FC2ブログ
ホーム   »  メーカに苦言、提言
Category | メーカに苦言、提言

器用貧乏になっていないかい?

ブランドベッドメーカーは、メーカー直営のショールームを持っているところが多い


その中でお客さんの受けが最も良い、と思われるメーカーが 「日本ベッド」 です


「色々メーカーのショールームを回ったけれど、一番詳しく丁寧に教えてくれたのは日本ベッドでした


お客さんのこんなお声が一番多い・・・・・・  どこのメーカーも丁寧に説明していると思われるのに、日本ベッドの受けがいいのは


なぜなのだろう  分析してみた


それは  ズバリ、マットレスの種類が少ないから


他メーカーが50も100種類もマットレスを有しているのに対し、日本ベッドはシルキー(ハード、レギュラー、ソフト)


シルキーパフ、シフォン、ピロートップシルキー 他2種の計約6種のみ


他メーカーのショールームでは狭すぎて、全てのマットレスを展示できないが、日本ベッドはすべて展示している点が一つ


またショールームで対応するスタッフも、基本的にその6種の情報のみを頭に叩き込んでおけばよく


他メーカーのように種類が多すぎると、「はて そんなマットレス、ウチで扱いあったっけ


などと、商品ご指定のお客さんにトンチンカンなご案内をしたり・・・・・・・これホントの話です


あれも、これも、どれも、それもと欲張ってマットレスアイテムを増やしたはいいけど、お客さんにご案内の的が絞れない


その点日本ベッドはまさに6種しかないわけで、不利に見えるアイテムの少なさが、逆に有利に働いているのかも


空手も柔道も剣道も万遍なく習ったものが、ボクシングだけを集中して習ったものにKОされるってなかんじ


人間の習得能力も限界があるし、時間も無限ではありませんからね


これはマットレスやフレームだけではなく、ベッドメーカーが販売しているパットやシーツなどでも


他メーカーはほとんどありませんが、日本ベッドはショールームでキッチリ説明するためか、指定買いのお客様が多い


これもマットレスの種類を絞ることで、寝具までキッチリ説明する時間が取れる、という事でしょう


商品的には他メーカーに比べて、特別優れているわけではない日本ベッドですから (もちろん良いマットですが)


他メーカーさんも、そのへんを念頭に入れればどーでしょーか



たまにはいいこと言うでしょ? 私
スポンサーサイト

カリモクさんに提言?

若いスタッフから 「うちは天然木の一枚板のテーブルは販売しないんですか」 と聞かれました


どうやら他店で月に30枚くらいこの天然木 一枚板のテーブルが売れていると誰かに聞き


しかもそのエグイほど大きな利益率を聞いて、「じゃあウチお得意の、一枚板を大安売りしたら売れるのじゃないか


と考え、私に意見具申してきたようです


確かに一枚板は、定価もなくお客さんが高い安いの判断ができない商品・・・・・という事はやり方次第でボッタ・・・じゃなかった


大きく儲けることができます、ですから同じ程度のものを10万円で販売している業者もあれば


それを40万円 で売っているところもあります しかも40万円のところの方が売れている


ですから一枚板を購入するお客様におかれては、時間をかけて情報を収集し、決して衝動買いや一目ぼれで


買ったりせず、見極め(難しいですが) てから決断すれた方が良いと思います   まぁお金持ちの方はこんな話にも


聞く耳持たず 「うん200万円か、よし買った」  となるんですが(笑)


一枚板と同じような感じで、家具屋が販売価格を高く売ろうが安く売ろうが、お客さんには判断が難しい商品がありました


それは座敷机です、今ではあんまり売り無くなりましたが、昔は一家に一つ、花梨だ紫檀だと張物じゃなく


板物(無垢の) 座敷机がありました


さっきの一枚板と同じく、10万円で売るところもあれば、同じクラスのものを40万円で・・・・・


家具屋にとってはかなり儲かっておいしい品・・・・・・ところが、これを台無しにしたメーカーがありました


カリモクです、ダイニングテーブルから始まったカリモクは、次第にブランド力を上げ、ソファー、箱物とアイテム数を増やしていき


そしてとうとう座敷机まで扱い始め、カタログに掲載するようになりました


すると今まで実売価格で30万円くらいで取引されていた座敷机が、品番○○○ 定価20万円とかでバーンとカタログに掲載され


そうなるとこれまで定価という概念が曖昧だった座敷机に、「ブランドメーカーの定価」 がつけられるようになり


小売店は上限が20万円に制限され、しかもそこから他店との値引き競争となり、座敷机は以前ほどおいしい品では


なくなっていきました


‥・・・という事は、カリモクさん   この際、一枚板のテーブルも定価付けてやったらどうです


カリモクの定価で上限を決めると、お客さんも買いやすくなるし、ボッタくりの被害に会う方も減る


カリモクは儲かる・・・・・ただ今それで儲けまくっている家具屋からはボロクソに言われると思いますが


カリモクさん、一枚板は同じものが二つとないので、そのへんが定価設定するうえで難しいですが


もしやれば、お客様からは大絶賛を浴びると思いますよ  あとはウチは責任おいまへんけど(笑)

廃盤希望します

どこのメーカーのこととはあえて書きません、書きませんがメーカー当事者は、読めばどこのことかわかると思います

マットレス、言わずと知れたベッドメーカーにとって最も大切な商品です

フレームの数が売れるより、マットレスが売れるほうがいいというメーカーも多いです

そう慈善事業でない限り、最も大事なことは 「売れる事」

いかに市場が欲しているものを敏感に感じて開発するか   そんなことわかってる

いやわかっていないから書いてます(笑)

今回の新商品、ウチのスタッフの誰もが 「カタログ表記が間違っているんじゃない」  そう言いました

私も初めて商品カタログを見たとき、同じことを言いました   何のことかわかりますよね

価格設定も含め、そこにはストーリーも整合性も感じられません

だから弊社は積極的には売りません

何かがおかしいんじゃないでしょうか

何度も現場の人間には意見具申していますが、一向に現場の意見がフィードバックされる気配すら感じません

エラそうにふんぞり返って 「数字を作ってこい!」 もいいけど、同行して現場でも視察してみたら

誰に言ったらいいのかわからんけど・・

多分同じこと言う他店バイヤーも多いはずです、今からでもあのマットレスは廃盤を希望します

まぁウチは別におたくのマットレスが売れなくってもあんまり困りませんけどね



これで変わる・・・かな?

ネット販売と実体店舗の両方を行っている家具店にとって


それぞれそこで売れる商品群が異なる、という事は経験しておられるはずです


弊社においても、ネットでは売れるけれど、店頭ではほぼ売れない、またその逆もあります


アンネルベッドのマットレスなど、弊社の店頭においては高価格帯のマットレスがドンドン売れますが


ネットにおいては、アンネルの低価格帯は売れるものの、高価格帯はそれほど数は売れません


それはやはり 「現物が確認できないから」  


何度も書いたことがありますが、稚拙な商品知識の販売員には説明の難しい 「ノンブランド」 より


価値があろうとなかろうと、とりあえず有名なブランドの方が、販売が容易に行える


結果、アンネルの低価格は展示する家具屋が多いが、高価格帯は展示しない・・・見れない、だから弊社もネットで売れない・・・


こういうことだと思います


ただ最近、「関東圏でもアンネルの(一部高価格帯) マットレスが体感いただけるようになりました


とブログに書いた途端、「どこですか」 というお声がかなり寄せられ


「何かが変わるきっかけになるのでは」 と考えています


まぁ本音を言えば、あと5年・・・いやせめて2年早ければとは思いますが

ドリームベッド展示会には、二度と行かないです

行ってきました、広島県ドリームベッド本社で行われた 「新作発表展示会」


昨年の同展示会において、800万円超の仕入れを行いましたが、今年はそれを上回る1000万円超の仕入れを行いました


ちなみに原価でです  そしてほぼ全部売り先は決まっていて、展示&在庫分として仕入れたものは


そのうちの200万円ほど、これもすぐに売れると思います


まぁ、これくらい仕入れると恥知らずな行為をしなくても、普通に安くしてくれますよ

聞いてます?
 


日本には 「恥の文化」 があり、天が、人が、己が見ているとして、人に笑われるような行為はしない


というメンタリティーがありますが、残念ながらそれを持ち合わせていない恥知らずな人間がある、残念です


話をドリームベッド展示会に戻します


1000万円を超えましたが、今後、ドリームベッドの展示会には参加しません


二度とドリームベッドの展示会に行くことは無いでしょう


少なくとも、今回の事情説明を聞き、納得するまでは


前もやったでしょ?   私が目にしたのは今回で2回目  ひょっとしたら毎回やってるんじゃないの?


ドリームベッドとして、どんな決着をつけるつもり


あの場にいた他店のバイヤーさんも、怒っていましたねぇ~  あの後アンネル行ったら


「また○○〇がやったんですか」   開口一番に聞かれましたよ


「えっ  なんで知ってるの」    


ドリームの後、アンネルに行った家具屋が怒りながら口々言ってたそうです(笑)


みなさん、黙ってることないですよ、怒るべきです


知名度上げましたね○○〇家具さん







プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング