンペーンで5980円相当のプレゼントがサービスでついてくる」 「おたくはつかない


「はいウチはプレゼントはつかないです」  「その分価格が安いですから」


そうです弊社の価格は先方より1万円ほど安い


・・・・・というと5980円のマクラを差し引くと、約4000円ほどウチの方がお得と言うこと


断じて違いますね


メーカーサイドがキャンペーンと称して、購入に対して何かをプレゼントする、と言う場合


そのプレゼントの商品はどんなものなのかと言うと


「売れ残り品」  一応製品ラインナップしていたが 「さっぱり売れず、在庫過多」 じゃあ販促に使う


という理由がまずひとつ・・・・・


そしてもう一つは


人間誰でも、何か付録がつく  っていうのは嬉しいものです


そして同じくれるのなら、100円のものより、200円…1000円のものより2000円のもの、より高いものの方が嬉しいと感じる


メーカーに確認したところ、そのプレゼント品は 「プレゼント キャンペーン用に造った商品」


でした・・・・・・・はい、もう勘の良い方は理解いただけましたね


消費者はもらう粗品(プレゼント)が高額なほど嬉しい・・・・・


しかもプレゼントのキャンペーン用にメーカーが造った品・・・・そうです、その通り


本当に5980円の達があるんでしょうか   価格設定はメーカーの自由ですから、例え2000円のものでも


5980円相当の品と言いきってしまえば、それはそれでまかり通ると思います


あくまでも、、、、あくまでもそのプレゼントだけを購入したい、というお客様が鬼りた際には


不文律として、「販売価格は5980円でございます」 となるんですが・・・・・まぁそんなものそんな高い値段で


「買います」なんていうお客さんは無いと思います


どうでもいい休日の話し

先日火水曜は連休で、火曜日は昼過ぎからM島さんとケンちゃんの3人で、京都市内で痛飲


日々の仕事のうっぷんを晴らせたかな  上司の悪口とか言って・・・・・・って俺か


早めに切り上げたこともあり、昨日は朝5時に目がさめた


な~んにも予定が無いので、車でもカッ飛ばしてスカッとするかぁ


早朝の某高速道路は空いています、あくまで法定速度を順守   え~とここはドイツのアウトバーン 200キロくらいまでなら


何時間か一人っきりのドライブを楽しんだ後、帰路に


スーパーで食材買って調理、メーカーさんからもらったおいしい焼酎でゆっくりと・・・・・また飲むんかい


その前にガソリンを入れようと、スタンドを探す


外は逆戻りした冬型の気温、風も強い  セルフよりも店員が入れてくれる方がラクでいいや


そう思い、さがしましたが最近セルフばっかり、セルフでもあんまり金額変わらんしぃ~


でももうめんどくさいので、自分でいれることにしました


さっぶ~ぅ  上着は車の中、我慢して入れていると


店員が愛想笑いしながら近寄ってきました


「めんどくさいなぁ~」 と思いましたが、満タンにするまでその場を離れることもできず


にぃちゃんの話しを聞いていました、これが・・・・・むっちゃひつこい


「点検しましょう?」 「洗車はチケットで・・・」 「メール会員で割引き・・・」


矢継ぎ早に色々と言ってきます


その度に 「いや結構です」・・・・・・「いやいいです」 ・・・・・「いやイラン


最後のはチョッとだけ語気を強めていったのですが、空気読まれへんこのにいちゃんは、まだしゃべってきます


しかも客が寒いのに自分で給油してるのに、こいつはポケットに手を突っ込んでしゃべっています


・・・・つい口から言葉が出てしまいました


お前なぁ(怒) そんだけしゃべるヒマあるなら、燃料入れるとか窓くらい拭けよ!!



まったくセルフの店員って何のためにいてるの  三人並んで寒そうに所定の位置で待機して


客が来たら、私にしたのに同じように話しかけて営業しています


ひつこい営業はお客にキレられる  極一部ですが(笑)


今日は勉強になりました


・・・・・・・ところで、ガソリン価格がレギュラー126円  ハイオク134円と看板に書いていましたが


ハイオク満タンいれて、妙に安いと思っていたら、確かにハイオクになっているのに


請求価格はレギュラーの126円になっていました、なぜ


ちょっとトクしちゃった  にぃちゃん怒なってゴメンね

変な3月ですね

この3月、明らかにヘンですね


いつもの3月と違います、なんかヒマと言うまではいきませんが、ガ~ッ!!! て言う勢いが感じられない


お問い合わせのメールもお電話も少ない


いつもならこの時期はみんなの目が三角になって、仕事している時期なのに  なんか忙しいことは忙しいけど、余裕がある


この時期は一人で3人分の仕事(量的に) をする時期なのに


3倍かいおう



まぁかと言って売上が悪いのか  と言われれば、そうでもない感じ


なぜか単価が高いお客様が多いので、件数は少ないけれど売上はそこそこと言う感じ


いわゆる春需のお客様の動きが鈍い感じ


これで量的にも増えてくれれば、今月も大幅アップするのに・・・


メーカーも堪えるやろうね


プロのマネキンがいなくなりましたね

各メーカーから販売を請け負い、家具店のベッド売り場に立ち接客販売する人のことを、業界用語で


「マネキン」 と呼びます


昔は彼らマネキンの給料は高く、それに伴いレベルの高い高度な知識や販売テクニックを持つ人も多かったんですが


売上低迷、各メーカーも経費削減なのか、現状のマネキンさんは実入りも少なく(極一部を除く)


マネキンを好んで使う大手の出店ラッシュも合いまって、人員が不足し頭数をそろえるだけで精一杯


「業界は長いけど、ベッドはど素人」 とか、名前を聞くと 「えぇ あんな奴がマネキンやってるの


みたいな感じの人も交じっています 廃業したメーカーのできそこない元営業  


ウチにはタダでも・・・いやお金もらってもいりません


大体家具小売店がマネキンを使っていたのは、ひとえに小売店側の商品知識不足


家具店のベテランと言われる人ほど木部の事は詳しくっても、マットは分からん  っていう人多いです ホントに


それらの教育指導のためにも、プロのマネキンが必要だと思うんですけどね


なのに現場歴が長いパートのおばさんの方が、まだ実戦経験積んでるだけ接客うまかったりしません


いかに展示数が多くても、いかにバンバン宣伝しまくっていても、恐るるに足りず  です


ウチの20代の社歴 数年のスタッフの方が、50万とか100万口をバンバン販売して、何事もなかったように


ケロっとしてますから  ベッドマネキン要請所でも作って、各店に派遣したほうが


儲かるかもね


アンネルの方がいいんですか?

あるメーカーの営業マン


「新井ベッド館さんの担当は楽でいい」  なぜなら 「同じ売上を作ってくれるところは、応援販売や何やかやと用事を言いつけられる」


「それに比べて、な~んにもしなくても、新井ベッド館は最近20%も弊社の売上が上がっています」


だから楽して売上の上がる良いところだ、と得意げに・・・・・


こんなことを直接いう神経と言うのは、いかがなもんでしょうねぇ


こっちからしたら、「じゃあ楽な分、原価下げろよ」 となるわけですが、まぁどっちゃでもええんですが



ところでこのメーカー、なんで売上が上がっているのかと言いますと



弊社のホームページから、ある記述を削除したからなんです、それはこのメーカーからのたっての希望


というか 「けっ消して下さい」  という声があったから消した、その結果なのです


その削除した内容とは


ズバリ このメーカーとアンネルベッド との比較!!


機種まで言うと  アンネル スタープラチナ のシリーズ です


いえ悪口は書いてはいなかったんですが


バネの材、形状、バネ数、巻き数などを単純に、かつ理論的に比較し、それをそのまま後悔した記事を書いただけ


それだけで、それを読まれたお客様の何割かが、「アンネルの方が安くっていいんですか」 


我々がどのように回答するかは、お答えするまでもないと思います


ところがそれを見たメーカー関係者が 「消すように新井さんに要請してほしい」  


まぁ喧嘩する気もないし、我々としてはどちらも友好関係のメーカーさんなので、どちらが売れてくれてもいいわけです


「そんなに困っているのなら、消しましょう」


結果、アンネルを選択するお客様が少なくなり、このメーカーの売上が向上した、こういうことです


新井家具は楽して売上上がる  思っていることをそのまま口にするのもいいですが 私もひとのことは言えない(笑)


足元すくわれますよ













プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング