ホーム   »  徹底検証 シモンズべッド  »  徹底検証 シモンズベッド その③

徹底検証 シモンズベッド その③

徹低検証 シモンズベッド その③です


シモンズを検証する前に、まず他のメーカーを検証


前回のサータ、日本ベッドに引き続き、アンネル、シーリー、東京ベッドなどについてです


③アンネルべッド


まずバネ材にピアノ線 B種を使用している


これがアンネルのアドバンテ―ジ、さらにそのピアノ線を二度焼き入れ(デュアルテンパー)することで


さらに品質、性能に磨きをかけています


サータと同じく部分部分で硬さを変化させる「ゾーニング製法」や、5.5インチ、6.5インチ


7インチ(実質7.5インチ) 、またバネ数シングルで1000個以上のマイクロポケットなどなど


多数のスプリングユニットを有し、いわゆる「スリーS」のような海外ブランドとも提携していないため


パテント料、ロイヤリティーは発生せず、全国各地にショールームも未展開


宣伝広告に経費も掛けておらず、その分を価格に還元することのできる「低価格、高性能メーカー」


我々小売店の要望(お客様の要望)を素早く商品開発に反映することができる


速さと柔軟性も持っているメーカーさんです



さて次は

④ シーリーベッド


他のスプリングメーカーのほとんどが、ポケットコイルに主軸を置くなかで


あえてそれを主とせず、独自のスプリングとマット構造にこだわり


徹底した「気持ちよさ」を追求するメーカーがシーリーです


スプリングにおいても希少金属を用いた「チタンコレクション」しかし「微量」は「微量」でいいから、せめて含有量、数値は書いてほしいですね(笑)


単なる連結バネとは異なる、柔軟性をもつ独自のバネ形状


独自の「プレッシャーリリーフインレ―」や「コアサポートセンター」などにも工夫の見られるメーカーです


⑤ 東京スプリング



古くは〇〇〇〇ベッドの下請けメーカーとして、最近では〇〇〇〇や〇〇〇〇ベッドにマットレスを


提供している (スイマセン、全くわからないですね、書けないのです(笑)) 東京スプリング


それ以外にも多くのメーカーさんにマットレスを提供、高性能、高品質マットレスの製造請負人的なメーカー


バネ素材はサータと同じく、JIS規格中 1位を使用


国内唯一の最新式ポケットコイルマシン(スプール社製)を所有し


このマシンでのみ製造可能な「プリヒーティング製法」、バネの巻きの数を部分部分で変化させ


バネの粘り気でマットの硬さを変化させるゾーニング方法、アワーグラススプリングなど


他社には絶対にまねのできない技術を有するメーカー



とまぁ、他のメーカーについてはこんなところでしょうか



さて、いよいよ本題の「徹底検証 シモンズベッド」ですが



今回も長くなりましたので、次回のブログにて・・・・・





つづく
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング