ホーム   »  業界裏話  »  安く売れるはずが無い その④

安く売れるはずが無い その④


家具業界からの注目が集まる店外催事です、主催する家具店も意地でも成功させようとします


狭い家具業界です、「〇○家具が前回の催事で〇○円売った!」 あるいは 「大コケした!」 


噂はすぐに、当日現場にいたメーカーさんなどの口から広がります


すると主催する家具店は社員に発破を掛けます  「かならず目標金額を達成しろー


それはノルマと言う形で社員に課せられ、大きな重圧となります



ここからは私自身、修行時代に某家具店に在籍中経験したことですが


毎日毎朝の朝礼、ミーティングで数字の詰めがあり


「セール中に何人のお客さまを店外催事へと誘店して、いくらの売り上げを見込めるのか? 」


と各スタッフ個人個人が上司に報告しなければなりません


セール中は事務所や社員食堂に棒グラフが貼られ、成績不審者は食堂に入るのも憂鬱です


このプレッシャーを解消する方法が 「売り上げ伝票をため込む」 と言う行為です


これをお読みの異業種も含めた営業職のみなさん、苦笑いされている事でしょう


方法はいろいろですが、例えばセール前に実店舗に来店のお客様に


本来は10万円まで値引きできる商品をあえて 「今は11万円までしかできませんが、来週の店外催事では


10万円までお安くできます」 結局いっしょの価格なんですが・・・


そのお客様には、店外催事に来店いただいても良いし、ご来店いただかなくとも、手付け金をゼロにして伝票を隠し持ち


セール当時にあたかも売れたように画策


こんな手の込んだ手法以外にも、同じ10万円の売り上げでも、家具店上層部の「覚えめでたき」 を実現するには


伝票を切るタイミングで同じ金額でも、上司の自分に対する評価が変わる、ということを嫌と言うほど修行時代に痛感いたしました(笑)


これらのことから、催事前の売り上げは減少します


セール本番は 「〇千万円 販売 目標達成 」 なんて言ってても、実はセール前に売れていたはずの数字で


3割以上水増しされた 「大本営発表」 の可能性が高いんですよね


そして祭りの後はなんとやら・・・・・・・店外催事の後、実店舗の売り上げもしばらく減少します


こんなところが、店舗が負うリスク・・・・・・いやいや、まだまだこんなもんじゃああ~りま


せん(笑)
    次回 その⑤に続きます








スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング