FC2ブログ
ホーム   »  アワーグラス  »  アワーグラス アールグレイ改 お買い得

アワーグラス アールグレイ改 お買い得

アワーグラス アールグレイ改 とも言うべき、試作マットレスがシングル2枚だけですが

入荷してまいります

恐らく近い将来の値上げを見越してのことだと思うのですが、現在のウレタン比重50を75に上げ

耐久性をさらにさらに強化したタイプ   私の感覚では、感触はほぼ変わりません

50の比重そのままで、単純に値上げするのか、75に上げてさらに値上げするのか そのへんのところはまだ決まっていませんが

どちらにしても75比重は値打ちですね

このマットレス、先着2名様 (二枚のみ) に通常価格 シングル133000円 送料税込み価格にて

お届けは来年1月以降  生地柄はまだ決まっておりません

・・・・・ところで  ふと今回のアワ―グラス アールグレイ改の事で考えたのですが

東京スプリングにしても、アンネルベッドにしても、マットレス内部の情報を公開しているからこそ、今回のように

50から75にウレタン比重が向上しました と、品質が良くなったことをアピールできますが

何度も書いているように 「ベッド工業会の表示ルールの変更」 で、シモンズ、シーリー、日本ベッド、サータ、フランスベッド

東京ベッドなどなどのメーカーは、例え品質が向上しても、アピールできなくなってしまいました

そもそもなぜ性能品質が向上したことをアピールするのか それはその事によってさらに商品やメーカーが支持される為

当然そうですよね

じゃあ果たして、品質が向上してもその事を表示としてアピールできない・・・となると、企業は品質を向上させようとするのでしょうか

よく一流企業が 「弊社は○○に寄付活動を積極的に行っています」 なんてアピールしていますよね

あれは節税対策ということもありますが、企業のイメージアップ・・・ぶっちゃけ売名行為ですよね

じゃあ 「寄付したことを口外しては(表示しては) ならない」 なんてルールが仮に出来たら

一体どれほどの企業が寄付をするのでしょうか

金も要らぬ、名誉も要らぬというのも、人知れず行ってこそ尊いですが、人にアピールしたらそれも一つの名誉ですよね

ホントにそれを人知れず行う人は少ないと思います

マットレスの話に戻りますが、ベッド工業会の表示法のルール変更は

間違いなくベッドメーカーの品質向上のモチベーションを低下させる 天下の悪法 だと思います

いやもっと疑ってかかれば、品質を低下させてコストカットし、性能耐久性を低下させ、そのうえ利益率を上げてもわからない

バレやしない  そんな悪魔のささやきに、顔を背け続けることができる正義のメーカーさん

一体どれくらいあるのでしょうか



プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング