ホーム   »  ここだけ抑えりゃあ あなたもベッドのエキスパート  »  ここだけ抑えりゃあ、あなたもベッドのエキスパート

ここだけ抑えりゃあ、あなたもベッドのエキスパート

その⑤    今回はシリーズの中でも重要ですよ

ベッドのマットレスやベッドフレームを選ぶ際に気をつけないことの一つに、メーカーが基本的に何処の家具店にも

提供している 「定番品」(正規品) なのかどうかという点を確認することです

一般的にベッドメーカーが小売店に提供しているマットやフレームには、大きく分けて3種類のグループがあります


①  メーカー定番品

   基本的に小売店がメーカーと取引契約を結んでいれば、規模の大小、取引額の大小にかかわらず

   何処の家具小売店でも販売可能な品


② メーカー準定番品

  あるメーカーに対して小売店が、一定以上の取引額があるところのみに特別に提供される品

  例えば年間取引額で数千万以上とか、の条件を満たした家具店のみ販売可能な品

  これとても全国に取り扱い可能な家具小売店は多く存在し、取扱家具店間での価格競争は発生します


③ メーカーとの共同開発品 (〇○家具オリジナル品)

  ある家具店で見積もりをもらったり、品名をメモして弊社なり他店に問い合わせると、時折

  その品は弊社では扱いがありません、という風に回答が返ってきます

  これは「メーカーとの共同開発品」 と呼ばれるもので、つまり展示販売しているのは、その家具店だけという品です

  さらに詳しく書くと共同開発にも色々あり、マットレスの場合①や②の品と構造中身は同じで、表面の生地の柄のみが

  違う物もあれば、そもそも内部構造自体が①や②のものと全く異なるものとがあります

  
このブログでは、この③の「メーカーとの共同開発」(〇○家具オリジナルマット) に焦点をあてて書いていきたいと思います

お話しに入る前に、そもそも①や②の定番、準定番品というのはどういうマットレスなのか

はい言葉通り 「定番品」  そのメーカーの最大の自信作、看板商品なわけです

もちろんその「看板商品」の選考にあたっては、色々な内部構造のものの中から議論に議論を重ね、絞りに絞り込んだものを

「定番」として世に出しているわけです

マットレスの内部構造なんてそんなにたくさん種類があるわけではないので

先の話のように、メーカーの最大の自信作が多くの候補の中からふるいにかけられた「定番」「準定番」であるとすれば、

じゃあもしかして定番の選考から漏れたものが・・・・・??? 可能性は否定できないですね

いろいろな全国の家具店が「共同開発(笑)」 のオリジナルマットを販売しているわけですが、その規模もまちまち

しかし例えば全国的にかなりの店舗数をもつ超大手家具店さんであっても、売り上げの総額は我々の様な数多の

中小の家具店全体のほうが遥かに大きいはず

私の考えとしては、そのような「共同開発(笑) のオリジナルマット」が、定番品、正規品よりも性能が上のはずが無い

と判断し(あくまで私の判断ですよ~) 何社からか弊社にも「メーカーとの共同開発(笑) のオリジナル」 の導入を持ち

かけられましたが、先の理由からそういったマットを販売するのはお客様に失礼と考え、ただの1枚も扱いがありません

さてここからが大切なお話し もうチョットお付き合いくださいね

③の商品の最大の特徴は 「そこでしか販売していない」 ということです

そこでしか売っていない、ということは価格の比較ができないということです

「おたくは98000円 だったけどぉ~、他店で同じものが88000円だったんですよね」 なんて価格交渉はできません

しかしそもそも、せっかくメーカーさんの最大の自信作である定番マットレスがあるのに、それをしり目に

他では売っていないオリジナルの販売に力を入れるのはなぜなのでしょうかぁ~

商売をされている方はもうお分かりですよね

じゃあ、共同開発のオリジナルマットレスはお得なのか、どうなのか

販売している家具店にお客として出向いて聞いちゃいました  もちろん買い物もしましたよ、だから失礼で無礼などこかの家具屋の偵察とは違います

その家具屋さんの販売員さんいわく

「弊社がそのスケールメリットを生かして、特別にお安くメーカーに作ってもらったマットレスなのですぅ~」 とのこと

同じお店の他の支店で聞いても、判で押したように皆さん同じ回答でした さすがは大手さん、マニュアル教育が行き届いていますねぇ~ 勉強になります

もちろん、おっしゃる通りその通り、その通りったらその通りぃ~なのでしょう・・・・・多分ね

しかし何度もひつこいようですが、他で売っていないから価格の安い高いは判断できません

いや、判断する方法は一つだけあります!!

「スケールメリットを生かして安い」 のであるのなら、③のオリジナルが安いのは当然として

その他の①や②の定番、準定番品も安いはず、そう少なくとも当店と同等かそれ以上・・・・・・・でしょ?

①も②も当店より安くて、そのうえで③のオリジナルも安いというのなら

それならば弊社も納得です

でも①や②のマットはそんなに安くないのに、③のマットだけが安いです・・・・・・っていわれてもねぇ~

簡単なことです、売り場で聞いてみてください 「これは①ですか②ですか③ですか? 御社のオリジナルマットですか?」

ってね

こちらから聞かなければあえて向こうから 「これはオリジナルです」 と言わない場合もあると思いますが

聞かれれば答えてくれますよ
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング