FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言
Category | メーカに苦言、提言

名前考えるの、めんどくさいの?

サータにまた (ややこし事この上ない) 新マットレスが発売されました その名も


サータポスチャーベーシック7.7 Fー1ーP と

サータポスチャーベーシック7.7 Fー1ーP ソフト

最後に 「ソフト」 が付く以外は、同じ名称


ちなみに 「F-1-P」 とはパラレル、並行配列のマットレスを指し、対して 「Fー1ーN」 はノーマル、交互配列のマットレスを指します

相対的に 「N」 に対して 「P」 はバネ数が少なくなるため 「ソフト」 になります


だからこの2種のマットレスのネーミングは、全く持って紛らわしい(怒)


しかもマットレスの名称は酷似なのに、内部構造は全くの別物


一体何を考えてこの名前にしたのでしょう  理解に苦しみます


いや、ハッキリ言えばばか だと思います


しかし、このマットレスがおかしいのは、これだけではありません


前者のサータポスチャーベーシック7.7 Fー1ーP は発注時に、3種類の生地柄の中から選べるのに対し


サータポスチャーベーシック7.7 Fー1ーP ソフト は生地柄の選択ができずに、一種類のみ


まさにはぁ~? と言う感じ


このマットレスが絶望的に紛らわしい証拠に、こんなことがありました


メーカーの商品部にサータポスチャーベーシック7.7 Fー1ーP ソフト (生地柄の選べない方) を発注したところ


返信のFAXで、 「生地柄を3種類からご指定して、発注してください」 と言う返信が来ました


こちらが  「このマットレスは生地柄が選べないタイプのマットレスなのでは」 と返信すると


多少イラついたような文面で再度 「生地柄を三種からお選びください


だからぁ~ このマットレスは生地柄選ばれへんちゅーねん


自社の商品だけを日々扱っている、当のメーカーの商品部の人間が間違えるマットレス


それ以外に多数のメーカーマットレスを扱っている家具小売店、普通の家具店の何十倍もサータのマットレスに詳しい我々でさえ


「紛らわしい、イラつく」 と感じるこの2種類のマットレス


果たして全国のそのへんの家具屋の販売員さんが、間違わずに好んで販売してくれるでしょうか


私は商品の取り間違い、出荷ミスなどトラブルが頻発すると断言できます   売れずに廃盤かもしれんけど(笑)


ひょっとして、名前考えるのめんどくさかったの

昨日のブログの反響にビックリ

びっくりです


昨日の昼の1;時37分にブログをアッフして、現在午前9時10分


僅か20時間足らずで、昨日のブログに 拍手数 44個


見てますか アンネルベッドさん、東京スプリングさん


これは消費者がそう望んでいる、と言うことの証


それでなくても、全日本ベッド工業会がなんらかの意図で


マットレス内部の情報公開をしなくなった


うがった見方をすれば 「いくら手を抜いても、いくら安物の部材をつかっても

消費者には分からない(バレない)」



当然、水面下では全日本ベッド工業会の加盟メーカーにおいては、内容表示のルール変更について


反対するメーカーもあったとか


ここではあえて、どこのメーカーが反対して、どこのメーカーの意向が通ってルール変更になったのか は問いませんが


アンネル、東スプだけに限らず、ルール変更に反対していたメーカーさん


いまこそ 自分だけいい子ちゃんになる時です  マットレスの表示タグには表記できなくっても


カタログや店内ポップなどに書きゃーいいんです


ブランド幻想をすべて否定するわけではありませんが、少なくとも最低限それに伴う性能、品質のものを売ってください


品質良くない でもどこよりも高いなんて最低、最悪ですよ


優良ノンブランドが有名ブランドに勝つ方法

大阪のベッド館、東京 五反田の弊社 ショールームには、様々なマットレスの 「現物をカット公開したもの」 が


複数枚、展示公開してある


改めて思うのは、内部の部材のコストの高い安いと、メーカーの設定した 「定価」の高い安い とは比例しないという事


すでにブログに何度も書いているように、某有名メーカーの定価16万円くらい(実売価格13万円くらい) のマットレスと


優良ノンブランドの実売価格 6万円ほどの中身が、ほとんど変わらない・・・・・というか6万円のほうがよい部分がある


その事実が、現物と販売員の説明で補足したうえで、十分ご理解いただける


これをメーカーの方で、数値化できないものか  


例えばよくメーカー(優良ノンブランドの方) が私に対して口にするのが


「このウレタンは品質が良く(例えば比重50) 、某S社の使用している比重20~25のものと比べ、シングル換算で1万数千円くらい違います


・・・なるほど、じゃあそれを数値化して消費者にアピールしてはどうでしょうか


さすがにメーカー名を(イニシャルにしても) 名指しで、コストがいくら万円違います とは言いにくい


でもウレタンや、バネ材、生地などは、有名、無名ブランドを問わず、部材メーカーから購入しているはず


じゃあ 「当社比」 でいいじゃん


それも金額差は露骨すぎるとしたら、 「パーセンテージ」 で


「このマットレスに使用している比重50のウレタンは、比重20のそれより、約コストが○○%ちがいます  (当社比)」


バネ材、生地のコストについても然りです、全てパーセンテージ (当社比) で


部材を仕入れている取引部材メーカーは、各社様々(かぶっている場合も) 当然力のあるメーカーは大量に仕入れるので


割安で仕入れているはず (その分を価格に転嫁せず、さらにボッている(笑))


しかし低コスト → 高コストのパーセンテージ比較は、例え部材メーカーが違っても、仕入れる量が違っても変らないはず


これは、商品ごとの価格差 (なぜ同じメーカーのAのマットレスとBのマットレスの価格が違うのか) をきっちりと理論立てて説明できる


優良ノンブランドにしかできないことです


もう価値もなく「低性能で高価格」 がメーカーが、そのブランドイメージだけで、中身が数千円しか違わないマットレスに


5万円以上の価格差をつけて販売する時代は、いい加減終わらせなければなりません(現物が弊社の大阪に公開しています)

このブログを読まれて、その通り と思われる方は、下の 「拍手」 にクリックを

















言語道断!! ご注意を

お客様にご注意を申し上げます!! いまだに被害を受けられる方がおられるようです

まずは下の2枚の写真をご覧くださいませ

なんちゃってシグマ

この二枚のマットレスは、外観は生地柄、縫製方法まで全くの同じです


下の写真は、アンネルベッドの人気商品 スタープラチナ シグマ ネオ  シングルで99800円 送料税込み価格で販売中です


上の写真は、同じくアンネルベッドのМFIーAD001 という全くの別物です!!


これを何と   「スタープラチナ シグマネオと同じ」


と説明して、新井家具より安い と販売しているようです


まぁ稚拙な他店の販売員のこと、無知からそういったのかもしれませんが、まさか知っていて悪意でそういったのなら問題です


そう説明を受けた覚えのある方は、今すぐ返品しましょう


この二種は、外観と内部のスプリング配列は同じです


しかし、ウレタンの比重が圧倒的に違い、性能、耐久性は大きく違います


МFIーAD001は比重20のウレタン、スタープラチナ シグマネオは50のウレタンを使用しています


もちろんコストは大きく違いますから、他店が弊社より安く販売できるのは当然です


どうやらシグマ 99800円に対して、МFIーAD001は95000円くらいで販売しているみたいです


コスト安から、そっちの方が儲かるやん



ちなみに弊社価格 МFIーAD001は 79800円 送料税込み価格



実は何度かブログ等でお客様には警告を差し上げていましたが、知らずに他店でシグマと同じと、この


なんちゃってシグマ であるМFIーAD001を購入されたお客様


ちゃんと 「シグマと違う」と説明を受け 納得の上購入された方ならばよいのですが


間違った説明、またはお客様に誤解を生じさせるような説明を受けて購入されたのであれば


今すぐ返品してお金返してもらいましょう


そのうえで弊社に 「本物のスタープラチナ シグマ」 を注文いただくもよし


ボッタくりで買わされたМFIーAD001 の返金で弊社で改めてМFIーAD001を安価でご注文いただき


差額で外食でも


まぁ一番の問題は こんなマットレスを造るメーカーです せめて生地柄だけでも変えろ

東京ショールームもっと広いとこにすればよかった

たった今、弊社の東京ショールームから悲鳴に近いメールが来ました

以下原文のまま

「ひぇ~  只今ショールーム内、15人のお客様がマットレスを体感中です、ベッドが足りません


東京ショールームのベッドの展示台数は20数台だけ(笑) 駐在員一名(笑)  私が言うのもなんですが


凄い集客力!!  たった40坪のショールームに所狭しと20数台


そこに15人の方が寝ておられる・・・・・例えは悪いですがまるでその様は  「最前線の野戦病院(笑)」


前にも書いたように、東京ショールームに並んでいるベッドメーカーは、アンネルベッドと東京スフリングの二社だけ


当然ご来場のお客様もそのことはご存知です


アンネルベッドさん! 指をくわえて見ているだけ?


ハッキリ言って、他の家具店に派遣している応援販売員を、今すぐ呼び出して弊社ショールームに立たせるべきです


大手の家具店にも多くのお客様が来られると思いますが、待ち構えるベッドメーカーの派遣スタッフも5社くらい


しかし!! 弊社のショールームに来店のお客様は


み~んなアンネルと東京スプリングを見に来られているのですよ


まさに他メーカーに邪魔される事なく、自社の独壇場  じゃないですか


かなりアンネルの上層部の方はお忙しいと見えて、個展の際も

なかなかお会いできない
  ちょっと前なんか7名で行きますね・・・と言ってもお会いできなかった

やむなくブログでお伝えしますね

東京ショールームそんな状況です   以上



プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング