ホーム   »  高性能で低価格 アンネルベッド
Category | 高性能で低価格 アンネルベッド

スタープラチナ デルタ が凄いことに!!

弊社ホームページにて御紹介の 「アンネルベッド 当店オススメ」 のコーナー には現在 4機種が掲載されています

どのマットレスも大好評いただいていますが、特に最近の売れ行きが目覚ましいのが

「スタープラチナ デルタ P1050」 

これは兄貴分である スターブラチナ P1000 の腰の部分のみサポート力を強めた、3ゾーンタイプなのですが

完全にP1050 デルタの売れ行きが兄貴分であるP1000 を上回っています

特に店頭販売においては5枚中4枚は デルタ という感じです

以前のブログにも書きましたが、腰に不安のある方用の別注オ―ダ―として開発されたP1050 ですが(そのため納期がかかる)

嬉しい誤算で、P1050 が数倍売れているので、メーカーも通常納期でお届けするべく動き出したようです

弊社としてもメーカーばかりに負担はかけられないので、倉庫に各サイズ在庫を置いて対応しています

お客様によると 「スタープラチナのフワァ~ という柔らかさと、腰部をしっかりと支えてくる感との絶妙のバランス」

これがP1050 デルタの魅力だそうです、ちなみにこのお言葉をいただいたお客様は

御家族全員 5名の方がデルタ P1050 をご使用いただいています

IMG_2078 (480x640)




そんなに変わらないじゃん

有名メーカーの人気マットレスをモデルに、それと同感触

理論的に「より高性能 より高品質」 がセールスポイント のアンネルベッドの弊社オススメシリーズ

開発には私の意見もかなりフィードバックされており、オススメの品ですが

時折、こんな声を頂戴します

「その割に、〇〇〇○(モデルにしたブランドマット) と比較して、そんなに価格が安くないんじゃあ・・・・・・」

確かに品物やサイズによっては数千円とか1万円くらいしか価格が変わらないこともあります

まぁそもそも弊社がブランドマットレスも超お安く販売しているからなのですが



しかし 「そんなに価格が安くないんじゃあ・・・・」  それは間違いです


良く誤解されているのが 「モデルにしたプランドマット と 同感触、同等性能」 と思っていらっしゃること


じぇんじぇん違います

「より高性能、より高品質」です

言いかえると、仮にブランドベッドがアンネルと同じ材料、同じ工程で同等品を作れば、価格は遥かに高くなってしまう

と言うことです、その辺のくだりは各マットレスの紹介ブログでもしつこく(笑) 書いていますのでお読みくださいね

それでは



スタープラチナ デルタ P1050 


柔らかめの感触が大人気の アンネルベッド スタープラチナ P1000 に、弟分ができました


スタープラチナ デルタ P1050 です(下の写真)
IMG_2078 (480x640)

P1000とP1050の違いは、後者が3ゾーンになっていることです


アンネル マイクロ3ゾーンLXやHC3ゾーン P650のように、マットレスの中央部分のバネ数を増やすことで


腰部をサポートする構造です


もともと腰痛など腰に不安のある方を対象に、P1000の別注扱い商品としての扱いでしたが


店頭展示開始とともに、腰痛などの有無に関係なく大好評をいただき


急きょ、アンネルが通常生産ラインに載せたという経緯があります(それでも少し、他のマットより納期が掛りますが)


バネ数 シングル  1102個

    セミダブル 1367個
  
    ダブル   1579個

    ワイドダブル1685個


3ゾーンになっている以外は スタープラチナ P1000 と同じ


ピアノ線材 デュアルテンパー 11巻き ハイスペック ポケットコイルです


写真ではわかりにくいですが、マットの側面のメッシュの部分が、P1000は紺色に対して


P1050はブラウン色です











スタープラチナ開発秘話

現在、大好評販売中の「アンネルベッド スタープラチナ P1000」 のマットレス

IMG_20130830_120355 (640x332)



実はこのマットの誕生には、そのたたき台となる試作3機種が存在するのです


それぞれ スタープラチナP1000 アルファ―(初号機)、スタープラチナ べータ(弐号機)、


スタープラチナ P1000 ガンマ(三号機) そして四号機である スタープラチナP1050 デルタ


今販売されているタイプは実は「三号機」ガンマなのです


初号機 アルファ―完成時に「もうこれで行こう」 という意見が大方を占めたのですが


「なんかものたりない、もう一工夫ほしい」と考え、結局後からできた試作三号機 ガンマ(現行モデル)


の完成度があまりに高かったので、三号機が先行販売となりました


そしてロールアウトの順番は逆になりましたが、このたび「四号機」デルタの


販売となりました


しかしこの発売も「三号機」ガンマの爆発的な売れ行きが無ければ


恐らく「四号機」デルタ は陽の目を見ないままだったかもしれません


この新発売のスタープラチナP1050 デルタのスペックは別項を参照いただくとして


・・・・・・弐号機のスタープラチナ P1000 べータ はいったいどういうマットなのだ


と思われた方もおられると思います


弐号機はそもそも、スタープラチナ計画からは少し主旨の違うマットレスで


徹底して材質、製法、技法にこだわり抜き、一部ブランドのように水ぶくれしたような(笑)


価格になんの整合性もなく、単に価格のみが例えば何十万円となっているようなマットレスが売れている


という事実を受け、「高性能で低価格」のアンネルベッドが、真剣に贅をつくした


何十万円のマットを作ればどんなものができるのか


という発想から色々な案が出されましたが、とりあえず現在凍結されています


アンネルさん、今忙しすぎて開発するヒマが無いみたいです


次回ブログにて、新発売  スタープラチナP1050 デルタ 四号機 について詳しく書きたいと思います

違いについて全部書きます 第二回

前回のアンネル HC3ゾーンP650 VS サータペディック30THア〇〇ーサリー デラ○○ス

に引きづつきまして

さて第二回は


アンネル マイクロ3ゾーン LX     VS    サータポスチャーピローソフト デラックス です

もともとアンネル マイクロ3ゾーン LXは、開発段階でサータポスチャーピローソフト デラックス

を参考につくったこともあり、寝転んでみた感触、寝心地は両者よく似ています
(特にソフトウレタンの入ったピローソフトの面はほとんど同じです)

しかし下記のように実際のスペックはかなり違っています


アンネル マイクロ3ゾーン LX     VS    サータポスチャーピローソフト デラックス
               
               シングルサイズ

①バネ数 799個                  バネ数 618個

②7インチポケット                  5.7インチポケット

③並行配列、マット中央は交互配列           交互配列

④ピアノ線 B種                   SWRH82 B鋼線 C種(硬鋼線)

⑤線型 1.6㎜                   1.9㎜、中央部およびエッジ部は2.0㎜

⑥側生地 ニット生地                 側生地  生地、柄 4色対応

⑦ ピロトップ部 両面ピロー             ピロートップ
  表面 ソフトウレタン               片面(1トップ)、両面(2トップ)が選択可
  裏面にはラテックスが入っています
  裏表違う感覚、寝心地です 


まず①と②について

バネ数が約30%も違います、「バネ数が多いほうが良い」と全てのマットに当てはまることではないですが


両マットの場合を比較すると、より点で支えるという点では直径が小さく、よりストロークの長い7インチバネ


のアンネルの方が、耐久性、体圧分散性に優れています


③ どちらのマットレスも、腰部をサポートすることで寝姿勢を直立姿勢に近づけることで
  身体の負担を軽減、肩まわり足まわりの体重の軽い部分のうっ血を軽減させるべく
  その部分は比較的やわらかくなっている
  ただ線径の太さで硬さに変化を付けているサータに比べ、アンネルは手間のかかる
  交互と並行配列とを組み合わせることで部分々々の硬さに変化を付けている
  こちらの方がよりきめ細やかなサポート力を発揮する 


④ の「ピアノ線 B種」の優位性については 前回ブログに詳しく書いておりますのでご参照ください
  
 前回ブログ は コチラ


⑤ マットレスに適度な硬さを出すため、1.6mmのバネをチョイス、サータと比べ素材面とバネ数の多さから
  1.9では硬すぎる感があったため、1.6mmとしました

⑥⑦ サータのマットの色柄が選べるというのはお客様にも好評で、見た目も大切ですね

   サータは両面の場合、同じ詰め物が入っており

   片面の場合は裏表違う寝心地が体感いただけます

   アンネルの方は片面に弾力のあるラテックス素材、もう片面にはソフトウレタン

   サータポスチャーピローソフト デラックス の感触に近いのはソフトウレタンの

   入っている方の面ですね


第三回は アンネルスタープラチナ P1000  VS  日本ベッドシルキ― パフ です 乞うご期待!!
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング