ホーム   »  メーカに苦言、提言  »  アンネルべッドが見たい!

アンネルべッドが見たい!

アンネルベッドの、マイクロ3ゾーンやスタープラチナなどのマットレス


その現物が見たい、体感してみたい


お客様からよく耳にするお言葉です


弊社近隣にお住まいのお客様や、西日本にお住まいのお客様は、まだ展示店舗にめぐり合える可能性がございます


しかし、関東圏にお住まいのお客様は、アンネルベッドの展示店舗が少ないのが現状です


何とかする方法はないのか    いくつかの方法を考えてみました


一番いいのは、アンネルベッドが東京ショールームを作ること、ですが


現状では難しいでしょう


例えば、関東近郊のホテルや旅館に、格安で(例えば半額以下とか)アンネルベッドを導入してもらう


掛った経費は、アンネルと弊社で相談して負担


「現物で寝てみたい」 お客様は〇〇ホテル、〇〇旅館に宿泊して下さい、てな感じ


ホテル側も設備投資にお金がかからず、こちらからもお泊りのお客様をご紹介させていただく


マットは格安で新しくなり、アンネルと弊社が宿泊客をご紹介


しかもお客様にはお喜びいただける


これをお読みのホテル、旅館のオーナー様、支配人様、決して悪い話ではないと思います


ぜひこのアイデアに乗ってください



さて続きまして、別の案


中古の(別に新車でもよいが) 観光バスか、10tトラックを買います


はい、そうです移動ベッド館です、シングルだったら車内を改造すれば3台~4台はフレームを並べられ


マットレスは10種~15種類くらい搭載して乗せ換えて体感いただけます


もちろん

バス痛車
こんなかんじ (画像はイメージ 痛車)  


「ベッド300台」 とか 「最低価格証明」 とか 「睡眠科学研究所」 「移動ベッド館」 「他店圧倒価格」


「合い見積もり 大歓迎」  とか派手にラッピングして


普段は都内や近郊を走り、ド派手な宣伝カーとして使い


例えば、幕張メッセとかの  大きな会場でイベントが行われるときや


ベッドメーカーの日本各地のショ―ルーム前 などで前々からホームページなどで告知して


アンネルべッドの体感をしていただいても良し


気まぐれに大きな駐車スペースのあるホームセンター併設の家具店さんや、テナントを抱える家具店さんの


駐車場にバスを止め


長時間、買いものするとか(笑)


チョット話が脱線してしまいましたが(笑)


でも一番は、アンネルベッドの営業が頑張って関東圏の展示店舗を増やすことです
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング