ホーム   »  業界裏話  »  礼儀を知る人知らぬ人

礼儀を知る人知らぬ人

先日、弊社とお取引のないベッドメーカー? の営業が来店され


入り口で名刺を提示され 「御社とお取引はありませんが、勉強のため見せて下さい」とおっゃいました


このようにしっかりと名刺を提示して「勉強させて下さい」とおっしゃれば、よほどのことが無い限り


お断りすることはありません、お互いに気持ち良く情報交換ができたので逆に良かったです


このことで昔に起こったあることを思い出してしまいました


今は大切なお取引先なので名前は伏せますが


某「S社」(シモンズ、サータではない) 、その当時弊社はお取引がありませんでした


ある日、一人の男性が当店のベッド売り場をウロウロしていました


行動から「ピン」と来た私は、たまたま居合わせた某社の営業に「あの人業界の人じゃない 知ってる


尋ねたところ、やはり某S社の営業でした


冒頭に書いたようなものではなく、礼儀に掛けるコソコソした奴でした


そこで私はそいつの行くてを遮り、「あんた同業者やな


・・・・・・すると縮みあがったように、「はいそうです」とあっさり認めたのです


またそいつが不運だったのが、たまたまそこにやってきたのが、優しい私の10倍は怖い親父(先代)がやってきたことです


二人でそいつに名刺の提示を求めたところ・・・・・・


可哀そうによほどビビりまくっていたのか、そいつの口から出た言葉は


「O家具の店長からの指示で、新井ベッド館を偵察して来い、と言われてきましたぁ~」


確かにそのころ、弊社とそのS社の取引は無く


近くのO社、T社、T社、あと今は無きT社 の4社が、そのS社を販売していましたたまたまですがT社ばっかり(笑)


ですからベッド専門館として売り上げを伸ばし始めた弊社に対し


有言、無言の圧力で「S社さん、新井家具とは取引するな」的な雰囲気がひしひしと伝わってきていました
今は無きT社長は、とうじS社会の会長?も務めいらっしいましたからね


後で話を聞くと、弊社からO社に流れたお客様が、弊社にないはずのS社のマットの展示があったと見間違われ


それがO社の店長の耳に入り


「おい、S社の営業! 新井と取引してるのかぁ~!!」「見てこーい」といった経緯だったようです


しかし、いくらビビっていたとはいえ、ホントのこと言っちゃあいけませんよね


ウソでも取引先小売店であるO社をかばい


「私の一存で来ました、申し訳ありません」と言うべきですよね


頭にきた私は、O社に文句を言ってやる・・・・・・と意気込んでいました


しかしタヌキ親父の先代は、翌日キッチリとO家具の店長に挨拶しにいきました


・・・・・・・大ゲンカした ・・・・・・いえそんなことはしません


翌朝、O家具さんの店長にこうあいさつしたのです


「昨日、S社の営業が勝手にベッド館に偵察にやってきて、問いただしたら、事もあろうに


O家具さんの店長が偵察に行けと指示したと」


「O家具さんのほどの家具店が、ウチみたいなところに偵察に行け などと低レベルなことをするはず


ないだろう


「いいわけ考えるにしても、もっとまともなこと言え!」 とS社の営業には言っておきましたから


このように伝えたらしいです


目を白黒さして、「そっ・・・そうですか、よく注意しておきます」 と店長さん答えたらしいです


・・・・・・あぁ、親父には一生かかってもかなわないですね

















スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング