ホーム   »  業界裏話  »  儲かる家具屋が無くなっていく

儲かる家具屋が無くなっていく

小売店の倒産、廃業は、そこに商品を提供しているメーカーや問屋の売上を即その翌月から圧迫することになる


「でも、しばらくはそうでも、すぐに他のところでカバーできるのでは


確かにそれはその通り、でも例えば廃業される小売店が小規模店の場合


えっ? 小規模店は売上も少ないから、無くなっても影響が少ないのでは?


ところが違うようです、取引額が少ないということは、メーカー、問屋側も安く提供する必要が無い


言い値が通るので、儲けが多いんです


例えば弊社を例に取ってみると、ベッド専門館オープンが平成8年です


それ以前もベッドは販売していましたが、その売上など現在の15分の1程度


その当時の某メーカーの原価率は定価の62%、ベッド館オープンということで売上の拡大が見込まれ、定価の55%


その後大きく売上を伸ばしたことで、掛け率は45%にまで下がりました


つまり定価でトータル100万円とすると、最大で17万円も儲けが減ったことになります


少額とはいえ数がたくさんあり、62%で卸していた小売店が無くなり


恐らくその売り上げは55%や45%で仕入れている家具店に流れますから、メーカーも利益確保が大変になってくると思います


まぁウチとしては、ヨソへはどんどん高く入れてもらって、儲けた分はウチに安く入れてくれれば何の問題もありません


スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング