FC2ブログ
ホーム   »  その他  »  嫉妬心を煽れ

嫉妬心を煽れ

私は 「嫉妬心の塊り」です、他の家具店が配送トラックに、ベッドを積んでいたら  「くっそ~ ウチの売り上げとられた


と本気で思います、社員から 「社長、でもアレ安物のたぶん中国製のマットレスですよ あんなものヨソに任しておけばいいんですよ」


と言いますが、「アホ! ウチなら同じお客さんに、もっといいマットレス・・・少なくとも日本製のマットレスを買っていただいている」


と言って社員から呆れられています


嫉妬心の大小はともかく、家具屋が嫉妬心を無くしたら、終わっていると思うのは私だけ


メーカーの営業マンでも、このこちらの嫉妬心を上手にあおり、商品を売り込んでくる強者もいます


「どこどこの家具屋が、こんな商品をこんな売り方をして売れている」 という情報を意図的に家具屋のオーナークラスに流し


その家具屋への嫉妬心から、つい仕入れなくても良いものまで仕入れてしまう・・・・・そんな経験はバイヤーなら一度くらいはあると思います


その時ポイントとなるのは、売り込む家具店に対して、ちょっとだけ下の家具店のことを題材にすると良いんです


上の家具屋だったら 「あそこなら仕方ない」 と考えても、下から迫ってきて追い抜かれる恐怖と嫉妬心が一番効きます


昔、某メーカーが 「奥様会」 と称して、オーナーの奥方連中の会を作り、「奥様会の仕入れ大会」 などを行い


上位、つまりたくさん仕入れた家具店の 「奥様」 を表彰して持ち上げ


ヒマと金を持て余した、オバハン・・・・・もとい奥様連中の、見栄と嫉妬とランバル心を、いやらしいまでに巧みにコントロールし


またその奥様会担当の営業マンは、選抜の 「男前の若手」という念の入れよう(笑) 間違いもあったようです・・・奥様と


売れもしない大量の商品を、自分の許可なくコンテナーで送りつけられた当時の家具屋のシャチョ―はん


「こんな売れもしない商品、勝手に仕入れてきやがってー


「だっておとーちゃん あの○○家具の奥さんだけには、負けたくなかったんやもん


という古き良き 時代の、まんまと戦略に嵌められた家具や夫婦の会話を想像するのは、難しくありません


そんな家具屋は、今では無くなってしまったか、残っていてもそのメーカーから 「家具屋の数にカウントしていません

と陰で言われてるんですけとね


どちらにしても 「釈迦に説法」 かもしれませんが、嫉妬心をうまくコントロールして、売り上げを作ってくださいね


営業マンの皆さん










プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング