FC2ブログ
ホーム   »  その他  »  ショートスリーパー

ショートスリーパー

「ショートスリーパー」 と言う言葉をご゛存知でしょうか


一日3~4時間しか睡眠をとらず、中には45分なんて人もいるらしいです


睡眠に関することなので、我が睡眠化学研究所としては興味がそそられる


早速その関係の本を仕入れて読んでみました


その本によると、「そもそも7~8時間が理想の睡眠時間、と言うのは医学的に何の根拠もない」・・・らしい


人間も動物である以上、7時間寝なければ身体のパフォーマンスが本当に下がるのであれば


いつ外敵に襲われるかもしれない太古の昔、人類は絶滅していたであろう。と言う考え方


そういえば野生動物は極短時間ス睡眠や、イルカなどは右脳と左脳を片側ずつで睡眠をとり、外敵に備えている


現在の経済活動、文化活動下においては、一日一睡眠、7時間というのは、自然ではなくゆがめられている


睡眠時間の短い国の方が長寿と言う統計も・・・・・


脳梗塞や心筋梗塞など、長時間の睡眠をとった起き抜けに起きやすい


睡眠中は体温も低下、免疫効果のあるビタミンも体内には4時間程度しかとどめておけない


そのことで当然免疫力も低下、がん細胞も睡眠中に増えやすい


睡眠中で大量に分泌される 「成長ホルモン」  成長期だけでなく、高齢者でも分泌されているが


これが最も分泌されるのは、入眠後の数時間のみ・・・・・・等々


読めば読むほど、長時間睡眠のデメリット


何でも自分の体で試してみたくなる自分は(特に睡眠のこと)


早速やってみた  と言ってもいきなり3時間とか45分は無理があるので


とりあえず4~5時間に設定、午前3時頃に寝て、8時前後に起きるパターンに切り替えてみた


もちろん眠気を感じたときは、例え午後10時でも床に就き、その分早く起床した


案外いける  日中も眠気を感じない


起きている時間が長くなった分、見たい映画や読みたい本を、深夜や早朝にゆっくりと読むことが出来るし


案外快適でいいかも


当然、ショートスリープを実行するにあたって、少々睡眠スタイルを変えた


マットレスは以前から使用している 「アワーグラス アールグレイ」 ちかくマエストロに買い替えを検討中


ちなみに、低反発マットレス」 と硬すぎる 「高反発マットレス」は体の血流が不自然になるので短期間は良くても、長期間はダメ


これまでの寝ながらスマホのYouTubeは止め、一部残していた室内の明かりも、一切決して真っ暗にして眠った


朝はカーテン越しの自然光で目覚める  そして10分間の2度寝


おそらく経験している人も多いと思いうが、一度目を覚ました後の二度寝をする際、何とも言えない幸せな気分を感じたことが


無いだろうか


二度寝の際、実は脳内に大量の幸せホルモンと、アルファー波が満ち溢れているそう


しかし長時間の二度寝は返って逆効果  10分くらいでちょうどいいらしい


頭すっきり


考えてみれば、「寝ていることは死んでいるのと同じ」 と木村正彦も言っていた通り


一日あたり4時間睡眠が減れば、一週間は8日以上ある計算となり


数か月、数十年で、寿命が16%程ほど増えた計算になる












プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング