ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

続 言語道断 ウソつき

前回 「言語道断 ウソつき」 の続きです

前回ブログはコチラ


どうやらマットレス内部のスペックを偽って販売している (可能性がきわめて高い) B社


さあ続きです


これを怪しいとにらんで、電子顕微鏡で分析したA社、そこまでする理由はB社と比較され


価格面で安いB社にシェアを奪われていたからです


同等スペックの(表向きは) マットレスの市場価格は、A社が8万数千円  しかしB社は3万円安い5万数千円


常識で考えてそんな価格では販売できません  そう慈善事業でもない限りは・・・


何事にも上には上があるようで、B社よりもある意味酷い事をする C社という小売店があります


B社はOEMでC社にこのマットレスを提供しています


もちろん名称と外観を変えて販売しているので、おそらくそれがB社からの提供だとわかるのは、業界人でも極一部だと思われ


もちろん一般のお客様に知る由もありません


・・・なんとC社はそれを7万数千円という微妙にA社より安い価格で販売してます


いかにも良心的な価格を装い、実はボロ儲けしているわけです


お客さんの心理と言うものは面白いもので、安すぎると 「なにかウラがあるのでは?」 と考えますが


ちょっと安いと良心的と考える傾向にあるようです


食品に置き換えると普通1500円 する国産ウナギをA社は努力して800円で販売


しかしB社は中国製ウナギを日本製と偽り500円で販売


しかしC社はパッケージを綺麗にして700円で販売してボロ儲けしているわけです


話はマットレスに戻りますが、弊社にも時々 「A社は良品 安価だと言っているけど、C社の方がさらに良心的だ


というお声をいただきます


このように我々にお声が伝われば、真実をお伝えしお助けできるのですが


大半の方は、中国製のウナギをボッタくりで買っている事にお気づきにならないまま・・・・・


あぁもっと弊社ベッド館が大きく今以上に販売力も影響力もあれば、そんな方々を御救いできるのですが・・・


もっと頑張らないといけませんね





スポンサーサイト

ボンクラ息子

家具屋の息子、私もそうですがそれなりの規模の会社なら生まれたときから、「〇〇家具の跡取り」 という


本人にとっては誠にありがたくない称号をいただきます


特に私の場合など、大阪の立花通りという家具専門店の立ち並ぶ商店街で育ちましたから、学校にも同業者の息子


あるいは従業員の息子が先輩、後輩として在籍しており


これがなにかと比較の的にされました、「どこどこ家具のなになにちゃんは勉強が良くできる」 「よくできた息子さん」  


耳が痛い   現在の枚方家具団地も家具店が通りに19店ありますが


当時の大阪西区の立花通りは店舗兼住いのところが多かったので、近所付き合いもより濃密で


親父同志はある程度仲良く付き合っていたようですが、その奥さま連中はライバル心むき出し


特にライバル関係にあり、商売で負けている方は子供の成績や進学する学校で張り合うという感じで


もちろん私はアホで勉強嫌いでしたし、素行も決していい方ではありませんでしたから


ウチのオカンはさぞかし肩身の狭い思いをしたはずです


と言うわけで、そんな環境で育つと、ボンクラはボンクラなりに 「人に馬鹿にされないように」 「後ろ指を指されないように」


という最低限度の心構えができるものです・・・・・・まぁ人が見ていない完全プライベート時は相変わらずクズな私ですが(笑)


ここ最近、そんな家具屋の息子たち数人に会う機会がありました


一人はさわやかな若者、まだまだ経験も浅いですが、なんとなくやってくれそうな雰囲気を感じました


ご祝儀も兼ねて新規展示商品を彼に依頼しました  ガンバってや~! 4代目!!


後の二人はボンクラ息子  


アポイントを取って行ったのに、資料すらも用意しておらず、質問してもフニャフニャの回答しかかえってきません


しかも私も含め、行ったスタッフの大半が初対面なのに、とうとう最後まで名刺交換はありませんでした


社内の雰囲気も暗く、活気がない こんな後継者ならヤル気が起きないのでしょうか?


ある程度の時間を割いて滞在する予定でしたが、私fそそくさと車に乗り込み 「もう帰るぞ~!」 皆に号令しました


・・・そしてもう一人のボンクラ息子は・・・まぁ息子と言うより・・・まぁいいでしょう、もうどうでもいいです


最初のボンクラの方はまだ年齢も若いので、これから化けるかもしれませんね


私が彼くらいの時は、ボンクラどころか人間の屑でしたからね










言語道断 ウソつき

カタログや商品表示に明記してあるスペックと違うものを販売している言語道断 なメーカーがある 仮に社名をB社


正確に言うと、その可能性が高いという言い方になるのですが、ほぼ間違いありません


前々からそのマットレスを怪しいとにらんでいたあるメーカーの製造部門の責任者 社名をA社とします


そのマットレスを購入し裁断、そして電子顕微鏡を使い、主要パーツそれも性能の根幹にかかわる部分を分析したそうです


なぜそこまでするのか? というと、表向きのスペックではA社、B社とも 「同等」 のマットレス


しかし価格は約3万円ほどB社の方が安い


A社もかなり良心的価格で販売しており、余分なブランドバリューなどを取らずギリギリの価格ですから


それよりさらに3万円も安いというのは・・・


実は私も前々から疑っていました、複数のメーカーのベテランにそれについて尋ねると


みんな口をそろえて 「儲けなしのボランティアで売ってるんじゃないですかぁ~」 と半笑い(笑)


みんなベテランだけあって海千山千   「あぁウソついてますね」 とは明言しません、しませんがホントの事は知っています(笑)


顕微鏡により撮影した写真をA社、B社見比べてみましたが、ハッキリと違いが分かります


つまりスペックを偽って販売している可能性が高い!!  A社はこの情報を各営業マンに伝えたそうです


「告発してやればいいのに!!」 私は言いましたが、そこまでするつもりはどうやらないようです


・・・・・・・と、ここまで読んで 「B社というメーカーはなんて酷いメーカーなのだ」 と怒りを覚えた方も多いと思います


・・・ところが!! まだこれは序の口だったのです・・・  つづく








価格は聞かなきゃ損ですよ

お客様におかれましては、他店さんにおいて、今たとえどんなに販売員の愛想がよくっても


たとえどんなに 「お得ですよ」 と上手に進められても、決して即決してはいけません(笑)


そしてそれが特に弊社でも取り扱いのあるメーカーならばなおさらのことです


今、家具業界は未曽有の超不況、もはや出口が見つからず、もうどうしていいかわからない


もう家具屋を廃業して、駐車場やアパートにしてしまおうか なんて真剣に考えている所は少なくないです


それほど状況は酷いもんです


昨日までの3連休に、メーカーも小売店も淡い期待をもって望みましたが、惨敗あるいはパッとしないところが多い


それを受け、今日月曜日メーカー連がとうとう我慢の限界を迎えたのか、プツンとキレてしまいました


朝から 「特価品があるので仕入れて下さい」 という連絡が弊社にひっきりなし


一軒のメーカーは事後承諾で来店、こっちはこの四日間の凄まじい量の伝票処理で忙しいのに・・・


まぁ安かったので話聞いて仕入れましたけど(笑) こっちのいいなりの値段で


「ムチャクチャ売れているらしいですね! 聞きました」


はて・・・・・誰に聞いたんだろう    犯人は、三連休中に営業に来ていたメーカー営業マン達


彼らは方々の家具店でメーカーの営業どうし顔を負わせます


「3連休どうだった?」  「・・・・・全然ダメ」 という声が返ってくるのが当たり前の状況・・・


しかし弊社担当だけは 「売れましたぁ~、昼飯食うひまありませんでしたよ」 とやるわけです


そこで上司から特命を受け、あるいは自分の判断(切羽つまって) 売り込みに来るんです、弊社に・・・


正に「まな板の上のコイ」  どうぞお好きに料理して下さい、てな感じで(笑)


言っときますが、弊社の出刃包丁はよく切れますよ~  スパ~ァと料理、安きゃあバンバン仕入れます、相手の利益は知りません


ウチはもったいぶらすに安く仕入れて安く売りますから、新陳代謝も育ち盛りのお子様並みに早い


ジャンジャン仕入れて、バンバン販売します


ヨソで買っている場合じゃないですよ、 「もうこれにしようか?」 と他店で決める前に、最後に弊社に連絡を!!








明日は広島いき

明日総勢8名で広島のメーカー数社が行う新作発表展示会に行きます


車二台と新幹線組に分かれて現地で集合


まずはドリームベッド本社へ、前回伺った際もそうでしたが、大量発注を一気にかけるので、受注センターの方々には負担を掛けます


美人揃いと評判のドリーム本社 受注センター  前回も 「ご負担をおかけします」 とご挨拶がてら


菓子折り持参してドアをノック


毎日のように電話で 「在庫はある?」 とか 「納期は何時くらい?」 とかお声は聞くものの、お会いしたことがなく


簡単でも挨拶して顔見知りになれば、今後も仕事も円滑に進むかな  などと考え待っていると


出てこられたのは、複数のオッサン・・・・じゃなくて、受注センターの責任者の方々


「新井家具の野獣どもにウチの大事な女子社員は合わせられない」 と判断した?


のかどうかは知りませんが(笑)  合わせてくれないんなら、今回菓子折りは無し!(笑)


しかし今回は前回を遥かに上回る発注量、発注金額を予定しています


おそらくですが、全国からそうそうたる家具店が展示会に集結すると思われますが、展示会時発注額は


弊社が最も、しかもダントツの日本一だと思います









プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング