FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話  »  魂を入れる

魂を入れる

最近自宅に「この世のものではないもの」 が夜な夜な出没します


私は霊感の超強い、母親の血を受け継いでいるのか見えるタイプ、見えるというより感じると言った方が良いかもしれませんが


親類や極親しい人が無くなる直前に、母親には分かるそうですが、祖父の時は母親の夢枕に立ち


目が覚めると同時に、赤ん坊だった私が火がついたように泣きだした、と聞きました


私は 「人ではない何者かの気配」 を感じると、茶碗に水を入れて部屋に置き、手を合わせると大抵は消えますが


今回は消えません  そこで盛り塩をプラス、それでも消えません・・・・・まぁ味塩だったので(笑)


昨日はお清めように塩を購入、家の四隅に盛り塩して就寝  は出ませんでした


何だったんでしようか   ひょっとして死者の霊ではなく、生き霊   


「新井家具めぇ~」 というさまざまな他店の負の思念が、生き霊となっているのかも


だとしたら、死んだ人間より生きてる人間のほうが怖い、と言いますから厄介です


だからというわけでもないのですが、ちょっと今日はオカルティックなお話しを


古来日本は言霊(ことだま)と言って言葉にも魂が宿ると信じられています


言葉に宿るなら、文字にも物(商品)にも宿るはずです


だから我々はプライスカードも全て手書き、パソコンで作った方が早くてキレイ ですが、手書き


「いくらで価格をつければお客さん喜ぶかな」 とかイメージしながら書くことで


魂が宿り売れ行きも変わる


商品の展示組み立てなども、「どの場所におけば売れる」 「どんなマットレスと組み合わせれば・・」とか、商品が売れているところをイメージしながら


知らず知らず作業することで売れても変わると思います


しかしこれら作業をメーカー任せにして、展示作業にメーカー営業をかりだす家具店がありますが


もったいない話ですね、組み立て、分解することで構造を熟知でき、しかもそのなかで思わぬヒントが見つかったりしたことは


一度や二度ではないんですが・・・・・


「作業を手伝いに来い  こないメーカーは売り場から展示を外すぞ」 と圧力をかけてくる家具屋が多い


メーカー営業からよく聞きますが  「ヒマで時間もてあましてるなら、自分でやれよ」 が彼らの口から聞く本音(笑)


自分たちでやるようにすれば、ちったぁ~売れるんとちゃいまっか










プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング