FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  隠れた名品・・・では意味がない

隠れた名品・・・では意味がない

信じられないかもしれませんが、業界ウン十年のベテラン販売員でも 「ベッドを売るのは苦手


という人は決して珍しくありません・・・


だからベッドメーカーは商品とセットで人間を付けます、応援販売員という形で、営業マンだったり、マネキンだったり


彼らが応援販売を行いつつ、その家具店の社員に売り方を教育・・・・・あるいは洗脳していく という手法を取っています


ですから色のついていない比較的若いスタッフは、良くも悪くもメーカーからの教育あるいは洗脳を吸収し


販売にあたりますが、ベテラン社員はプライドがあるのか、年下のメーカー営業マンに教えを乞うことをしません


だから 「ベッドを売るのは苦手 」という事になるのです


もちろんこれには人件費という経費が掛かりますから、当然それは商品にオンされる形で家具店に提供されるわけで・・・・・


それ以上は言いませんが(笑)


今、ベッドメーカーで 「商品 + 人間」 の提供を行っていないメーカーさんはありません・・・・・いや一つだけあります


そう、東京スフリングです  ここには営業マンはいません、当然派遣販売員(マネキン)もいません


だから同等以上の品でも他メーカーより安く提供できるわけです


じゃあ東京スプリングが他メーカーより有利なのか  というと、そうとも言い切れません


いくら良いものを安く作っても、それを知らしめて広める人間がいなければ、絵に描いた餅


弊社で飛ぶように売れている 「アワーグラス アールグレイ」 「アワーグラス マエストロ」にしても


我々が展示会で見つけて、力を入れて販売しなければ、今ほど売れたかどうか・・・・ いや100分の1も売れていないと思います


アワーグラス だけではありません、旧型のアワーグラス1や、東京スプリングの他のマットレスの売り上げも


弊社のウエブサイトやブログでメーカー露出度が上がったことで、売り上げに影響しているはずです


そういう意味では、弊社は東京スプリングにとってお客さんであり、同時に優秀で無償の営業マンと言えるかもしれませんね


給料くれ・・・とは言いませんが、その分安くしてください・・・・・って、して貰ってるかぁ





逆にいうと、さほど秀でたマットレスでなくても、営業マンとお金かけたプロモーションで売れるという事です その分高くなるけど


ほらぁ、あるでしょ  ○○○〇ベッドってメーカーがその典型です














スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング