FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  大阪木材工芸の懐かしい思い出 その②

大阪木材工芸の懐かしい思い出 その②

嘘情報に予想以上に反応したオーモックさん


シーリーが新井ベッド館に展示している と思い込み、当時のシーリーの営業担当を呼びつけます


「お前はシーリーを新井ベッド館に導入しない、という約束を反故にしたのかー」 とかなんとか言ったのでしょう


しかし可哀そうなのはシーリーの営業マン、だって商品提供していないんですから、当然 「しっ・・・知りませんよぉ


そして、「じゃあお前が新井に行って、事実確認してこい」 となったようです(笑)


そして、のこのこと弊社ベッド館に偵察にやってきました


それに接客対応した弊社スタッフ・・・・・・  「どうもプロの偵察ではないか」 と勘づいて、私に報告してきました


・・・悪いことはできないもので、その時たまたま居合わせたのが、違うメーカーの営業マン


その彼が  「あれはシーリー営業マンですよ」 と私に教えてくれました


なにぃ~  私はすぐさまシーリー営業マンの行くてを遮り 「お前シーリーの人間やなっ、事務所に来い 注 私はカタギの人間です(笑)


彼の不運はまだまだ続きます・・・滅多に来ない親父(先代) が、なんの騒ぎだ とやってきました


私は仏の新井ですが、親父は鬼神も避けて通るような・・・・・・・(笑)


可哀そうに、相当に縮みあがっていましたシーリーさん・・・・・・よほどビビっていたのか、ついこんなことを漏らしてしまいます


「オーモックの○○さんから、新井ベッド館を偵察してこい、と指示されただけですぅ


・・・これは言ってはいけないですね、ウソでも自分の判断できました、というべきですが、後の祭り


私は 「明日文句を言ってやる」 と息巻いていましたが、親父はさらに上でした


弊社の前を決った時間に日に数度、通行するオーモックの店長に


「昨日シーリーがウチを無断で偵察に来た、そしてよりによってオーモックからの指示できた、などと言い訳した


バカ者 オーモックさんほどの大手が、そんな姑息で低俗な事をするもんか、言い訳ももう少し考えろ


と注意しておきましたよか○○さん


私はその横でゲラゲラ笑っていましたが、さすがに店長さん目を白黒させていましたが、


「そっ・・・そうですか、私の方からも叱っておきます」  ・・・・・ さすがに先方もタヌキです
 









スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング