FC2ブログ
ホーム   »  その他  »  兵農分離

兵農分離

先日の大川の展示会で、H木工のベテラン営業マンと話をしました


この方はいわゆる情報通で、いつも様々な情報をくれる方です、時には一杯やりながらね


この方曰く 「社長、店外催事をやりなさいよ」 お話は続きます


「欲張らずに小規模スペースで、メーカーから商品の提供と人員の提供を受けて行えば、リスクなく売り上げが確保できる」


実際に大型店は大規模のそれを行っています・・・・・ただもはや乱発して飽きられ、頭打ちとなっている感が


そして催事に駆り出されるメーカー営業マンにも、厭戦気分が広がっていると聞きます


でもゲリラ的に小規模でなら、自社のリスクもメーカーの負担も少なく、既存店舗での売り上げ以外のところから獲れる


ということらしいです


貴重な情報ですが、弊社は店外催事はやりません  


以前バックアップするのでやりませんか と言ってくれたメーカーもありましたが、お断りしました


理由はメーカーに余分な負担を掛けたくないからです


ちょっと話が飛躍するかもしれませんが、はるか昔の戦国時代


戦ともなると、家臣はもちろんのこと、地元の農民も戦に駆り出されました、そうなると当然農作業はほったらかし


田畑は荒れ放題になりますから収穫量も減り、結果国は年貢が減って貧乏になります


そうならない為に戦は農閑期に限られる、いくら好機到来 いざ と思っても農繁期では兵が集まらず


無理やり招集しても、士気が上がるはずありません  


ましてや農民は戦のプロではありませんから、自分の立てた戦略通りに働いてくれない可能性もあります 鉄砲の登場で後年そうでもないけど


これを信長だったか秀吉だったか   まぁどっちかがとった政策で 「兵農分離」 といって


兵は戦のプロ、農民は農作業に専念することができるようになったと習いました


これを我々小売店とメーカーに置き換えると、弊社スタッフは新井家具流の戦のプロですが


考え方も商品もちがう複数のメーカーに売り場を任せると、テンでバラバラな売り方をし、そこには弊社流のコンセプトもない


単なるメーカー間の売り上げ競争の場になってしまいます


駆り出された雑兵が、褒美ほしさに作戦行動を無視して、個人の手柄を取りに行くことに精を出して、戦が混乱するてな感じ


ましてメーカーも通常営業(農作業) ほったらかしで、担当店ならまだしも、関係ない家具店の催事(戦)に引っ張り出され


勝戦なら褒美も期待できるかもしれませんが、最近負け戦な店外催事も多いと聞きます


士気が上がるはずもないですよね  しかも上納する年貢も減るし・・・


弊社の場合、メーカーの農繁期、農閑期関係なく、好機と見るやすぐに作戦行動に出れるのも強みの一つ


どこもかしこも店外催事だらけ、日程も被りますから、人員と商品確保も各メーカーと歩調を合わせる、つまり農閑期に限られる


だから私は 「兵農分離」 の歴史を教訓に、販売は我々、メーカーには業務に専念してもらい、量と質に優れた商品を年貢ならぬ


商品を供給してもらおうと思います


ちょっと無理がありました この話





プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング