FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  高額な方を販売して怒られる?

高額な方を販売して怒られる?

前回のブログで、特定の商品を販売したらもらえる 「報奨金」 について書きましたが


やっているところは多いようです


大抵はメーカーが販売強化のために協賛の歩引きを行い、それを報奨金に充てるという感じなのですが


弊社の場合は、その歩引きをお客さんに還元するというスタイルなので、報奨金制度は基本やったことがありません


確かにお金がもらえるとなると、販売に一層熱が入るのでしょうが、販売員がお客さんを としか見ないようになり


また社員同士でも報奨金を取った、取られたと雰囲気も悪くなるので嫌です・・・そういうのってお客さんは敏感に感じ取るもんです


私が若いころに修行した某家具店では、キャンペーンと称してこの報奨金を乱発していました


常に何かしらの 「キャンペーン」 を行っており、それが複数重なることも多く、酷いときは覚えることができないほどの数でした


例を挙げると

宝石キャンペーン (その名の通り、宝石貴金属を売りつける)

羽毛布団キャンペーン (羽毛布団を一枚売ると1万円がもらえ、枚数の順位で海外旅行に行けたりする)

カ○モクの電話台、ファックス台の販売キャンペーン (確か一台売ると、缶ビール6本)

中国、ペルシャ段通展  (これも多額の報奨金ができました)

大理石テーブルキャンペーン (大理石テーブルを高額で売りつける、これも高額な報奨金がでました)

特定メーカーの紫檀の婚礼タンスを販売すると、1万円がもらえる

特定メーカーの商品を販売すると、販売金額の何%かがもらえる (これは毎回数万円になりましたね)

ダイニングテーブルの特定機種を販売すると、5千円だったか? もらえる

健康器具の販売 (これも高額な報奨金)

まだまだありますが、多いときはこれが5つくらい重複して行われ、朝礼などで 


「新井 現状開催中のキャンペーンを、その開催期間とともに全部行ってみろ


当然そんなもん全部言えませんから、もごもごしていると  「意識が足りん」 と怒られるわけです


当然ノルマも課せられ、未達の場合はボロクソに怒られます


私はまともな社員じゃなかったので、バカバカしくって適当にしかやってなかったので、いつも反省文とか書かされていましたね


反省文書いてる間、仕事さぼれるからその方が楽やったけど・・・


矛盾を感じたのは、何事もキャンペーン中はそのメーカーの販売が優先されるという事


キャンへーん対象の大塚家具の80万円の婚礼タンスと、120万円の石岡の紫檀のタンス、両者を迷うお客様に


石岡の優位性を説明し、買っていただいた


当然単価の高い方を販売したのだから、「よくやった」 と直接の上司から褒めらと思っていたら


「なぜキャンペーンの方を売らないのだ」  と逆に叱られてしまいました   バカじゃねーの


これに限らず、他の品でも皆この調子なのです


結局、上司もその課ごとに目標を設定され、未達だと上に怒られる・・・ 悲しき中間管理職


酒の席でそのへんの矛盾をぶちまけると、その上司は


「組織ってのはそんなもん、今のうちに矛盾や理不尽に感じたことを、あとで自分の商売に生かせ


という言葉をもらい、そこから吹っ切れたように、組織にいる間はバカなキャンペーンにも付き合うようになりましたね


ただ実家に帰って家業を継いだら、ぜ~たいこんなバカなことはしない


決してその家具店にとって私は、有能な社員でも、素直な人間でもなかったですが、反面教師と言う意味では


本当に色々と良い勉強をさせていただいたと思います






プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング