FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  なぜ家具屋によって勧めるベッドメーカーが違うのか?

なぜ家具屋によって勧めるベッドメーカーが違うのか?

いくつかの有名ベッドメーカーは、取り扱いの小売店と 「バックマージン契約」 を結んでいます

年間ある一定金額目標を定め、目標金額をクリアーすると、メーカーから小売店に対しバックマージンが支払われる

これ、どこのメーカーが最初に始めたのか・・・ 私は知っていますが、あえてここでは言いませんが

当然、小売店側は他のメーカーにもバックマージンを要求しますよね  

「おたくは出せないの じゃあ出るとこだけを売ります」・・・・・と、こうなりますから

他メーカーも、右へ倣えで出さざるを得ない

昔、まだ景気がよかったころは、例えばA社、B社、C社と、均等に自然には販売していても目標数字をクリアーして

3社からバックマージンを受け取ることが出来ましたが

これだけベッドの売り上げが悪化してくると、正に 「二兎を追う者は一兎をも得ず」ならぬ 「三兎を追いかけ一兎をも得ず」

になってしまいかねません・・・

そこで小売店は、例えば3社のうちA社だけを集中して販売することにより、A社から多くのバックマージンを取ろうと

画策します

つまり、どこのベッドメーカーが優れているとか、そんな事ではなく、単純に金の為に一つのメーカーに肩入れするわけです

昔っから、どこどこの家具店はA社の販売が強い、どこどこはB社が・・・  と家具小売店ごとに、販売力の強い弱いのメーカーが

ありましたが、近年特にその傾向が強くなったのは、上に書いたことが原因

ちなみに弊社ベッド館は、自分だけいい子ちゃんになるわけではないですが、このバックマージン制度は受け入れていません

「そんな出す余裕があるなら、最初から安く提供しろ」  と仕入れ交渉するのでね

数週間とか、メーカーが勝手にキャンベーンとか行って、バックマージンくれるときはべつですよ

金に魂売って、クズみたいな某社のマットレスを販売するくらいなら、ベッド屋稼業やめます


プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング