FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  時代劇に学ぶ、トップとしての心得

時代劇に学ぶ、トップとしての心得

最近、夜自宅ですることが無いので、YouTubeで昔の犬HKじゃなかった、NHKの大河ドラマを見ている


戦国ものがほとんど、独眼竜政宗、葵三代、風林火山、徳川吉宗などなど・・・


所詮ドラマで、創作の部分や脚色、解釈の違いなどもあるが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」


色々と勉強になる



偉大過ぎる父、家康のあとを継いだ、二代将軍 秀忠の苦悩


「生まれながらの将軍」 3代目将軍 徳川家光がそのプレッシャーに潰されそうにる様、私も3代目


気持ちわかるわかる


その中でも、八代将軍 吉宗が、その子 家重に将軍の座を譲るにあたり、将軍職の心得のようなものを話す際


その際のセリフが心にしみた


「人並優れた君主は、その才覚に溺れ、陣頭に立って全ての指揮を執りたがり、家臣の意見を聞かなくなる

ところがいったん事がうまく運ばなくなると、家はいっぺんに傾く、しかし誰も助けてくれない

幸か不幸か、ワシは頭が悪かったから、多くの家臣を頼るしかなかった

ワシが褒められるとしたら、そうした家臣を信頼し任せたことじゃ

結果、ワシの周りには優れた人材が次々と輩出し、ワシを支えてくれた

必ずしも将軍は名君でなくても良い、信頼に足る家臣の言葉に耳を傾け、まっ直ぐに誠の道を進めばよいだけじゃ


吉宗役の西田敏行のセリフが、自分に言われているような気がした

私も二重丸付きの 「バカ」 なので、ぜひかくありたいと思う


周りを見渡してみると、なんと才覚に溺れる 「賢い阿呆社長」 の多い事 (才覚がある、と思うのも自分の勘違いかも)


いやトップに限らず、なんでも自分のやることが正しいと思い込み、他の意見を聞かず・・・


使えない、自分の意に染まぬと思うと、即座に切り捨て、首をすげ替える


結局、最後は自分一人になるか、ただ付き従う無能なイエスマンだけになり、憐れな末路をたどる・・・・・気づくのは自分でしかない








プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング