FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  書式を変えれば問題ないらしいです

書式を変えれば問題ないらしいです

天下の悪法  悪改正

これまで何度もブログに書いてきました、マットレスの内容表示改正

これまでマットレスらつけられていたタグ、そこにはバネ数やバネ材料、ウレタンの質や量など

お客さんにとって、ブランドメーカーの知名度だけでなく、マット選びの際の一つの指針となるものでしたが

今年の4月1日より それらの表示義務がなくなった

これはお客さま不在の、悪改正だ  と書いてきました

国内の多くのメーカーが加盟する 「ベッド工業会」 で決定した事項だから・・・という理由で

喜んで従うメーカー、逆にそれに反対したメーカーもあったと聞きますが、結局は工業会を脱退でもしない限り

従うしかない

それに反対した側のメーカーに尋ねると、「工業会を脱退するわけにはいかないし・・・マットに表記できない分、カタログや

ポップなどで情報発信していきます」 という回答でした

ところで   ベッド工業会に非加盟のメーカーは、今のところこれに従う義務はないのですが

非加盟メーカーの 東京スプリング の社長が、今後も見据えて、内容表示について

詳しく役所に確認を取ったようです

すると、これまで通りバネ数やバネ材、ウレタンなどの表記は行っても良い との回答

書式を少し変え、例えば商品タグの欄外や、『  』 カギカッコなどで閉じた中にバネ数などを書き込む分には

表示法的にも問題がない、という事らしいです

東京スプリングさんは、これに基づいて今後も表記を続ける (まぁ元々 非加盟なので工業会に従う理由もないですが)

・・・でもグランツさん? おたくも非加盟メーカーですよね

なぜそれなのに、同じように表示方法を変えたの なんで?  

非加盟なのにベッド工業会の決定に従うという事は、他のベッド工業会の決め事にも従うってことですよね グランツ様


まぁそれはともかく、表示改定に反対したメーカーさんは、ぜひ事実関係を確認の上、東京スプリングみたく

行動してくれたらうれしいなぁ~


プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング