FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  利益は下げようとしても簡単に下がらない?

利益は下げようとしても簡単に下がらない?

弊社は今月決算、という事は昨年の5/1~今年の4/30 までが弊社の2018年度


昨年の夏ぐらいから、弊社のメインメーカーの商品群、数千アイテムのマットレスとフレームの値段を下げた


それもそれまでより、6.3%も値下げした、そのせいかベッド館の売り上げは、過去最高記録を更新する見込み


それは良いとして、問題は粗利益、多少は低下しても仕方ない


そう考えていたが、利益率は以前と変わらない、それどころか少し増加している


確かに各メーカーには、協力、協賛をお願いした、その分各メーカーの要求する数字には答えてきたつもり


値段下げても、利益下がらず・・・・・・利益って上げようと追いかければかなわず、下がってもいいや


と開き直ったら、案外下がらないという事が分かった


ところで、最近あるメーカーの営業マンが、極秘資料と称してあるファイルを見せてくれた ちなみに弊社のメインメーカーではない


それは、メーカーの対 各取引家具店との年間取引額の推移、それも過去数年にわたって書かれてある


「ええっ こんな資料、私に見せてもいいの」  と尋ねたら  「大丈夫


三店の他店の数字と弊社の数字が・・・・・


Aのお店は、数年前は年間数百万、それが現在は 「ゼロ」


Bのお店は、やる気が無いので 「ゼロ」 と思いきや、今でも極わずかながらもあることに驚いた


Cのお店は1千万ほどあった数字が、今年は200万円に達するかどうか


ちなみに弊社の数字は、数年前の1千万から今年は2千万オーバーへと倍増する見込み


ということは、弊社の伸びた分は、ABCの三店からブン取った数字


加えて弊社はBのお店から、さらに売り上げをブン取ろうと画策している
 

Bは一つのアイテム頼り、それを奪われると・・・かなりヤバいことになる


えっ  そのアイテムに関しては、Bに一日の長がある?


そんなもの、より、しかも圧倒的に低価格で・・・・・そうだなぁ3~4か月も販売すれば、キャンと言うでしょうか


夫婦揃ってコンビニでバイトしないといけないかもね
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング