FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  過ぎたるは・・・

過ぎたるは・・・

新名神高速道路の計画に伴い、取り壊し建て替えを予定している弊社本館


先日業者を呼んで、新店舗デザインのアウトラインのミーティングをしました


お知り合いがお客として本館に来店した際、こんなことを言われました


「中はおしゃれな家具で一杯なのに、外観は 「ザ 昭和の店」  、自分が一見客ならここには入らないと思う」


そうなんです、本館を建築したのは昭和50年、今から40年以上前


それ以来、まったく外観工事はしていません


それもこれも20年来この立ち退き問題がグズグズと決まらず、工事して即立ち退き…なんてことになったら目も当てられない


そう考え今に至ったからです


晴れて建て替えが決まったからには、 「どうせならカッチョええ店舗にしよう」


イメージは言葉でいうのは難しいですが、空軍の格納庫のような感じ


あとはどこぞの美容院とか、関家具さんの本社なんかも参考になります、内装も含めてね




ただ、カッコよくしたから売れる店なのか   というとそうとは言い切れないんですって


言われました


「特に御社のように、ブランド家具を安く販売する家具店は、造り込みすぎてはダメ


各地にあるショップ系の家具店は基本 定価販売です


かなり外装、内装作りこんでおしゃれです、言い方を変えれば 「隙が無い」  


ただ定価販売で購入される方は、そういう隙のない完全さをこそ好まれる傾向・・・だからそれでいいんです


半面弊社の場合は、同じものが30%安く販売しているわけですから、「カッコよさのなかにも隙が必要」


そういうものらしいんです


「隙とは何ぞや」   表現が難しいですが、「表示が安くなってるけど、まだ交渉の余地あり


とお客さんに思ってもらえるかという感じですかね


あまりかっこよすぎると、お客さんが構えてしまってダメ、しかも入りにくい・・・


「そこそこカッコイイ店舗と内装、そして高級ブランド家具が安い・・・ちょっとだけ昭和のテイストも残しつつ・・・」


むずかしいですが、面白いです 新店舗の構想に誰よりもワクワクしている私です







プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング