FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言  »  売り上げが悪いと嘆くのなら・・・

売り上げが悪いと嘆くのなら・・・

売り上げが悪いと嘆き、営業マンの尻を叩いたり、意味のない長時間の営業会議をするより


弊社の取引している 「優良メーカー」 さんに限りですが、やって欲しいことがあります  それは・・・



なんちゃって日本製マットレスの駆逐   何度も何度も弊社のHPやブログで情報を発信し


お客さまに対して警鐘を鳴らしてきました


深くHPなりブログを読んでおられるお客様は良いのですが、残念ながらすべての方をお救いするには至っておりません


そう、中国でマットレスパーツの大部分を製造、パーツで日本に持ち込んで組み立て縫製を行えば 「日本製」を名乗れる


そういった「なんちゃって日本製」 マットレス、その手口がますます巧妙化し、手が込んだものになってきています


正確な数字はわかりませんが、あくまでも私の感覚でいうと、店頭やネット上で紹介されている


ノンブランドマットレスの、40%近くがなんちゃって日本製マットレス


当然、売れるから数が、その割合が増えているのであって、しかも販売側は儲かる



「中国製」 で販売すればお29800円 でしか販売できないマットレスも、「なんちゃって日本製」にして、実質的な品質、性能は


変わらずとも、49800円~79800円・・・・・中には10万円をこえるものも存在します


当然利益が大きいという事は、その分宣伝経費も掛けられますから、露出が多くなりさらに売れる


運よく弊社のHPなどの情報に触れ、「もしかして」 と弊社に問い合わせられ


ギリギリキャンセルに間に合った、などとおっしゃる方も少なくないですが、弊社の力だけでは発信力に限界があります


またなんちゃって日本製がまだ、一部のメーカー、業者だけで、しかも39800円や49800円などの比較的低価格で売られている頃は


特に高価格帯のブランドメーカーにとって 「対岸の火事」でしかなかったのかもしれませんが、10万円ともなると


十分サータ、日本ベッドなどの価格帯とバッティングする価格帯


そんな奴らに売り上げ盗られていいんですか   黙って指をくわえて放置するんですか



ただなんちゃってでもルール上、日本製を名乗れるのでそこを攻撃することは、メーカーとしてできないでしょう


二つの方法があります  まず一つは


弊社のマットレスは、バネの成型、焼き入れを日本国内工場で行い、合体縫製に至るまで日本国内工場で行っております
パーツを海外で製造し、国内で合体縫製のみを行った「日本製」 マットレスは、一枚も弊社にはございません



とウエブやカタログに記載する方法、そして今一つは


自社でも販売するのです・・・・・・ただし 「なんちゃって日本製」であることを公開したうえで


そして本来の適正価格である 29800円で販売するのです  つまり 「売るため」 に行うのではなく、こういうものもあるのです


とお客さんの耳目を集めるために行うのです  おそらく買う人は少ないでしょうが、それでいいのです


売り上げが少ないと嘆く前に、他の業者が舌を出しながら、御社の大切な売り上げを奪っているのですよ


対策を講じるメーカーさんを弊社は猛烈に支持します





スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング