FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言  »  優良ノンブランドが有名ブランドに勝つ方法

優良ノンブランドが有名ブランドに勝つ方法

大阪のベッド館、東京 五反田の弊社 ショールームには、様々なマットレスの 「現物をカット公開したもの」 が


複数枚、展示公開してある


改めて思うのは、内部の部材のコストの高い安いと、メーカーの設定した 「定価」の高い安い とは比例しないという事


すでにブログに何度も書いているように、某有名メーカーの定価16万円くらい(実売価格13万円くらい) のマットレスと


優良ノンブランドの実売価格 6万円ほどの中身が、ほとんど変わらない・・・・・というか6万円のほうがよい部分がある


その事実が、現物と販売員の説明で補足したうえで、十分ご理解いただける


これをメーカーの方で、数値化できないものか  


例えばよくメーカー(優良ノンブランドの方) が私に対して口にするのが


「このウレタンは品質が良く(例えば比重50) 、某S社の使用している比重20~25のものと比べ、シングル換算で1万数千円くらい違います


・・・なるほど、じゃあそれを数値化して消費者にアピールしてはどうでしょうか


さすがにメーカー名を(イニシャルにしても) 名指しで、コストがいくら万円違います とは言いにくい


でもウレタンや、バネ材、生地などは、有名、無名ブランドを問わず、部材メーカーから購入しているはず


じゃあ 「当社比」 でいいじゃん


それも金額差は露骨すぎるとしたら、 「パーセンテージ」 で


「このマットレスに使用している比重50のウレタンは、比重20のそれより、約コストが○○%ちがいます  (当社比)」


バネ材、生地のコストについても然りです、全てパーセンテージ (当社比) で


部材を仕入れている取引部材メーカーは、各社様々(かぶっている場合も) 当然力のあるメーカーは大量に仕入れるので


割安で仕入れているはず (その分を価格に転嫁せず、さらにボッている(笑))


しかし低コスト → 高コストのパーセンテージ比較は、例え部材メーカーが違っても、仕入れる量が違っても変らないはず


これは、商品ごとの価格差 (なぜ同じメーカーのAのマットレスとBのマットレスの価格が違うのか) をきっちりと理論立てて説明できる


優良ノンブランドにしかできないことです


もう価値もなく「低性能で高価格」 がメーカーが、そのブランドイメージだけで、中身が数千円しか違わないマットレスに


5万円以上の価格差をつけて販売する時代は、いい加減終わらせなければなりません(現物が弊社の大阪に公開しています)

このブログを読まれて、その通り と思われる方は、下の 「拍手」 にクリックを

















プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング