FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  メーカーと小売店の揉めたお話

メーカーと小売店の揉めたお話

自分の判断で仕入れた商品、それを簡単にメーカーに返品するというのは、自分の仕入れが下手くそだと認めたようで


私はあまりやったことがありません


メーカーの側から 「商品を入れ替えましょうか」という打診があればやったことはありますが


少なくとも自分から 「売れないから持って帰ってくれ」 というのは恥ずかしくて嫌です、無理してでも自社で売り切ります


ところである店で、売れが悪い二台の商品があったようで、それを持って帰ってほしい、その代わりに新規の違う二品を入れるから


という打診が小売店側からあり、メーカーは応じたようです   ちなみにベッドじゃありません


ところがその二台の入れ替えが行われる前に、そのうちの一台の現品が売れたみたいです


メーカーにしてみれば当然、返品される商品は一台になり、その展示スペースには二台の新規商品が導入される


と考えるわけです…当たり前のことです


ところがこの家具店の考えは違ったようです


「現品を売ってやって、そこに新規の一台を導入するのだから、もう一台は無条件で返品を受けろ、そしてその分の新規導入はしない」
 

メーカー側は話が違う  としてこの返品を受ける気はないようです


そもそもこの家具屋は、返品して当たり前、メーカーは小売店の言う事を聞いて当たり前 くらいに考えてるんだと思います


大体からして、返品を受けてくれるというのはメーカーの好意であって、普通は現品は自社で売りさばくというのが当たり前


それがわかっていないから、そんな恥ずかしいことを平気で言えるんです、このしゃちよーはん


正確に言うと、「一台は返品するけど、その代わりの新規導入分は 「少し」 待ってくれ」 こういう言い方だったらしいですが


ここの社長の煮え切らない性格は、出入りする各メーカー複数の営業マンのよく知るところ(笑)


この 「少し」 の間というのが、数か月…いや数年先・・・いやのらりくらりとなし崩しになる可能性すらあり


とてもそんな話には応じられない  そう申しておりました(笑)


このことで社長はん、超大激怒  ぶち切れっぷりの良さも、各メーカー営業のよく知るところ


しかしこの家具店のこと、よくこのブログに書きますが、読んだらすぐに何処のことかわかる内容


その話を聞かせてくれるメーカー営業マンも 「ブログに書いちゃだめですよ」 とは一言も言いません


どーでもいい家具屋って思われてるんじゃないですかぁ
























プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング