ホーム   »  ベッド
Category | ベッド

バネ数の多いベッド 比較 その①

バネ数が多いベッドマットレスと言えば

弊社の扱いのなかでは


ドリームベッド マイクロドリームのシリーズ の4種類    ご紹介ページは こちら



アンネルベッド スタープラチナのシリーズ の4種類 ご紹介ページは こちら



日本ベッドのシルキーポケット のシリーズ の4種類  ご紹介ページは こちら



この3シリーズが代表格です



最初に大前提として断っておきたいのが


バネ数が多い事が、即高性能である、とはいえない!!


正確に言うと  バネ数が多いマットレス >  バネ数が少ないマットレス  とは断言できない


マットレスの性能を決める要素は、バネ素材、バネの加工方法、バネ形状、バネの巻き数、バネ配列、バネ数


これに加えて、使用しているウレタンなど詰め物の素材、縫製方法、そしてそれらとバネとのバランス です


詰め物が少なすぎても、多すぎてもよくありません、このように書くと 「詰め物の多いマットレスはダメなの


というご心配の質問をいただきますが、例え見た目に詰め物の量が多くとも、問題ないものもあります


簡単に言うと、「意味のある詰め物」 と 「意味のない詰め物」 があるということです


ただいたずらに安価で意味のない詰め物を多用しても、マットレスの外観は分厚く豪華に見えますし


数分間チョッと寝てみたくらいだと、「フワフワして気持ちがいい」  と感じる方もおられます


しかしこれら(意味のないものの多用) は通気性の低下による、深刻な衛生面の問題、ヘタリの原因


身体への負担(肩こり、腰痛、頭痛など) の原因となる場合もあります


お客様の無知を利用して、そうしたマットレスを異常な高額で販売しているところがありますが、それは今回のテーマから外れるので

またの機会にでも・・・・・


バネ数に関してもそうですが、一般のお客様には理解しにくいマットレスの性能ですから


単純に 「バネ数が多い」 と言うことは、スッと頭に入りやすく、このことが バネ数が多いこと = 高性能 との誤解を生んでいます

しかも商品知識の乏しい販売員にとっても  「バネ数が多いんですよぉ~」 って説明するのは でもできますから・・・


ただ、バネ数を増やす、という行為はコスト高を生むのは間違いありません


バネは鋼線をマシンでキリキリとらせん状に巻いて製造されます


1200個のバネを作るのに要する時間と、600個のバネのそれとでは、まあ単純に2倍とは言いませんが


それに近い製造時間と材料費がかかります


と言うことは生産効率が悪い、ということになり、いきおいコストは高くなります


バネ数が多いベッドマットレスが比較的高額なのはそのためですね


またこれを逆手に取り、製造コストの安い中国などでバネやその他主要パーツを製造し、日本国内で合体縫製


「日本製」 「メイドイン ジャパン」 として安価販売しているメーカー、業者があります


ある下請け工場の社長に伺うと、あやしいメーカーは多数ある、あの価格で販売できるのは


中国で製造、国内組み立てを行っているか、あるいは商売としての採算を度外視して、世のため人のため


慈善事業的な崇高な心の業者であるか、のどちらかですね


・・・・・・・と笑っておられました、・・・・・・ということは〇〇〇〇なども、慈愛に満ちたメーカーだったと言うことですね


さて次回は、最初に上に挙げた ドリームヘッド、アンネルベッド、日本ベッドのマットについて、具体的に検証してみます


価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック

お手頃価格のフレームのご紹介

マットレスに予算をかけて、フレームはそこそこでよい


とおっしゃる方は多いです  かと言って、収納も欲しい、デザインもクオリティーも・・・


そんな方に好評な弊社ホームページのコーナーが


人気のベッドフレーム こちらです


特に最近アップしたばかりの商品は、よく売れていますね


アルバ2 とか、シングルで棚、引き出しがついて29800円 の送料税込み価格


サータのマットレスを搭載しても、シングル 7万数千円成りぃ~ 送料税込み価格


・・・・・・えっ  サータのマットレスって、そんなに安かったっけ


はい弊社 新井家具ベッド館ならば可能です


価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック

屋根つき

新井家具ベッド館の店頭にようやく、ひさしが取り付けられました


以前はテント張りから、消防法の関係で二階からの避難の際に、屋根伝いに避難するためのものです


雨がかからなくなったので、ひさしの下に本日(金曜日) 出荷予定のマットレスの一部を並べます


今日はアワーグラス アールグレイが多いですね 一便だけで各サイズ合わせて18枚

IMG_8269 (480x640)



夕方の便で7枚出荷するので、今日だけで25枚の出荷


北海道から沖縄まで全国に出荷します 


「大切に使ってもらうんだよ、元気でね 」  とマットレスに声をかけたくなります


もちろん、サータ、アンネル、日本ベッドなどもたくさん出荷します、今日は今月の出荷のピークかな


価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック


どちらが優れている?

今更ながらの感がありますが、おさらいの意味も兼ねて・・・


ポケットコイル VS 連続スプリング  


まず、連続スプリング(ボンネルコイルなど) を推すメーカー、家具店の言い分


ポケットコイルは一個一個が袋に封入されているため、通気性が悪くカビなどが発生しやすい

そのため高温多湿な日本では向かない

またピンポイントにのみ体重がかかるため、袋が破れたり、ヘタリリが早く耐久性においては連続スプリングの方が優れている

連続スプリングをメインに販売しているメーカー


フランスベッド

シーリーベッド



次にポケットコイルを推すメーカー (大多数) 家具店の言い分


ポケットコイルは、バネを封入することで独立作用し、身体のS字曲線にそって沈み優れた体圧分散性を発揮する

発明されて100年余、日本国内で販売されてすでに50年余

この間にシステムとしてどんどん改良、進化を重ね多くの新しい新素材系のマットレスが発売され、そして淘汰される中でも

主流として支持され現在に至る、システムとしては完成度が高く、信頼性においても仮に通気、耐久性に問題があるのであれば

100年に渡り支持され続けた歴史をどう説明するのか?

また大多数のメーカーが自社のハイクラスマットレスにポケットコイルを採用している事(採用メーカーについては後述)

当初、全否定に近い見解であった先のフランスベッド や シーリーベッド が現在ポケットコイルを販売している

その事実はどのように説明するつもりか?

惜しむらくは、粗悪、低品質なメーカーの販売するものにまで、「ポケットコイル」 の呼称を許したこと

「袋が破れる」 「耐久性が低い」  と言った事例は、これら粗悪、低品質品が引き起こした結果をポケットコイル全体のこと

とイメージ操作した結果に過ぎない


ポケットコイルをAランクマットレスに採用、総販売量の少なくとも90%以上がポケットコイルのメーカー

ドリームベッド(サータ、ルフ) アンネルベッド、日本ベッド、東京スプリング、大塚家具製造

セブンベッド、東京ベッド(フランスベッド系列) 等々  フランスベッド(一部) シーリーベッド(一部)



さて  これを読まれて、どちらが正しいと思われます、お客様


もうお答えする必要もないと思います


価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック



ダブルクッションの短所

ダブルクッション


マットレスの耐久性と通気性、ボトムの種類によっては体圧分散性も向上させるダブルクッション


ハリウッドスタイル、なんてカッコイイ呼び方もあったりします


では短所はないのか  実はあります、以下です


①  収納ができない、引き出しなどベッド下に収納したい方には不向きですね


②  デザイン性に乏しい、ぱっと見はマットレスに脚がついた何とも味気ないかたち、ヘッドボードも選択肢が少ないですね


③  搬入時に分解ができない、木製のフレームはほぼ全て分解式、でもボトムは脚がとれるだけで、基本的に硬いので

   曲がらず階段、通路などが通らない時がある


④ ブランドメーカーが販売しているものは、結局は下請けが造っているものが多く、たっぷりとブランドバリューが載せられ割高


これらの点ですね


ただ欧米ではベッドフレームといえば、ほぼ100%近くがダブルクッション


国内でもホテルなどでは全てダブルクッション と言うことを考えると、ベッドの機能としてはダブルクッションの方が良いと思います


弊社 新井家具ベッド館においては、有名ブランドメーカー と同じ下請けより資材の提供を受け


これを岡山県 にある国内メーカー セブンベッドに製造依頼


ブランド品と同等以上の性能でありながら、ブランドバリューを含まないため、格安にて販売中です


弊社オススメ ダブルクッションコーナーは こちら


今圧倒的に売れているのが、ポケットコイルポトム  


通常のボンネルコイルを使用した  セブンベッド強化ポトム

フリーエンド形状のバネを使用した マルチフレックスポトム

ピアノ線を使用したポケットコイルポトム


この3種を現在販売していますが、総販売数の約7割が 「ポケットコイルポトム」


続いて価格の安い セブンベッド強化ポトム、なんとなく間に挟まれて中途半端な位置なのがマルチフレックスポトム


みなさんマルチフレックスとそんなに価格が変わらないためか、ほとんどの方がポケットコイルポトムを選択されます


悪いものではないのですけどね


チョッと前の話ですが、セブンベッドさんも以前からダブルクッションポトムを製造はしていたものの


そんなに大量生産と言うほどの事は無かったそうですが、弊社がいきなり大量に発注をかけだしたので


なんと製造マシンのパーツがぶっこわれてしまった事がありました


取り寄せに時間がかかり、高価なパーツだったのですが、セブンさんの尽力で素早く対応していただき


納品の穴を空けずに済んだことがありました


ロングセラーで売れ続けていくことで、セブンさんには恩返ししたいですね



価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック



プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング