ホーム   »  業界裏話  »  本当の商売(あきない)

本当の商売(あきない)

あなたはこの話を聞いてどう思われますか


むか~し昔、私が子供の頃(中学生くらい)に、弊社と取引のある唐木屋さんから聞いた話なのですが


先日、その方がお亡くなりになられたと聞いて、今でも印象に残っている子供の頃聞いた話を思い出しました


お花を飾るための 「花台」 


紫檀(したん) や 黒檀(こくたん) を材料にしたもの、下の写真のようなものですね、お家にあるかもしれません


花台

唐木屋さんにお客様からこんな依頼が来たそうです


「昨年亡くなった祖父が大事にしていた花台が壊れた、思い出の品なので修理できないものか?」


唐木屋さんは品物を見た瞬間思いました 「9800円くらいの大量生産の安物」


しかしベテランの唐木屋さんはそんなことを表情には一切出さず、お客さんにこう言いました


「ほぉ~凄い品ですね、さすがはおじい様が大切にされていた品、今この素晴らしい花台を作れる職人は、ほとんど残っていないですよ~」


修理に3万円ほどかかりますが良いですか


お客さんは、そんなに良いものならば・・・・・ということで修理代3万円を了承したそうです


新品を買っても9800円、それを3万円の修理代を取るなんて酷い  そう思いますか


しかし、修理するために品物を預かり、職人に送り修理してもらい、また送り返すっていう工程は結構手間も時間もお金もかかります


それを考えると3万円は妥当な数字だといえます


この話には続きがあります、唐木屋さんは修理が済んだ花台を桐の箱に納め(もちろん実費は頂きません)


お客様宅へ自らお届けしたそうです


その際に桐の箱に入っている花台を見て、この箱はどうしたのですか  とお客さんが尋ねたところ


唐木屋さんは 「この花台を修理してくれた職人が、久しぶりに良い花台を見た、修理させてもらったお礼にと、桐箱に入れて


送ってよこしたのです」


お客さんは涙を流して喜んだそうです


もし仮に最初の段階で、唐木屋さんが 「新品を買っても9800円程度の品ですよ、修理するとその何倍も費用がかかります」


なんて言っていたら、ただのゴミになっていた可能性もあると思います


唐木屋さんはおじいさんが大切にしていた、というお客さんの花台に対する思い入れを見事にくんで


その花台を 「祖父が大切にしていた高価で思い出の詰まった宝物」 に変えてしまったわけです


なんか素敵な商売でしょ


その話をした後、その唐木屋さんは 「これが本当の商売なんですよ、若さん」 と教えてくれました


ちなみに当時の昔堅気の職人さん達は私のことを 「若」(わか) とか若さんと呼んでいました


家具屋の三代目の若さんということです


しかし私は今、若さんではなく、おバカさんになってしまいました


落ちがついたところで、また明日(笑)








スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング