FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  「キレる」 と言う事

「キレる」 と言う事

人から 「あなたは短気ですか」 と聞かれれば、否定はできません


商売をしていて、若い時はよくメーカーなどの取引先に 「キレて」ました


いえ、「キレる」 ことも時には必要です、お互い真剣に商売しているわけですから、意見の食い違いや立場で衝突し


ケンカになることは当然で、逆になぁなぁで、いつもニコニコ笑ってメーカーと取引してきた家具店は、今生き残っていないとさえ思います

しかし自分が会社のトップになってみて初めて分かったことは


若い時に簡単にキレていたのは、後に親父(先代社長) が控えていたからできた と感じます


「俺が少々暴れても、親父が仲裁(尻ぬぐい) してくれる」 という安心感・・・・・というより 「ガキの甘え


に似た感覚があったのかもしれません


しかしその時、あることに気付きました  私がキレて先代社長が 「まぁまぁ」 と仲裁してまとめると


こっちの望む条件が通りやすいことに気付きました・・・ いえ全てではありませんが、普通は通りにくい条件が10あるとすれば


6~7割は通ったように感じます


これは警察の尋問や、その筋の方のやり方にも似ています


「キレ役」、「仲裁役」 を造ることで、交渉事をスムーズにする


ここで一つ大切なことは  「計算してキレる」 事


また相手を見極めることです、キレても良い相手なのか  キレてはダメな相手なのか


キレることでどんなメリット、あるいはデメリットがあるのか  まぁ正確には 「キレて見せる」ですけどね
 

それを計算もなく、ただ感情的にキレるというのは、フライぺートならいざ知らず、こと商売に関しては、あまりに愚かな事


・・・しかし時にはキレても良い場合もあります


取り引きする相手にメリットを感じないとき、関係が無くなっても大局に影響ない取引先 


または、あまりに理不尽だ と考えるのであれば


ブチブチにキレて 後にペンペン草も生えないほどに、関係を燃やし尽くしましょう(笑)


弊社スタッフは、前職が家具メーカーの営業マンだったものが数人います、彼らいわく


「取引額の少ない家具屋ほど、理不尽にキレてくるが、ある程度取引額のある家具屋は、キレるにしても分別あるキレ方をする」


やはりキレる方も計算しているのです、家具店側がそのメーカーの事を大切に思っていないからこそ


分別なく理不尽にキレるのです


大口の取引先にも小口に対しても、そうした計算もなく簡単に感情でキレる 


と言う行為は、愚かで何の生産性もなく、直ちにやめるべきですね


私は会社のトップとなり、昔のように簡単にキレる事もなくなりましたし、またできなくもなりました


トップの立場になった私が、日々心掛けていることは  「静かにキレる」 と言う事


心穏やかに、静かに、しかし激しくキレることで、 「お前ら今に見ているよ」 「明日の日の目を見れなくさせてやる」


青白い炎で、ふか~く、しずか~に  意趣返し、やっつけてやる方が


相手にとって、遥かに怖く恐ろしい事  そう思いませんか































プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング