ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

比較広告でガッチリ!!

確か日本では許されていないと思うのですが


何のことかと言うと 「比較広告」


アメリカなどでは比較広告の一種だと思うんですが、結構ウイットに富んだ、しかしドギツイテレビ広告などをやってますよね


有名なペプシコ―ラのCMで、小さな男の子がコカコーラとペプシコーラ―の自販機の前に立っています


ところがペプシの自販機はお金の投入口が上の方についていて、男の子は背が届かない


そこで投入口の低いコカコーラの方にコインを投入、コカコーラを2本ゲットします


「あれ ペプシの宣伝なのに?」 とこちらが思っていると、やおら男の子は2本のコカコーラを踏み台に使い


ペプシの方にコインを投入、満足気にペプシを手にして去っていく・・・・・しかし踏み台につかったコカコーラはそのままほったらかし


これ日本で同じCMやったら、法的にどうこうもあるかもしれませんが、ヒマな視聴者が 「倫理に反する」とかなんとか


すぐに放映自粛に追い込まれると思います  実際自粛になったCMって結構多いみたい


・・・・・と思ったら、ネットの番組 DHCシアター で  サプリのミカタ  というのをやっているのを見かけました


番組内でなんと、究極の比較広告とも言うべきか


サントリーやその他のサプリとDHCのそれの原価率と成分を比較し、他社に比べていかにDHCが「高品質 低価格」 なのか


猛烈にアピールしています


詳しくは番組を見ていただければと思うんですが、例えばおなじグルコサミンのサプリで


他社(実名挙げて) は販売価格自体も高い、成分も少ない、価格に占める原価率も低い


つまり 「設けた分は、宣伝広告費に回して知名度を上げ販売している」


しかしDHCは、成分も良く、価格も他社より安く、しかも価格に占める原価率が高い


余分に儲けず、良いものを安く販売している  という手法を変えた、しかも強烈な宣伝広告ですね


他社は 「高価格  低性能」・・・・・って、どっかで聞いたような


そう、ベッドもありますよね  「高性能 低価格のメーカー」と 「低性能 高価格」 のメーカーが


ベッドの分野でも、このDHCシアターの様に 「比較広告番組」が可能ならば


東京スプリングやアンネルベッドの売り上げは、すぐに2倍くらいに成るんじゃあないでしょうか


まぁ私のブログやHPで、色々な情報を発信していますが、まだまだです・・・・・


比較と言う意味では、お客様にお送りするメールに  「高性能 低価格のメーカーの6万円くらいのマット」 と


「低性能 高価格 メ―カ―の13万円くらいのマット」  この両者を細かく分析比較、デ―タをお知らせし


「実は6万円の方が勝っている」 という事実をお知らせしています・・・まぁそれでも所詮は月に50件くらいに対してですから


送って読まれた方はほぼ全員ご納得されますけど


ネットで実名で放送する方がインパクトと効果は凄いでしょうね


どうですか? 両メーカーさん・・・・・・・・でもできないでしようね、メーカーどうし上層部は変に仲がいいですから


末端の営業マンには、他社を駆逐するように発破をかけてるのにね


よく昔の人が書いた 「商人心得10カ条」 みたいなもんに、「商売敵とは懇意にして、親しくせよ」 みたいなこと書いてますけど


私はそうは思いません、ぜんぜん


商売敵と付き合い、情報の交換やアイデアを盗め、と言うことなんでしょうけど、そんなもん異業種の人々からでも吸収できるし


ネットや本、そして一番は現場でお客さんの生の声を聞けば十分です


逆に親しくなることで、どうしても 「敵」 という意識が薄れ、同志とまではいかないまでも、手心を加えてしまうと思います


私やさしいですから


上が妙に敵と慣れ合わず、闘争心むき出しの姿をみれば、末端の営業まで火の球となってくれます


入社当時は、「他店の成約客をキャンセルさせて、ウチで買っていただくなんてこと、やってもいいんでしょうか」 


なんて甘えたこと言っていた弊社本館の小挽君、しかし彼も入社3年を経て


先日の日曜、近隣の家具店が一生懸命説明して、見積もりしたお客様、それを 「ものの数分でひっくりかえしました


と満足げに報告してきましたから、人間変われば変わるものです  ベリーグッド


ベッド館のスタッフにしても最近私が 「それはやりすぎやろ」 と制止するようなえげつないことを


他店にやってます・・・・・だれに似たんだか


やったらやり返される、以前はよく近隣からもやり返されましたね


そしてまたその3倍こっちがやり返す    そうこうしているうちに、あんまり反撃されなく成りました


な~んか、つまんない   ・・・っていうか息してる?

スポンサーサイト

高もん買いの銭失い

ショッピングモールなどに行くと、何処でもインテリアショップがテナントに入っています


食料品調達に足を運んだついでに、勉強のためにこれらのショップを見ることも多いんですが


結構お客さん入ってますね、小物、雑貨とからめて、まぁ演出も上手いので売れていると聞きます


このあいだの休日、自宅用の家具を見るため、弊社スタッフと一緒に、某インテリアショップに行きました


もちろん同じものが弊社でも購入できるので、見るだけです


すると店員の一人が声をかけてきました


「新井社長ですよね」  


「はい、そうですが・・・」


ショップ店員さんと思いきや、接客応援に来ているメーカーの人間でした


私は自宅用の家具を見に来た事を説明し、ある一つの商品を指差して


「これカッコイイ、これ買おうかなぁ」


すると彼は  「えっ? ココで買ったら定価販売ですよ! 御社なら・・・」


そうです、そのショップで販売しているほぼ全ての品は弊社でも販売可能で、最低でも30%くらい安い


「あぁもちろん自社で買いますよぉ」   当たり前です


でも脇を見ると、商談中  


キャンペーン中で、〇〇がついてきまぁ~す


はい、めでたくご成約    おいおい・・・・・てかキャンペーンでプレゼントって ウチで3000円で売ってるもんやんか


25万くらいするもの販売して(定価販売)、3000円のもん差し上げて、それで成約


「えぇなぁ~  羨ましい」


だって先日弊社本館で、同じ品を175000円 で販売、採取的に値引き交渉で170000円で販売しましたよ


「このお客さん、その事実を知ったらどんな顔するのかな」  って思ったら


しげしげとお気に入りの家具を購入された幸せそうなお客さんの顔に見いってしまいました


だって差額8万円ですよ  8万円


幸せそうなカップル   「これも欲しいけど、今度の楽しみにしょっか


「あぁ  ウチやったら今すぐそれ買えますよ! 差額で!」   


言いたい・・・・・・・言いたい・・・・・・言いたい・・・・・・でもできない


思わず、 「ウチやったら3割以上安いよって、言ってもいい


そんなもんダメに決まってるじゃないですか  温厚そうな彼の目が、一瞬鋭く・・・


これ以上そこにいると、ストレス死しそうなので、同行した弊社スタッフ コピッキーと飲みに行きました


これをお読みのお客様


他店さん、特にショップ系のお店でお気に入りの家具があっても、すぐに買わないで


おにがいですから、弊社本館までお問い合わせください

新井家具 本館 はコチラ


俗に 「安もん買いの銭失い」 と言いますが、高もん買っても銭失いますよぉ  それにそっちの方が失う額が大きい



突然売れだした・・・

私がベッドを買い替えた、という記事を書きました


ブログに書いたのが7/29のこと、つまり2週間ほど前


この間に、サイズこそ違え同じベッドが三人のお客様に4台も買っていただきました


まぁ個性的なフレームではありますから、それまではせいぜい月に3台くらい


本日もまた別のお客様から 「ブログ見ました」 


皆さんそうです  「ブログ見ました」  そしてそのあとに 「ダブルクッションから変えて、寝心地変わりました?」  です(笑)


皆さん、熱心に私のブログを読んでいただいている、うかつなこと書けませんね  うかつなことだらけ(笑)


ポケットコイルポトムから変更して、感覚的に確かに変わりました


ポケットポトムの場合、端の部分が木製フレームの様に硬く受け止めないので、その辺が変わった感じ


別にそれまでも端の部分がどうだということも無いですけどね


アワーグラス自体、マットの性能がスパ抜けているので、絶対にダブルクッションでなければ・・・と言うこともありません


あとはセミダブルからクイーンに変わり、広くなったのでその辺は快適ですね


でも、ポケットコイルポトムの時は、性能にうったえかけるものですから、「同じものを」 というお声はある程度予想していましたが


個人の主観で好みが分かれるベッドフレームは違うと思っていましたが


自分でも売れ行きにビックリしています


と言うことは、天下の〇〇〇〇のベッドでも、私が使用しています  太陽が西から上ってもありえへんけど
バカボン あっ! たいへ~ん!

ってブログに書くと、〇〇○〇の売上上がるのかな


ねえねえ、天下の低性能 高価格メーカーさん!  謝礼代わりにタダで10枚くらいマットレスもってきたら


「今私、〇〇〇〇で寝ていまーす」 ってブログ書いてやってもいいぜぃ


もらったマットレスは・・・・・そうですねぇ~  定価の30%くらい 7割引で売っちゃおうかな


世のため人のため・・・・・・・・と思ったけど、7割引で売っても、結局は品質から言うと、適正価格に過ぎないですから


やっぱり・・・・・・同業他社にやすぅ~く卸しますね   自分では売れません 良心の呵責に耐えかねて、病気になると思います


そして得た利益を値引きの原資として、「本当に価値あるマットレス」をお安く提供


これでいいのだ

海賊と・・・呼ばれたい男

日本野球界の長老 野村克也いわく


「4番バッターは育てるものではなく、よそから取ってくるもの」


これは我々の業界においても、人材面において私も同意見です


ところで、人材以外の戦力というと、商品ですよね


野球に例えると、パットやグローブ、スパイクなどが粗末だと、いくら一流選手でも活躍できません


優れた人材と商品が相まってこそ、最高の結果を生んでくれると思います


俗にヒット商品と呼ばれるものは、開発に時間と経費がかかるものです


一つのヒット商品、例えばデザイン性に優れたベッドフレームを生み出すのに、そのたたき台となったフレーム数知れず


それらたたき台に払ったリスク分は、結果そのヒット商品の価格に転嫁されます


ですから一番の早道は、「ヒット商品をパクル(笑)」    これが一番の近道


売れることは分かっていますので、まねて作るだけ   リスクがない分だけ安くできる場合が多い


こんな簡単なことなのに、意外とこれができる(やろうとする) メーカーは少ないんですよね


プライドなのか何なのか    プライドで飯が食えるんか ちゅ~ねん


ただ貧すれば鈍す?  先日もN家具の商品をFという業者がデザインをパクッて


しかも同じ下請け工場で造らせたみたいで、くりそつ  N家具担当のM君、激怒してましたね


でも下請けまで同じところにして、ばれることは必至・・・・・と言うことはメーカーの関係を悪化させるより


コピーして売上を上げる方が上、とふんだんでしょうね   つまりメーカーはなめられているわけです

書いたよN君! 彼の希望でブログに書きました(笑)


まぁこの件はともかく    実はこの臆面もなくヒット商品をパクリまくる  という考えのメーカーが伸びているんです


S家具さんなんかもそうですし、私は大嫌いですが 「愚か」 で 「乱れた」 「痛い」 メーカーなんかも


ヒット商品を即パクリ、しかもあとの方のメーカーはコストまで落として安売り・・・・・・反面クレームも多いけど


まぁ電光石火の速さで商品化してしまいます、そしてS家具の品などは品質もいいので、弊社においても売れる


「商売道にもとる」 とか 「ルール違反」とかいってるメーカーは、清く正しく美しく、貧しく・・・そして消えていけばいいんです


最近見た映画 「海賊と呼ばれた男」  原作、コミック、映画全部見ました


そこでも呉の町ではその地区の油商のみが漁師に油を販売してもよい、というルールがありながら


地域外の主人公はなんと小舟で沖合まででていき、海上で販売するという手法をとります


まるで小学生が隣の席の子との境界線に対して 「空中やったらエエやろ」 とかいうみたいなムチャクチャな理屈
いいませんでした? 私は言いました(笑)

もちろん、地元の油商から文句が出ますが

「海の上に線でも引いとるんか」  「悔しかったら、ウチより安う油売ってみぃ!」


結果、給油に港へ帰る時間的ロスも無くなり、燃料費も安くなるため、魚の価格が安くなるという理屈でこれをやりとおします


これで主人公は、世間から海賊と呼ばれるようになります


まともなことをやっていてはダメだということですね


しびれましたね    私も 「悔しかったらウチより安くベッド売ってみぃ~」 啖呵切ってみたいッス



かなり前置きが長くなりましたが


ウチもやります   メーカーの人気のベッドフレームを 「オマージュ」 したものをお安く販売します


でも友好関係のメーカー品は関係を壊したくありませんのでやりません


そこで大嫌いなメーカーのベッドフレームの、おっ・・・オマージュを、徹底して安売りします


まだもうちっとかかると思いますが、楽しみにお待ちください


あぁ、私も海賊と呼ばれたい


どっちかと言うと、我々は海賊なんてスマートなもんじゃなく、山賊・・・野党・・・・・・野武士の集団かも






























思いっきりいいと気持ちいいですね

今弊社のアウトレットコーナーに掲載の、大塚家具製造 ベッドフレーム グリフ


定価 150012円 の品が、アウトレットは言え39800円  73%引きの凄い価格です


大塚家具製造さん、あのオロナインH軟膏やポカリスエット、ポンカレーなどで有名な大塚のグループ企業でした


最近グループから離れ、社名を 「ウィドゥスタイル」 と変えました


大塚さんの処分価格は、実に思いっきりがいい   


「ぎょ~さん仕入れるから、安して~」 というウチのスタイルにピッタリ


今回のグリフに限らず、マットレスの廃番処分品など、極短期間にトータル 250 枚くらい


ドバァ~  と仕入れて、バ~ンとお安く販売し、極短期間に完売する事が出来たのも


同メーカーの 「思いっきりのよさ」 のおかげです


でもこのメーカー、ベッド館オープン以来約18年もの間、弊社とは疎遠でした


理由は、他店さんの妨害   「新井ベッド館には行くなぁ~


それも複数店穂さん


しかしその声も次第に小さく・・・・・・まぁあれですよね、AKBの総選挙みたいなもんですね


CD買わない奴に投票権はありません 100枚買ったら、100票! これぞ秋元流 商法!!


仕入れしない奴には、発言権はありまへん


と言うわけで、今では順調にお取引させてもろてます


弊社、こんな感じで当初は近隣の家具店の要望で疎遠  →  そこが衰退、倒産、廃業  →  弊社と取引開始 → 順調


てな感じのメーカーさん多いんです


シ―リ―ベッドなんて、20年くらい前に 「お取引したいんですけど・・・」 と私がノックした時


先を見通せる能力を十分にお持ちの、某氏が 


「今、T家具とT家具とM家具さんで十分な売り上げがあるので、おたくは結構です」 って言われました


でもそれら他店さん、全て判で押したように衰退、廃業・・・・・・  その後、シ―リ―側から 「お取引しませんかぁ~」


今は順調ですから、某氏の一流の演出でしようね、ウチを引き立たせるために


やはり鋭い先見の明があったんでしょう


他にも色々とありますが、この辺にしときます


あぁ~   思いっきり書いたったぁ~   し~らんでぇ~ し~らんでぇ~


最近、超忙しくってストレスたまってたんですよね   す~っとしたぁ


私にとっては、このブログがはけ口  辞めたらストレスで死んじゃうかも


プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。

http://www.bed.ne.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング