FC2ブログ
ホーム   »  脳梗塞、糖尿病からの脱出  »  近しい知り合いが脳梗塞に・・・

近しい知り合いが脳梗塞に・・・

先輩が脳梗塞になった、私より2歳年上のK先輩


彼も糖尿病を患い、仕事のストレス等で暴飲暴食の上、脳梗塞になった、と彼の奥さんから聞いた


およそ5年近く連絡をしていない先輩の病気をなぜ知ったのかというと、共通の知り合いが私のブログを読んでいて


脳梗塞、糖尿病からの脱出 シリーズ   の記事から、K先輩の奥さんへと伝わり、連絡をくれたという流れです


昨日の定休日を利用して、早速大阪市内の病院にお見舞いに行ってきました


脳梗塞の発症からちょっと時間がたってから病院に運ばれた先輩でしたが、柔道二段の鍛えた身体のおかげか


思ったより元気そうで、車いすで私を出迎えてくれました


ただやはり半身マヒはあるようで、私の症状とよく似ています


奥さんによると、やはり落ち込むというか、軽いウツのような状態の時もあったようで


「新井さんも脳梗塞と糖尿病から立ち直ったんだから」、と元気づけていたそうです


その後、私が行った治療方法(ケトジェニック、筋トレ、速聴など) のお話や昔話に3時間くらい花を咲かせ


帰るころには 「いい話を聞かせてくれてありがとう、なんか希望が出てきた」  と喜んでくれました


去り際 「むかし僕をボコったこともある先輩  今なら僕がボコれますよ 嫌なら早く治してください


先輩ちょっとウルウル来てましたぁ~


まぁこんなくだらないブログでも、書き続けて早や1800編余、続けていればなんか人様の役に立つこともあるんだなぁ~と感じます


これは先輩にも話しましたが、ケトジェニックをすると脳梗塞になる という真逆の意見も検索すると出てきます


安全性が確立された方法ではない、という意見もありますが、じゃあ医師の言う通りウサギの餌のような量のカロリー制限と


他の臓器に副作用のあるインシュリン等の投薬、それらをある程度守っても、それでも再発したり他の病気になったりする人も


います、どちらにしても100%確立された方法というのは無いんですよね


特に先輩にしても私にしても大食漢です  ちまちまカロリー計算して量が制限され、ストレスためるほうが病気になる


基本的に糖質さえカットできれば、血糖値の上下なく、空腹感特に耐えられないほどの飢餓感とは無縁で


糖質食ってた時よりはるかに元気で、仕事も遊びも楽しくって・・・・・


結果自分の取った方法が間違っていれば、しゃーないという事ですね  でも今のところ絶好調


高強度筋トレしたら、たまに糖質とっても問題ないし


家族のサポートもあり、必ず治りますよ先輩   良い後輩をもって幸せでしょ 全快したら呑みに行きましょう


だし全快しても、酔っぱらって飛びつき腕十字たけはやめてください  私も元脳梗塞患者なのです
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング