ホーム   »  業界裏話  »  切手、タバコの販売みたい?

切手、タバコの販売みたい?

我々小売店の醍醐味というか面白味は、販売価格が自分で決められることです


実際にはメーカー希望小売価格、つまり定価があるので定価以上では販売できませんが


定価の中でなら小売価格は我々の自由です(自由であるはずです)


一方で取り扱いしていて、な~んにも面白くないのがメーカーに販売価格を決められている商品です


例えて言えば収入印紙や切手、タバコの販売の様なもの


200円なら200円と販売価格が決められていて、仕入れ原価も決まっていて交渉の余地もなく


もちろん手に入る利益も決まっています


まあそれでも数が数千とか数万個も売れてくれれば、それはそれで別の面白味がありますが


価格も全て横並び、どこで買っても同じであれば、抜きんでて数を売ることは簡単ではありません


それにしても価格は同じで、その他のサービスや粗品を付けることも原則できないなんて・・・


ある程度数の売れる品であれば、それも大切な売り上げの一つ


がんばつて売るしかありません・・・・・・・ あぁつまんない


最近そんな品が増えてきた?
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング