fc2ブログ
ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

やめちゃうのん

残り少ない家具団地内の家具店舗がまた一軒、近く姿を消すようです

最初その話を耳にしたとき、全く違う家具店の事かと勝手に想像していましたが、違いました

何処の事かは追っ付わかると思いますので、

それはそうと、人づてに弊社が看板を下ろして廃業するのでは と噂している人がいる、と聞きました

どんなアホな情報源を持ってればそんな話になるのでしょう

私が社長の時は発作的に 「や~んぺ」 と言うかもしれませんが

現社長は賢明なのでそれは無いでしょうし、仮に不況型の廃業だとしたら

・・・ウチがそうなら、もう近隣にぺんぺん草も生えていないと思いいますよ

業界も冷え切って暇なので、面白い情報が流れるかもしれません・・・ 案外ホントだったりして

公取立ち入り調査に対し、いつも思う事

家具卸部門 売上高トップの関家具さんが、オフィスチェアーの小売価格を拘束していた疑いがあるとして

公取から立ち入り検査が入ったというニュースを見た

この手のニュースを時折見るが、そのたびに思う事は・・・

みんなあのメーカーをお手本にすればいいのに

あの陰険で狡猾で、強気を助け弱気をくじく見本のようなクズメーカーを あそこのやり方を参考にすれば

公取に調査されることなく、小売店の価格を拘束することが出来ますよ  しちゃだめですよ

少し前のこと、そのメーカーの商品を定価から40%引きで販売していた家具小売店が有りました

年間かなりの金額、そのメーカーへの支払いがあったそーです どこの家具屋か名前は言わへんけど(笑)

他店が20%引きそこそこなのに、なぜその家具屋は40%引き出来たのか

それは仕入れ原価が安かったから

その家具小売店があるエリアの、メーカーのトップが売り上げ作りに窮し

その家具小売店に大量に一括納品する事を条件に、かなり安い原価率で提供したのです

そのため、その小売店の対メーカーの売り上げはアップ

それに気を良くしたエリアトップは 「もっと仕入れてください」 と懇願

それに対し、すでに倉庫や販売のキャパも限界に達していた小売店のオーナーは

半ば断り文句で 「これ以上仕入れろと言うなら、もっと原価を下げろー

さすがにこれには応じないだろう・・・・・しかしなんとこれを、メーカーはあっさりと了解、さらに安い原価で小売店に提供

断り文句とは言え、啖呵を切った以上小売店も言葉を飲み込めず

超大量の商品を受け入れることに おかげで倉庫も売り場もパンパン  それを捌く方法はただ一つ

「さらなる安売り」 40%引きどころか、新品を半額で売ることも珍しいことではなかったそーです

その頃その小売店は、ある事実を知りませんでした

そのメーカー商品に価格に伴う価値などなく、たとえ激安の原価で卸しても、メーカーは十分な利益が有ったのです

ずっと後になって分かったことですが、その家具小売店に卸しているのと同等、もしくはそれ以下で

他の大手家具店には卸していたのです (安く仕入れてもキッチリ儲けて安売りしないだけ)

しかし新品半額商売は、すぐに他店の耳に入り、メーカー上層部の知るところとなります

・・・・・そして、エリアトップは責任追及から逃れるため

「一営業マンが勝手にやったこと」 として全てをその小売店担当の営業マンに責任を負わせました
営業マンに因果を含めたのか、何かしらの見返りを与えたのか・・・それは知りませんが

そしてその家具小売店を・・・ さんざん利用してきたその家具小売店を、バッサリと斬り捨てました

まぁ普通に考えれば、2年近くに及ぶ出来事ですから、一営業マンレベルができる事ではないんですがねぇ~

しかしこのことはすぐに業界に広がりました

ビビり倒したのはほかの家具小売店たちです、みな一様にこう思ったそーです

「ウチの何倍もあのメーカーを販売していたあの家具屋、あそこが簡単に切り捨てられるなら、ウチなどもっと簡単に切られる

もはやメーカーに歯向かう小売店はほぼ無くなり、それでも安売りを続けた家具屋も同様の方法で駆逐されていきました

・・・・・・えっ  その家具小売店がどうなったかですか?

このことで 「価値のない名前だけのブランドメーカーを単に安売りするではなく、本物を吟味して提供する」 家具屋へと生まれ変わり

かえって売り上げを伸ばし、元気に商売を続けているそーです

日本の某ブランドベッドは高過ぎる!?

平均年収約1300万円と、日本の3倍のアメリカ

さぞかしベッドも高額で取引されている・・・・・・って  何この値段

ちょっと調べてもらうとすぐ出てきますが

日本だと25万円は下らないクラスのシングルマットレスが なんと424ドルぅ~

折からの円安で割高計算・・・にもかかわらず日本円にして6万円ほど

いや 何かの間違いかも いやいや、きっとそーに違いない

と別の現地サイトをチェック

が~ん ななんと、日本国内価格70万円くらいのダブルクッションが

1480ドル、日本円で21万円くらい

お断りしておきますが、これ違うブランドの話ではなく、日本でもアメリカでも販売されている同じメーカーの

スペックや見た目から判断して同等と考えられる商品の価格を (品番が違うので全く同じではない)

日本とアメリカ現地とで比較したものを紹介しています

平均年収450万円、アメリカの3分の1の日本人・・・・・それなのにアメリカの約3倍の価格って

なんの罰ゲームやねん

あなたが購入しようとしているそのブランド、そもそも本当に高額に見合う価値はあるのん


トム・クルーズ主演の映画のタイトルを変えたい

マットレスの 「ゾーニング」 とは、主にポケットコイルのマットレスの、部分部分によって硬さを変えることを言います

一番最初にどこのメーカーが、このゾーニングを初めたのか は正確には知りませんが

サータ (ドリームベッド)がそのマットレスのほとんど全てに、このゾーニングを採用し、一定の支持を得たことで有効性が証明され

その後多くのメーカーが自社のマットレスに 「ゾーニング」を取り入れるようになりました

例えば、アンネルベッド、東京スプリング、シーリーベッド(コイルではなく詰め物によるゾーニング)

グランツ(同列に書きたくないですが) や、中国製のマットレスやなんちゃって日本製にもゾーニングが・・・

そして基本的にゾーニングはしない方向性 だったシモンズベッドまで、一部の家具屋のオリジナルですが

ゾーニングのポケットコイルを販売し始めました (ほかにもあるかもしれません)

・・・つまりゾーニングは、マットレスの機能、耐久性を向上させるだけでなく、消費者へのアピールも有効なシステムなのです

・・・・・が、聞けばこのゾーニングを、やめる減らす 方向へ行こうとするメーカーがあるとか

はぁ   なんで

仮に減らせなければならない理由があるとして・・・・・・・だったら違うヤツをやめたらええんちゃうの

・・・・・え~  全く話は変わりますが、最近私、ある映画を見ました

それは、トム・クルーズ主演のかっちょいい戦闘機が出てくる映画なのですが

しかし今、このタイトルの間に 「が」 を入れたい気分です

○○ が ○○  〇〇〇〇ック   マー○○ック じゃないですよ

そんな怪しいマットレス勧める家具屋は信用できん!

どんなに努力しても、お客さんの100%のご支持をいただくことはできないです

昔、シモンズベッドを販売していてこんなことが有りました

カタログ掲載品の6.5インチ ゴールデンバリューと、それに対しカタログ非掲載の、別品番の6.5インチ ゴールデンバリュー

両者には、かなりの価格差が有りました

ご来店のお客さんから、色々なお話しをうかがい、結果 

「この方なら、後者の別品番の6.5インチ ゴールデンバリューの方が良いだろう」 と判断し

我々の考える限り、価格が安い後者の方が性能も良いし、この方との相性も合うだろう

と思いお勧めしたところ

当初は 「新井ベッド館の考えに惚れて、200キロを運転してやってきました」 おっしゃっていたお客さんの態度が急変

「私はカタログ掲載の商品が、どこよりも安かったからココに来たのだ そんなわけのわからないシモンズのマットレス

を勧めてくるような家具屋からは、買わない

と帰られてしまいました

新井ベッド館の考えに惚れて・・・とおっしゃたので、そのご期待に応えようとしただけだったのですが・・・

しょうがないと言えばしょうがないのですが・・・

上に書いたケースの全く反対で、「安くていい買い物ができた 遠くからわざわざ来てよかった」 

とお喜び頂くケースのほうが、割合としては圧倒的なのですが・・・ 商売、難しいですね




プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング