FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  三つ巴

三つ巴

もともとベッド館の売り上げの多くを占めていたのが、ドリームベッド(サータ、ルフ)


オープン当初の売り上げより、瞬く間に数十倍の売り上げとなりました・・・このままドリームベッドの天下が続くのか


と思われた矢先、アンネルベッドが台頭してきました


こちらの意見をかなりフィードバックしたマットレスを開発、販売してくれたからです


こちらも意見を言ったからには 「売らなければ」 という意識が働いたのも確かですが、商品も良く、価格も安い


アンネルも当初の十数倍くらいまで数字は伸びました・・・このままドリーム、アンネルの2トップで と思われた矢先


東京スプリングが割り込んできました


このメーカーは、当初の100倍以上にまで伸びました


当然100倍以上に伸びた中には、ドリームやアンネルが食われた部分がありましたが・・・


このままドリーム、アンネルはジリ貧  しかしトリームベッドも手をこまねいてはいません


弊社もドリームとの協賛、協力を取り付けたこともあり、さらなる値下げを行たところ…ここ最近復調傾向にあります


特に先月の追い込みは凄まじかった


アンネルも色々と対策を講じたり、手を尽くしてこちらに提案してきます


こうした努力が続く限り、いずれ復調することもあると思います  関東圏にショールーム作ったら一発なんですけどね


一見、メーカーを分散せずに一つに絞って集中して売り上げをあげ、そして好条件を引き出したほうが良いのでは


そういった意見の人もいるし、実際大手などは商品構成を 『高』 『中』 『低』 に価格帯を分け


それぞれの価格帯にひとつのメーカーをはめ込んで集中販売、好条件を引き出してるところもあると聞いています


一部の大手は、売上目標額に応じてベッドメーカーからバックマージンを受け取っているスタイル


確かにこの方法だと、分散して目標額に達しないメーカーが出てくるより、集中販売して多額のバックマージンを取ったほうが


賢いかもしれませんし、大体からしてレベルの低い販売員では、多数のメーカーの商品知識や、他メーカーとの比較など


こなせない  それならサルでも覚えられるように、一つのメーカーに絞ってマニュアル通りに説明させる方が確実です(笑)


まぁ我々は大手ほど強力な圧力をメーカーにかけられないので 心が優しいので(笑)


メーカーどうしをお互いに競わせて好条件を引き出す方が、活性化もするしいいと思いますけど・・・



スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング