FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

根強い人気 サータマットレス

未だに根強い人気、発売以来8年ほど経過しているにもかかわらず、人気に衰えは感じません・・・


何のことかと言うと、サータペディック アニバーサリーDX

商会ページは コチラ

SТ(スタンダード) と DX(デラックス) の二種がありますが、売上比率は9対1 DXの方が人気


発売後、7~8年ほど経過しているので、いい加減30周年という名称は止めたら と思いますが


おそらく名称を変えないのは、根強い人気故


それに加え、このマットレスはドリームベッド(サータ) にとって、エポックメーキング的なマットレス


今から10年くらい前、正直サータは他のライバルベッドメーカーに水をあけられ、苦戦していました


その頃、メーカーには何度か 「知名度を上げるためには、家具店でのサータの展示露出をもっと増やすべき」


「それには多少の利益を削ってでも、低価格帯のサータマットレスを発売し、底辺を広げてみては」 と提案しましたが


サータから回答は決まって  「我々はサータブランドを大切にしたい、よって低価格帯など作らない」 と言うものでした

しかし同時期、あるライバルメーカーがズバリその戦略で、急速に売り上げを伸ばしいているのを横目で見たのか


先の2機種の30周年モデルの販売に踏み切りました


これが図に当たり、徐々にこれ以外のサータマットレスの展示露出も増えていき、現在のブランドイメージを作ることに成功しました


今ではこの 「ペディックシリーズ」 は10種類以上を数え、比較的お求め安い価格で提供しているためか


お客様のお問合せも多いです


別に我々が進言したから、サータが低価格帯を作った・・・とは言いませんが、同じ話を他のベッドメーカーにもしましたが


サータのように、路線変更せず頑なに姿勢を変えなかったメーカー


そのメーカーの凋落ぶりを見聞きするにつけ、小売店の現場や営業マンの意見を上手に取り入れるのが、大切なのだと


自身も考えさせられます





新井家具は知名度が低い!

「新井ベッド館は、まだまだ知名度が低い


ベッドメーカーの営業マンに言われちゃいました


彼らは毎週末、必ずどこかの大手家具店の店頭に、応援販売員として立ちます


その時に、接客したお客さんから 「もっと安くなりませんか」 と値切られるそうで、その際に


「ココが一番安いですよ」 と発言しつつ、心の中で 「ホントは新井ベッド館の方が大幅に安いけど


と心の中で呟いているそうですが


彼ら営業マンいわく 「もしお客さんが、新井ベッド館の存在をご存知であれば、間違いなくベッド館さんで購入される


続けて 「一生懸命に説明して、買っていただければいいんですが、値引き交渉に応じないことで返せられてしまう


その際のお客さんが言う 「○○円にして」 という値引き交渉の金額より、新井ベッド館のそもそもの販売価格の方が安いわけで・・・」


だからもっと宣伝して、知名度を今以上にすれば、まだまだ売り上げは上がる と


・・・さて困ったことです  弊社はこれまで、他店のようにジャブジャブと宣伝広告費 (およそ売り上げの10%と言われる)


を掛けずに、その経費分を価格に還元、「最低価格証明」 を実現してきました


言わば 「宣伝費というお金で買った知名度より、口コミや安いという評判で得た知名度の方が、本物で強い


そう考え、実践し、これまで結果を出してきました


仮に販売価格を今より5%上げ、その分を宣伝広告費に回す、という方法を弊社が取ったら、お客さんへの裏切り行為・・・


だから今の価格で販売する以上、宣伝広告費は捻出できま・・・・・・せん ・・・・・いや実はあったのです


現在、取り壊し建て替え中の、弊社 本館  約1年間、家賃が発生しません、光熱費も通信費も


お客さん用の駐車スペースも14台分借りていましたか、必要なくなりました


これの一部を宣伝広告費に充てられます  当然残りは 「制定価格証明」 値引きの原資に


来年は、さらなる知名度アップで、さらなる高見を目指す所存です

神をも恐れぬ奴らに天罰を!

怒られちゃいました


弊社ウエブサイトの 「福袋」 福袋のコーナーは コチラ


他店からメーカーに 「安すぎる」 とクレームが入りました


よって一部の福袋商品を、ズバリの価格提示から 「お問合せください」 に変更しています


毎年、福袋はズバリ価格公開しても、他店からクレームが無いのに・・・今年に限ってなぜ


それは例年は年末営業日ギリギリで公開していたこの 「福袋」


年末年始はどこの家具屋も休み、よって弊社ウエブをご覧になるのは、純粋にお客さんだけ


年が明けて、事が発覚するころには弊社も営業開始、福袋もウエブから削除され・・・後に残るのは弊社の大きな売り上げだけ


よしんば見つけてメーカーにクレーム入れようにも、メーカーも正月休み


でも今年は福袋の前倒しですし、世間の家具屋はヒマ ヒマ ヒマ ヒマ


てめーの商売が下手くそなのを棚に上げて、 「ウチがこんなにヒマなのは、新井ベッド館の安売りのせいだ―


まぁ責任転嫁したい気持ちもわからないことはないけどね


どちらにしても、「福袋」 と言うのは、縁起物


弊社も採算を度外視した 「ご祝儀的な商品」 です、それに対してあーだこーだと文句をつける


どこの家具屋か知らんけど、来年2020年 こんな家具屋に良いことがあるわけがないですよね

本日の展示台数

元々ベッド販売が得意だった弊社、ベッド館オープン以前に、同じ家具団地内に、倉庫兼店舗を借りることになり


さて、何を展示販売するか と言う話になり、ベッドを販売してみよう…と言う話に


これが現在のベッド館の元になった


50台ほどの展示で運営してみたら・・・・・ それなりに売れた  まあ時代も良かったけど


それが自信となり、現在のベッド館オープン


当初、ベッド150台 & ソファー館、ベッドの売り上げは順調に伸びているのに、ソファーは横ばいか、それ以下


思い切ってソファーをやめて、名実ともに 「ベッド専門館」 へ、展示台数は50台増え、200台に


結果は大正解 すぐにソファー分の売り上げ以上になった


そのあと単純に 「台数を増やせば増やすほど、売り上げは増えるのかも」 と、さらに50台増やし250台へ・・・


さらに売り上げ向上、300台まで展示台数を増やし、その度に売り上げが向上した


頭の良い経営者は、ぐちゃぐちゃ難しい事を考えて、帰って失敗するが


ここまでは単純で頭の良くない、私の方針が正解だった


結局、ぎちぎちに商品を敷き詰め、最大330台近くまで行ったところで、頭打ち・・・まぁスペースがそれ以上なかったこともあるが


そこでベッド館を増床して、「ベッド400~500台」のスーパーベッド館にしようか とも考えた


しかしその頃から、ベッドパット、寝具、羽毛布団の売り上げが急速に伸びていた


その展示スペースを広げると、どうしてもベッドの展示が減る…・・次第に羽毛布団などの展示が増えていった


ネットが普及し始めると・・・・・ 現在からでは考えられないが、パソコン一台と電話回線一本、担当は電話もメールも配送手配も


全て私一人、それだけで十分対応できた


メールやお電話相談も、多くて日に3~4件・・・・しかしそれがすごい勢いで増えていき、とても一人では対応できない


パソコンも一台、また一台と増えていって、現状スタッフ一人に対して一台


電話回線も4回線    子機はいったい何個あるのやら


パソコン対応する場所が要る・・・・・となるとまたベッドの展示スペースが・・・


そこで二段ベッドの展示を20分の1まで少なくし、そこに机を置いてネット対応スペースとした


結果的に、最初は展示数を増やすことで売り上げアップしてきたが、近年は減らすことで売り上げアップにつながっている


展示数も現在、250台くらいか  四捨五入で300(笑)


さて今後は、台数が減った方が売り上げが上がるのか、やはり 「大量と体感」 が正解なのか


店頭に  「本日の展示台数 ○○○台」 とでも、電光掲示板設置しようかな







な…7割もダウンしたの?

前年の30%,つまりセールを行って、前年の3分の1以下しか売れなかった・・・家具屋がある 残念でしたウチじゃないよ~


かと思えば、某ベッドメーカーの冠セールを行った、某大手家具店


そのメーカーの人間が5人、店頭に立った土曜日・・・・・・一日の売り上げ20万なりぃ 一人当たり4万円(笑)


珍しく賑わっているという評判の、○○○が行っているセールも、○屋がやっているから安いのかも


と安易に考えたお客が、実際行ってみると 「ちっとも安くない・・・それどころか定価販売」 ウチに流れてきたお客さん 談


そりゃあそうだ、あれだけ派手にネット広告やらなにやら・・・経費かけて集客して、安いはずないやん


まぁそれは良いとして、出口の見えない消費の冷え込み


中途半端に体力ある所は、損出が大きくなる前に 「や~んぺ」 となる・・・いや、もうなっているし


数字を下げることが許されない大手家具店達は、食い合い、奪い合い、つぶし合いがこれからますます苛烈を極めると思う


ウチもご多分に漏れず、悪いことは悪いが、そこまで悲観していない  ヨソが悪いから良いとは言わないが


そこまで悪くない   結局、「価格安いは最強」 いつの時代も不変だという事

プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング