ホーム   »  メーカに苦言、提言  »  淡白な営業マン

淡白な営業マン

淡白な営業マンが増えました、草食系営業マンとでもいうのでしょうか


某メーカーが、諸事情から大量の商品を仕入れる必要がある家具店に対して、商品を提供したが


その家具店の足元をみて、大量発注にもかかわらず、ほぼ値引きせず通常価格で卸した


そしてそれはあと数回、同様の仕入れの予定がある


だから売上も利益もかなり出た、こういう情報を私は掴みました


最初、その仕入れ価格(さすがに全部ではなく一部) を聞いた時は、その家具店のバイヤーがリベートをメーカーから受け取っている


ちなみに大阪弁で言うと


ぽっぽないない


とも思いましたが、情報によるとそうではない・・・・・  単なる仕入れ下手


この話を上記のメーカーのライバルメーカーの営業に教えてあげました


私としては、彼が情報に喜び


「今すぐにその家具屋に、ウチから仕入れてもらうように営業を掛けます、もちろん○〇(ライバルメーカー)の下をくぐってでも売上を取りに行きます」


こういうと思っていましたが、彼から出た言葉は 「へぇ~、いいなぁ~ 羨ましい」


・・・・・・っておい   違うやろ


「羨ましい」  じゃなくって 「売り上げ取られて、腹が立つ  とりに行ったる」   これが当たり前


少なくとも私が彼の立場なら、そうします

 
なぜ売上を取りに行かないの  と尋ねると


「先方(ライバルメーカー)の営業と顔見知りだし、それにそんなことして恨まれるのも嫌」


・・・・・結局、ライバルメーカーの営業どうし、ヘンに仲がいいんですよね


そのくせ、売上悪い、目標数字に到達しない・・・と嘆いています


残念ながら、今の家具業界には全てのメーカー、小売店が十分に食っていけるだけの売り上げは用意されていません


食えなきゃどうするのか、あきらめて死ぬか、相手のものをブン取りに行くか、しかありません


まぁ今回の事は、結果的には先方の家具屋が有利に仕入を展開して、より安く仕入れることになるので


もうそれ以上は言いませんでしたが


それに自分は顔見知りで恨まれたくない、と思っていても向こうもそう思ってくれているとは限りませんよ・・・


もし仮にウチのスタッフが、今回の営業マンと同じことを言ったら、その場で




けん知ろう



でもそんな心配は今のところ必要ないですね


だってスタッフみんな、私より同業他店に対してえげつないですから(笑)




スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング