FC2ブログ
ホーム   »  お客様のお声  »  そんなに良くないものなら、販売しなきゃいいのに

そんなに良くないものなら、販売しなきゃいいのに

○○ベッドはいくらですか   お客様からお問いあわせがあり


「送料税込価格 ○○円です」 とご返信・・・・・・そのまま何もなければ、発注してお届けするだけなのですが


注文いただいたあと、ウエブサイトや私のブログを後から読まれて、「このマットレスでホントに間違っていないのか


と心配になり、 「このマットレスに対しての、新井ベッド館の本当の評価を教えてください」 


こんなお問合せを頻繁に頂きます


こんな時私は、そのマットレスが良くないものの場合「ボロクソ、ケチョンケチョンに言います」


遠慮会釈なしにです またその理由を、理論的にわかりやすくズバっと書くので、ご理解いただいて変更される場合が多いです


キャンセル、商品変更が間に合えば、商品変更もお受けいたしますが


今回、上に書いたケースにズバリ当てはまり、幸運にもキャンセル、商品変更が間に合ったお客様


その方から、こんなお声をいただきました


「注文した後ブログを読んで、自分の選んだマットレスのことか と心配になり、問い合わせてみた、でも聞いてみてよかった


「でも、そんな良くないマットレスなら、最初から取り扱いしなきゃいいのに


それに対して、私は以下のご返信をいたしました

「良くないマットレス」でも何度か販売したことがあります 

しかし多くの場合、今回のようにご変更されます

そもそも 「良くないマットレス」でも、弊社が扱っているからこそ、お客様からそれに関してお問い合わせいただく機会が生まれ

また、それを 「良くないものですよ」 とお知らせする機会にも恵まれたわけです

またブログやウエブを読まれても、「自分を信じる」 とご自身の考えを曲げられないお客様

また残念ながら読まれても 「ひょっとして私の選んだマットレスのこと」 と思われない方もおられるかもしれません

最終の決定権はお客様にあるわけで、まさかウエブに○○のマットレスは購入してはいけない、とは書けませんし

例え書いても、それ読まれない方、読んでもお考えを変えない方がゼロになることはないでしょう

我々としては、できるだけ多くの機会が生まれるように、ウエブ、ブログ、メールのやり取りでお知らせするしか方法がありません

これが弊社が 「良くないと思うマットレス」 を販売する理由です



非常にいやらしい言い方を許していただければ、良くないマットレスを販売した売り上げも、売り上げのうちです

ただ 「良いものですか」 と問われたら、本当のことをお知らせする姿勢は続けていくつもりです


プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング