ホーム   »  業界裏話  »  下請けメーカーからのアプローチ

下請けメーカーからのアプローチ

弊社ホームページの人気コーナー  天然杢ベッドフレーム  に掲載のラビィ ベッドフレームが売れています


ご紹介ページは こちら


これは弊社のオリジナル商品です


自分だけ良い子ちゃんぶるわけではありませんが、普通家具小売店が、他では売っていないオリジナル品を販売する場合


同一品での他店との価格比較ができないので、割高に販売して利益を取るところが多いのですが


弊社はそうした商売のセオリーに反して、安く売っちゃっています


製造依頼している下請けメーカーは、大手ブランドメーカーにも商品を提供していますから


品質はメーカー品と同等かそれ以上


余計な中間マージンも発生しないし、定価に縛られないので、いくらお安く販売しても、グダグダと他店から文句を言われることも


ありません    他メーカーの品より4万円以上安くて、クオリティーは弊社の方が高いです


以前書いた 紹介ブログは こちらです


こうした事はお客様のご支持をいただけることは無論ですが、下請けメーカーさんからも良い印象をいただいているようです


いやらしい言い方かもしれませんが、下請けのメーカーさんも仕事が減っているわけです


上記のように、小売店にオリジナル品を提供する場合、割高で販売して儲けよう と考える小売店が多いわけです


その場合、数は売れませんよね


極端に言うと、下請けメーカーに取って大切なのは、たくさん仕事をくれて、しかも支払いが確かなこと


提供した先がいくらで販売しようと、どっちでもいい


提供原価が10万円として、月に1~3本くらい売れるより、10本売れる方がおいしいに決まっています


これがブランドメーカーからの提供商品なら、他店さんの 「新井ベッド館の乱売をなんとかしろ」 だの


酷いメーカーになると、安売りする家具店に圧力をかけてきたリします


そんな中、ある下請けメーカーさん、弊社に商品を提供したい  と、ある人を通じてアプローチがありました


私のブログやHPを見ていただいているようで、興味を示されたとか


私も知らない下請けメーカーさんと言うのも、まだまだあり


聞いて驚く  あのメーカーさんにも商品を提供しているとか


良い流れですね  こうして取引メーカーが増えていけば、競争も増えて


価格に反映されたり、品質向上、デザイン的にも洗練されたものになっていくことは間違いありません


弊社はこれからも、目先の利益にとらわれることなく、大局を見据えて


基本方針は何度も書いていますが 


「女房子供が食えるだけ」  これで行きます


価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング