FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言
Category | メーカに苦言、提言

アンネルに開発依頼

アンネルベッドの人気商品 「スタープラチナ シリーズ」 の4種


このマットレスの性能を、大幅に低下させたものを発売してはどうか[emoji:v-236 という提案をアンネルの大阪所長にしました

 
はい、確かに 「大幅に低下したもの」 と言いました   聞き間違いじゃ無ですよ(笑)


スタープラチナシリーズは、某有名メーカーのマットレスを参考に 「遥かに高性能、高品質」 で 「より低価格」 


を実現したモデルなのですが


簡単に言うと、ものが良すぎるのです


弊社ベッド館やアンネルの趣旨を、よくご理解いただいているお客様はスタープラチナを選択されますが


ブランドイメージの刷り込み あえて洗脳と言う言葉は使いません(笑) は強く


「遥かに高性能」 と言う部分を飛ばして考えれば、そのブランドマットレスとスタープラチナに、大きな価格差はありません


「そんなに価格が違わないのなら、ブランドマットレスの方を買う」 とおっしゃるお客様は珍しくありません


じゃあスタープラチナシリーズはそれとして置いておいて


スタープラチナの品質、性能とコストを下げたマットレスを販売すればいい


具体的には、スタープラチナのバネ数そのままで、バネの線径を細くします、そしてバネの巻き数を半分にする


ウレタンも高コストの高比重50の使用をやめる


もっと徹底するならピアノ線のバネ材もやめちゃいます


・・・もうお分かりの方もおられると思いますが、そう有名ブランドと同じくらいの性能品質、そしてコストのマットレスを作るんです


だいたい3割以上はブランドマットレスより安くなるはず


後はお客様に①~③を選んでいただく


① 「性能は平凡ですが、有名ブランドの高額マットレスとほとんど同じで、3割以上も安い」


② 「遥かに高性能で高品質、しかし価格は有名ブランドマットレスと大差がない」


③ 「いや、それでも有名ブランドマットレスを選ぶ」


お客様の価値観に合わせて、ウチはどれが売れてもいいです


現在、そのスプリングユニットを製造していない、などあらゆる問題点はあると思いますが


アンネルの大工場長さま  なかなかお会いできる機会が無いので、前代未聞のブログでの商品開発依頼です





逆に目立つ?

うちのメーカー名は小さく控えめにお願いします


あるメーカーからそう言われている、と前回ブログに書きましたが


例えば  こんなセール告知はどうでしょう


大セール対象メーカー

ドリームベッド(サータ、ルフ)
アンネルベッド
フランスベッド


日本ベッド

東京スプリング
ゲルテックス
シーリーベッド

※ 文字の大小とセール内容になんら違いはありません(笑)


もちろん、例えばの話で、日本ベッドさんは 「できるだけ小さい文字で」 なんてことは言いません


しかし前回ブログに書いた、小さい文字で・・・のメーカーさん


出来るだけ小さい文字を遵守すれば、かえって目立ちのますぜ


特にブログ読んだ人は 「小さい文字には何かある」 と考えて、逆に問い合わせ増えたりして


まぁそうなった場合、ウチが一番安いのでバカ売れするかも


でも怒っちゃだめよ、小さい文字の約束は守っているんですから


やっぱり、何センチ角、紙面の何パーセントまでと、書面で提出してくださいな

サータの新カタログを見て感じたこと

「サータの新カタログを見て感じたこと」


マットレスの部材などについての説明が、かなり簡略化され淡白になった


例えば 「バネの線材について」


以前までは、サータに使用されているバネ材はこれこれこういう部材で、どういう部分が、またなぜ他メーカーより優れているのか

について実に文字数約800字にわたり、詳しく書かれていた・・・・・が


新カタログには、それについて実に70字あまり  10分の1以下


「よいもの」 とは書かれているが、なぜ、どう良いのか と言う部分がすっかりなくなっている


もっと酷いのは、安全性を追求した難燃性素材 「ファイヤーブロッカー」 について書かれた文章


以前は燃焼実験の写真を6枚も掲載し、そのメカニズムや必要性などについて実に数千文字数


こちらもバネ材同様、新カタログでは80文字程度と淡白


これって 「我がサータは知名度もブランド力も向上した、いまさらくどくどと説明する必要なし


と言う慢心 ・・・・・・それならばまだよいのだか゛


あの 「低性能 高価格」 のクズメーカーが、内部構造や部材などの情報公開を少なくし


それによるコストカットで逆に大きな利益と売り上げを上げている、それを横目で見て・・・


朱に交わればなんとか・・・・・・  ではないと信じたいが、果たして  私の考えすぎ

令和初の新年のメーカーへの要望

駄目もとで新年のあいさつに来られたメーカーさん達に、令和新年最初の要望をいくつか出してみた


沢山あり、メーカーによっても要望は異なるが、掛け率(原価率)の引き下げが一つと


あと一つは 「弊社東京ショールームでの、各メーカーの商品展示」


理由は以前にも書きましたが、弊社の東京ショールームのオープン時


「絶対に・・・一生のお願いですから、ウチの商品を東京ショールームに展示しない゛下さい


それを行うと、東京の既存の家具店から、メーカーに対しての苦情という名の 「泣き言」 が殺到することは必定


弊社の 「最低価格」 のブランド商品展示をご覧になって体感できない、東京のお客様は本当に可哀そう


そしてメーカーはこうも付け加えました  


「展示してくれたら、爆発的に売り上げが上がるのはわかっているのですが


しかしそれでいて、「何とか売り上げを上げて、他店の売り上げ落ちこみ分をカバーして欲しい


そんなもん知らんわい  勝手な事ヌカスナ


大砲があっても、タマ、実弾が無い事には、敵の陣地は奪えません


それとも弊社得意の 「ゲリラ戦法」 でも期待しているの


要はメーカーは 「新井家具がそんな事しているのは、今の今まで知らなかった


という他店に対しての言い訳が立てばよいわけで、ゲリラ戦法かぁ~


あるにはあるけど・・・それにはやはりメーカーさんの協力が必要になります


・・・・・今度はメーカーさん達と話してみよう


東京ショールームにブランドメーカーを展示せず、メーカーはあくまで 「善意の第三者」 という体を取ってもらって


そのうえで売り上げを関東圏からブンどれる


・・・・・・あるわけないじゃん  そんな方法、あったら教えて


東京スプリングの二つの新作

来週1/15から、福岡大川で家具の新作発表展示会が行われます


年4回開催のこのイベント、弊社もほぼレギュラーで参加しています


年頭の大きな展示会の一つと言う意味で、普段展示会に足を運ばない家具店も、新年のあいさつを兼ねて


沢山参加されるようで、すでにホテルなどの空きが無くなってきています


私も行く予定ですが、私の一番の興味は東京スプリングが出展している二つのマットレス


「エニグマ」 と 「トリプルデッカー」


エニグマの方は大体の情報、ある程度の内部構造はすでにつかんでいるのですが


「トリフルデッカー」  はて・・・ ダブルデッカーと言うのはその存在を知っていますしたが


トリプル  ダブルがトリプルになるだけで、なんか意味あるの クロスカウンターでもあるまいし(笑)


まぁ同メーカーのこと、何かしらの意味があるのかも しれませんが


メーカーのブログに 「ある販売店の要望で」 とありましたが


私が懸念する点は3つ


一つは、恐ろしく重いのでは  単純にバネを三層に重ねるわけで、シングルならまだしもダブルとかは人力で運べる


今一つは、メーカーか本当によいもの と考えて作っているのか と言う点


「ある販売店の要望で造った」 のであれば・・・・・・どうなのでしょう


私がベッド館をオープンして20余年、トリプルデッカーなんて初めて聞きました


ダブルデッカーですら、採用メーカーこそ一部ありますが、決して主流になっていないのに・・・


最後に、作る手間はおっそろしくかかる  それがどこまで価格に反映されるのか


もし高額になった場合、当然それに見合うだけの性能なら、高額の価値はあると思いますが・・・果たして


東京スフリングさんのこと、私の知らない秘密の高性能構造なマットレスなのかもしれませんから


よく説明と内部構造、理論を理解して 「本当によいもの」 であった場合


素直に無知を詫びたいと考えています


くれぐれも 「奇をてらったマットレス」 耳目を引くための品ではないこと祈っています
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング