FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

2000回 書いていました

今まで何遍のブログを書いて来たんだろう  と計算してみると、なんと1999回


このブログでちょうど2000回目という事になる  すごい偶然(笑)


2000回を記念して・・・・・・・・・・・特に何もありません


よくまぁ我ながら続いたものだと思う、飽き性でめんどくさがりの私


これも、ブログ読んでいますよ とか 面白い,ためになると言って下さるお客様


業界の営業マンのみならず、メーカーの上層部の方まで読んでいただいている


聞いた話では、メーカーの朝礼でプリントアウトして、各営業マンに配布しているとも聞きました


とくに同業他社の 「あんなこと書きやがって」 と怒っている顔を思い浮かべて書くと


筆が走ること、走ること


これからも、3000,4000と続けて行きたいですね・・・・・・ネタが続く限り(笑)


忙しいと感じないけれど・・・

お問合せに対して、あらかじめ用意した定例文をいくつか組み合わせてお送りすることで


必ずしもお客様の聞きたいことの回答になっていない場合もあったり


お客様の文章表現により、こちらが違った意味ととらえて、回答差し上げる結果となり、お叱りを受けることもあれば


よくできた定例文で分かり易く、スピィーディーな対応で助かった  などお褒めの言葉をいただくこともある


効率化と言うのも、良い部分も悪い部分もある


以前は様々な問合せに、いちいちその都度文章を考えて対応、返信していたが


物理的に対応しきれなくなり、定例文という手法を用いだして久しい


ある日ふと気が付いた、昔毎晩日付が変わるまで残業していたころの売り上げと、たまに残業があるにせよ


ほぼ定時に仕事が終われる今と、売り上げが変らないどころか、向上してる


忙しい慣れした、という事もあるかもしれないが、効率化と言う部分が大きい


後は昔はウチが忙しければ、よそも忙しかった


いきおいメーカーの商品確保や問い合わせ、運送会社の手配などにも時間がかかったが


今はヨソはそれほど忙しくない  昔よりそれらの手配が容易になり、時間がかからなくなったことも大きい


あとは定例文などの精度をさらに向上させ、いかに早く、いかに効率よく情報やサービスを提供できるか


それが課題です

バレるはずっと先

昨日書いたブログ 『禁断の方法・・・」    今朝見たら、拍手が6になっていた (午前10時現在)


内容は業界の人間しか分からない、(わかりにくい、、、(勘のいいひとは○○○〇のことってわかているかも)


ことなのに、拍手がたった一日で6ということは  私だけじゃなく、これ読んでる業界の人も気づいていたのね


そう、ウチの○○は○○○です、ってことさらアピールしまくっているらしいけど


どっかの有名外食チェーンも、そうアピールしていたけど、結局違うらしいとことが内部告発されて


評判ガタ落ちですけど (必死に火消ししたので、あんまり知られていない)


ここも内部告発してくれへんかなぁ~   業界の未来のため、消費者のため


発覚するにしても、ずっと後のこと、その尻ぬぐいをするのは後の責任者・・・でも体質が古い業界なので、そもそも発覚しないかも


こんなんでいいの

やってはいけない禁断の・・・やっているのか?

ロクでもない業者、安い商品を市場にばらまいて・・・・・・・いや安いと言っても、ここの元々の価格設定が


価値もないのに高い  しかし とにかく以前より安くばらまいている


ところが業界のニュースを見てみると、増益増収だという・・・・・  なんか怪しい



安売りして売り上げが上がることはあっても、実入り・・・利益が上がるってぇことは・・・・・・


ましてや材料コストも配送コストも値上がりしている、それなのに増益・・・ますますもって不可解


やはり、やっているのだろうか、  やってはいけない禁断のあの方法を


確かめようもないが、各方面から漏れ聞こえてくる情報を集約すると、状況証拠は 「クロ」 と考えるほうが


可能性として高いのかもしれない    弊社としては一刻も早く特定し、できうる限り情報を発信して


被害者を一人でも食い止めたいと思う

マットレス、簡単に儲ける方法

国内ブランドベッドメーカーでは大手だけが儲かる仕組みになっていて、年商数十億程度までの家具屋は儲からない


かといって国内のその他ベッドメーカーにオリジナルを造らせても、氏素性は、つまりどこの下請けメーカーが作ったものかは


バレてしまうので、あまり利益は取れない・・・・・・といいつつ、かなり取っているところも多いが、取れるというだけで数が売れなければ


絵に描いた餅、今から書く話は 「全部ではない」 と言う前提で書きますが


じゃあという事で、中国などでマットレスを造れば、氏素性もわかりづらく、元々の原価も恐ろしく安いという事も手伝って


やり方によっては暴利を取ることもできる・・・・・・高性能を騙るのは簡単ですから、なんせマットレスは中身が見えない


・・・安易すぎる、一時儲かっても、次はない、消費者は二度は騙されないから・・・・・


もう一つの方法は、ノンコイル


スフリングマットレスの主流はポケットコイル


でもいかに氏素性のわかりにくい中国製でも、限度があり、ライバルも多いのであまり荒唐無稽な価格設定はできない


つまり儲からない


・・・という事は、ノンコイル、ノンコイルなら適当な理由を付けて、価値の何倍もの利益設定でもバレにくい、つまり儲かる


そんなマットレス、ポケットコイル、ノンコイルでも本当に良いものができるはずがない


もちろん中国製のマットレスでも、良いものを造っているところはあるのだろう・・・・・・たぶん


でも弊社はそれを探す時間も労力も惜しい、それに仮に石ころの中に玉石を発見しても


あまりり石ころの多さに、玉石も見えなくなってしまうかも・・・それならばその労力を国産の良いものを安く売る努力に傾けた方が


遥かに有益だと思う


余分に儲からないでもいいじゃないですか  女房子供食えるだけ、それで十分です



プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング