FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言  »  だとしたら・・・言語道断

だとしたら・・・言語道断

ベッドメーカーの何社かは、マットレスの耐久性を下げようとしているのかも


今回のマットレスの内容表示の簡略化により、具体的にマットレスの中身に関しての表示ができなくなった


良いマットレスも、名前だけのクズマットレスも内容表示には、「コイルスフリング」 と 「ウレタンフォーム」 という簡単な表示


しか許されない、こんなことしては消費者の価値判断は、ブランド名だけになってしまう


ベッドメーカーを取り巻く環境は厳しく、鉄鋼、ウレタン等部材の値上り、運賃の高騰


利益を生むには部材のランクを下げる・・・コストカットしかない、加えて耐久年数が下がれば回転率も上がる


そのためには、ばね材、バネ数、ばね形状、配列、ウレタンの質など詳しく表記された内容表示は邪魔でしかない


馬鹿正直に良質で高コストの部材ばかり使用していては、利益が取れない・・・・値上げにも限界がある


コロッケ屋の理論、80円のコロッケ100円に値上げできないから、コロッケ小さくして価格据え置き・・・ みたいな



これまでの内容表示はこんな感じ

内容表示

弊社は20年くらい前から、この表示に書かれた、ばね材のランクや形状、ウレタンの質、そしてここには書かれていないが


バネの焼き入れの方法などにこだわって販売していた


そのことを当時はスプリングマットも販売していたアスリープのショールームで話すと


「えっ  そんなことまでお客さんに説明してるんですか」 と驚いていました


でも今では、そのへんのサイトで売ってる中国製のマットでも、「バネ線材はSWRH・・・・・・・」 なんて書いてます


変われば変わるもんですね・・・・・やっと時代が弊社に追いついた って言うと生意気ですが(笑)


話を元に戻すと、これからはマットレスの中身に関して、手を抜き放題 でもバレにくい


という事は、中身を落としまくって暴利をむさぼるメーカーと (もうやってるけど)、愚直に良いものを安く提供しようとする


メーカーとが二極化するのではないでしょうか


もちろん弊社は後者のメーカーを応援したいです・・・・・お客さんも当然そうですよね


前者は 消費者の敵


まぁ私の予想ですから、そうならないことを祈っています






プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング