FC2ブログ
ホーム   »  サータ VS シモンズ  »  サータ VS シモンズ 番外編 其の二

サータ VS シモンズ 番外編 其の二

前回の「番外編」で、ポケットコイルの圧縮比率についてお話しいたしましたが、その続きです



圧縮比率が、どのメーカーもカタログデータと違う、というところまでお話しいたしましたが



なぜそんなことになるのでしょうか?



これは某有名メーカーの工場まで直接出向き、工場長から聞きました




工程としては、まずバネの原材料である硬鋼線、つまり鋼鉄のワイヤーをらせん状のバネの形へと巻きます




仮にその時のバネ高さが、23cmとします、強度を増すために「焼き入れ」をほどことた後




これを一旦、プレスしてつぶします




この段階で、もともと23cmだったバネ高が、約18.5cmになったとしましょう




この18.5cm高を袋に入れ、最終バネ高14cmとなるわけです




つまり一番最初の焼き入れ前のバネ高をベースに、最終バネ高と比較して「圧縮比率〇〇%」と言っているわけです




勘の良い方はもうお気づきかもしれませんが、一番最初のバネ高というのは、いくらでも(ある程度) 調整が可能です



例えばボールペンの中に入っているバネを取り出して、縦方向に引っ張ってみると、いくらでも「間のび」します



ねっ、調整できるでしょ(笑)




つまり何が言いたいかと言えば、圧縮比率がおおきいからと言って、「より高性能ではない」ということです




一概には言えませんが、ことさら圧縮比の高さをアピールするメーカーのマットには




他に特出したものがないのかもしれませんね




こうした数字のマジック的な手法というのは、ベッド業界では以前から用いられてきました




例えば・・・・当社のマットレスはバネが数千個入っています (実は数え方の基準が他と違うだけ)



当社のマットレスは通気性が10倍向上しました (0.01の数値を10倍しても「1」(笑) )

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング