ホーム   »  ここだけ抑えりゃあ あなたもベッドのエキスパート  »  ここだけ抑えりゃあ、あなたもベッドのエキスパート

ここだけ抑えりゃあ、あなたもベッドのエキスパート

その①

ベッドの広さについて

日々ストレスや激務にさらされている現代人の誰もが、「寝る時ぐらいはゆっくりと」 と考えておられると思います

ひとりで寝る最小サイズのマットレスがシングル(幅97cm) 、二人で寝る最小サイズがダブル(幅140cm)で

それぞれこのサイズよりワンサイズ大きい、セミダブル(幅120cm)、ワイドダブル(幅150~152cm) くらいが

少し余裕を持ってお休みいただけるサイズだと思います

もちろん広くゆったりと寝るに越したことは無く、ご夫婦一人ずつダブルを二台お求めされる方もおらます

ですので寝室の広さとご予算に応じて、できるだけ広いベッドを選ばれると良いと思います

よくインテリア雑誌などで部屋をスッキリと、圧迫感がどうの・・・・・・と知ったようなことを書いているものがありますが

寝室は基本的に寝るためだけの部屋、もちろんインテリアやテレビなどを置くスペースも必要かもしれませんが

ベッドは置いてしまうとどちらにせよ、で~んと存在感があり、多目的で使用する部屋ならばまだしも

寝室であれば圧迫感よりも寝る際の広さ優先の方が良いと思います

お二人で使用されるサイズで最も売れているのが、ワイドダブルサイズ で、そのためかベッドフレームなどの種類も

最も充実しており、残念ながらワイドダブル(メーカーによってはクイーン1サイズ)を超えると(クイーンサイズやキングサイズ)

ベッドフレームの種類、選択枝が極端に減ります  クイーンで激減、キング(180cm幅) などはほとんどな
いと言えます

もちろんスペースが許せばという前提ですが、キングを選択してフレームで困るのならば、シングル2台にした方が

それこそ迷うほどの種類のフレームと、一番数が出るサイズと言うこともあり、価格もこなれたものが多くあります

シングル2台だとマット継ぎ目の部分が気になる、という声も聞きますが

ベッドパットを大きな1枚で作ったり、センターパート(継ぎ目の部分をふさぐ) なる便利なものもありますので

それほど気にならないと思います
スポンサーサイト
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング