FC2ブログ
ホーム   »  業界裏話
Category | 業界裏話

しっかりとボロ儲けしてくださいね

ひとつの商品、場合によっては一つのブランドを独占的に販売する、大手が行う手法の一つです


これはある意味有効で、大手にとっては他店とのバッティングによる価格競争を防ぐことができ


利益を確保できるというメリットがあり、逆にお客さんにとっては高い値段で買わされるという事になります


ただこれが本当有効だった時代は終わりつつ、いやもう終わっているのかも


これだけネットを通じて情報を取ることができる時代、これらの商品が買ってもいいものか、買ってはいけないものか


をお客さん自体で判断できますからね   情報の発信量ということでは、弊社もその一翼を担っていると思います


ところで大手は勝手なもので、当初は 「ヨソには売らせるな」 ときつく縛りを入れるくせに


その商品が思ったほど売れないと、だんだんと縛りが甘くなってきます、興味が薄れるんですね



例えば今某大手が普段定価販売しているマットレス、その大手のセールの時だけ10%引きになります


その同じマットレス、弊社の場合30%引き(笑) 場合によっては40%引き  当然弊社でよく売れます


あまりの価格の違いに 「本物ですか・・・なんか胡散臭い」 という心無い言葉をたまに投げかけられたりしますが


とにかくよく売れます  でもこれ大っぴらに40%引きですよ~ とは謳えません、謳いたいけどダメです


だってすぐに大手の耳に入って 「新井ベッド館に販売をやめさせろー」という事態になります


だからあくまでも大義名分を立てたり、こっそりとあまり目立たないように販売します


ところが、上にも書いたように思ったよりその商品が売れず、縛りが段々と緩くなると、今度は弊社のHPやブログで


商品の露出度が増えていきます


まるで子供が恐る恐るにお菓子に手を伸ばし、手を叩かれないことを確認しながら、段々と大胆に何回も・・・みたいな感じ(笑)


露出が増えたし、価格も圧倒的に安い、さぞかしたくさん売れるんじゃあない・・・・・・ ところがそうでもないんです


大手の興味が薄れたことで、この品をあんまりお客さんにプッシュしなくなることで、検討されるお客さんの絶対数が減るんです


だから露出が増えたから、販売数も増えるという事はなく、横ばい程度


一番いいのは、大手がプッシュしてくれて、しかも縛りがない商品・・・・・・・無いなぁそんな品


大手は図体が大きい分、キッチリと儲けないと、デカい身体維持できませんもんね


しっかりとボロ儲けしてもらうのも必要なのかもね



スポンサーサイト

社長は行かない方が・・・

実は私、密かに悩んでいることがあります


先日、弊社スタッフのМ島さんから、新規メーカーとの取引を開始したい、それについて一度メーカーを訪問しようと思っている


という話がありました、そのメーカーとは過去に少しだけいざこざ があり、ほおっておいては恐らくずっと弊社とは平行線のまま


こちらから誠意を見せてドアをノックすれば、少しは状況が変わるかも  というのがМ島さんの考え


それは良いことです  じゃあいつ行きますか と話すと・・・・


いや社長はちょっと遠慮してください   なんで  と尋ねると言いにくそうに・・・


「社長が行くと、相手の感じるプレッシャーが半端ない・・・・・迫力がありすぎるというか


あぁ・・・そ・・そうですかぁ    そんなこと言われたの、生まれて初めて・・・・・じゃないけど(笑)


確かに身体はデカいし、声もデカい  でも威圧感を与えないよう、努めて笑顔で人と接しているつもりだったんですが・・・


チョッとショック     それから色々なメーカーの営業マンに会うたび  「俺って初対面の時、怖かった


慣れたら全然怖くないです・・・という微妙な回答が大半(笑) ・・・・・・という事は慣れないうちは、やっぱり怖いのか(笑)


メーカーには理不尽な理由でキレたことは一度もないんですけどね・・・・・ただしアホなメーカーは除く


私が心底キレたら、おそらく逆に冷静になって、生涯かけて仕返ししてやる と考えるはずです 


○○○〇に対してそうであるようにね


まぁメーカーには計算でキレた芝居していることも多いんですけどね・・でもウチのスタッフも止めに入るほどの迫真の演技(笑)


後で 「演技、演技  いったい俺と何年付き合ってるの(笑)」 なんて話たことあります


一昨日も、日本ベッドの営業マンがやってきました


前任者から新任に変わって久しいのに、ほとんど営業にも来ないので  「やる気あるんか」 とちょっと電話で話しただけ


ただそれだけなんですが、新任営業マン(ホリケン似) 一人で営業に来ずに、用心棒(所長) と同行でやってきました


別に大したこと話したわけでもなく、「今後も前向きに販促していきますよ」 的なお話に終始


時折笑い声と和やかな話・・・でも最初のうちはホリケンの顔こわばって緊張してました(笑)


何言われるんだろう   まるで上級生から 「後で体育館のウラまで顔出せ


と言われた一年坊主のように(笑)


でも所長が同行したことで、色々と前向きな話し合いの時間が持てました、結果的には良かったのかも


相手にプレッシャー与えるのも、良いことも悪いこともあるようですね

メーカーと小売店の揉めたお話

自分の判断で仕入れた商品、それを簡単にメーカーに返品するというのは、自分の仕入れが下手くそだと認めたようで


私はあまりやったことがありません


メーカーの側から 「商品を入れ替えましょうか」という打診があればやったことはありますが


少なくとも自分から 「売れないから持って帰ってくれ」 というのは恥ずかしくて嫌です、無理してでも自社で売り切ります


ところである店で、売れが悪い二台の商品があったようで、それを持って帰ってほしい、その代わりに新規の違う二品を入れるから


という打診が小売店側からあり、メーカーは応じたようです   ちなみにベッドじゃありません


ところがその二台の入れ替えが行われる前に、そのうちの一台の現品が売れたみたいです


メーカーにしてみれば当然、返品される商品は一台になり、その展示スペースには二台の新規商品が導入される


と考えるわけです…当たり前のことです


ところがこの家具店の考えは違ったようです


「現品を売ってやって、そこに新規の一台を導入するのだから、もう一台は無条件で返品を受けろ、そしてその分の新規導入はしない」
 

メーカー側は話が違う  としてこの返品を受ける気はないようです


そもそもこの家具屋は、返品して当たり前、メーカーは小売店の言う事を聞いて当たり前 くらいに考えてるんだと思います


大体からして、返品を受けてくれるというのはメーカーの好意であって、普通は現品は自社で売りさばくというのが当たり前


それがわかっていないから、そんな恥ずかしいことを平気で言えるんです、このしゃちよーはん


正確に言うと、「一台は返品するけど、その代わりの新規導入分は 「少し」 待ってくれ」 こういう言い方だったらしいですが


ここの社長の煮え切らない性格は、出入りする各メーカー複数の営業マンのよく知るところ(笑)


この 「少し」 の間というのが、数か月…いや数年先・・・いやのらりくらりとなし崩しになる可能性すらあり


とてもそんな話には応じられない  そう申しておりました(笑)


このことで社長はん、超大激怒  ぶち切れっぷりの良さも、各メーカー営業のよく知るところ


しかしこの家具店のこと、よくこのブログに書きますが、読んだらすぐに何処のことかわかる内容


その話を聞かせてくれるメーカー営業マンも 「ブログに書いちゃだめですよ」 とは一言も言いません


どーでもいい家具屋って思われてるんじゃないですかぁ
























嫌よ嫌よも・・・

各メーカーの営業マン、お盆休みの前の最後のあいさつを兼ねて営業にやってきます


とくに売り込みをかけるでもなく、話題はゴシップというか、他店の悪口


あそこの家具屋は先日の地震で玄関のガラスが割れたのに、ガラス入れ替えようともしない・・・おそらくそのまま閉店まで・・・


どんだけケチやねん  とか


閉店セールしているのに、「商品の原価割って売っちゃダメ」  まぁそれでもチョッとずつ商品は減っていく


減っていくのは魅力ある商品から・・・そして残るのはそうではない商品ばかり


でも新規に仕入れることはしない・・・たいして安くもない   従業員やる気なし


そんな話を営業マンは教えてはくれるんですが、かならず最後に 「でもブログに書いちゃあダメですよ」 と言います


でもこれって    ほんとは書いてほしいんじゃないのん


嫌よ嫌よも何とかのうち(笑) って言いますもんね

どーでもいいけど

閉店した大手の展示品を、ある家具店が大量に買い付けた、という話を聞いた


ここまで大きな規模の話は稀にしても、こういった話はよくあること


弊社でも過去にたくさんの廃業店から現品を譲り受けて販売したり、今ウチで使っている販売什器(展示棚) など


ほぼすべて廃業店から安く譲ってもらったもの


廃業を決意した家具店は、まず展示処分にかかる、大抵は「どうせやめるんだから」 と、結構安い値段で処分にかかる


すると今まで廃業を決意するほどヒマだったのにも関わらず、売れだす(笑)


当然、魅力のある商品からどんどん売れていき、そうでない品が残っていく・・・


でもお客は 「本当の閉店セール」には敏感に反応するので、来店客は引きも切らない・・・ 家具店は勢いづく


するとオーナーはちょっとだけスケベ心を出して、商品を仕入始める・・・そしてちょっとだけ安く売る


チョッとだけ安い価格でも、閉店セールの魔力と勢いでジャンジャン売れる・・・


チビチビではあるものの、魅力のない商品も減っていく


そして最後の最後に残った商品を、二束三文の価格で付き合いのある小売店や問屋に買ってもらって、きれいさっぱり廃業


こんな感じで進む、これがまあまあ賢い経営者のパターン


ところが、原価を切ったり、必要以上に安く販売する必要はない  なんていう考えで、たいして安くない価格で


この閉店セールを行うと売れない・・・・・馬鹿か   まぁこんなバカだから、廃業という憂き目にあったのか


まぁそれでも商品はちょっとずつは減っていく・・・そして売り場は、魅力ない商品だらけ


でも経営者はバカなので、新規に商品を仕入れない・・・ジリ貧


閉店の期日が来ても大量の展示の山・・・・・結局それらは二束三文で問屋かどこかに一括仕入れしてもらうしかない


結局大損するのは、後者のパターンなのに


社員の給料も捻出できなければ、自腹切るしかなくなるんじゃないの


損したくない~ぃ   でも思い切りが悪いと余計損しますよ・・・・・・どこのこと言っているんだろ























プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング