FC2ブログ
ホーム   »  ウオーターベッドやめた理由
Category | ウオーターベッドやめた理由

ウオーターベッドやめた理由 その④

当時は私が知っているだけでも6社の有名ベッドメーカーがウオーターを販売しており


異業種であるシューズメーカーの 「アキレス」までもがウオーターの販売を行っていました


それだけウオーターにはシェアがあり、各メーカーしのぎを削って商品開発やサービス合戦を行っていましたから


それに伴い 「ウオーターベッド専門店」なるものが日本全国に何軒も存在しました


専門店である彼ら、やはり考えることは私と同じようで  ウオーター用のベッドフレームを海外からコンテナを引いて


お安く提供していました


弊社も、つてを頼ってその中から一部を分けてもらい、お安く提供する事が可能に



基本構造は各メーカーのものと同じフレームで、耐久性等も同等以上、マットレス(バッグ)やヒーターなどの装備はメーカーの純正品ですから


寝心地は同じ、しかし価格はメーカーの定価の40%引きとか半額程度で販売できるので、よく売れましたね


もちろん弊社はメーカー純正フレームも同時に販売しましたよ






ウオーターベッドやめた理由 その③


しかし弊社、このウオーターベッドを何とか安く販売できないものか と色々と考えて実行していました


ウオーターの特徴として  「なんでもウオーター専用」 になってしまう、という特徴があり、メーカーにとってはおいしい事


マットレス(バッグ) は当然のこと、フレームもウオーター専用、そしてパットやシーツも全てそのメーカーが用意した


「専用」 のもの、当然それらが安いわけありませんよね


某ベッドメーカーの販売していたウオーターベッド用のパット&シーツのセット  クイーンで5万円ちかくの価格設定


特殊なウオーターのマットレスに合うように工夫がされている、とは言うものの割高感は否めない


ちなみに同等品を寝具の下請け工場で作ってもらうと、15000円で販売しても十分な品でした 


調子に乗ってベッドフレームも・・・・・と思って他メーカーに見積もりを取らせると、意外と高額


そりゃあそうです、重量700㎏にも耐えられる構造で、弊社が他メーカーに造らせるのは、完全に一台ずつのオーダーメイド


メーカーは大量生産で造っていますから、一台ずつではいくら安く販売しても、価格面でメーカー品と変わりません


弊社がある程度まとめて他業者に発注すると、安く販売できますが当時の弊社の販売力では、それは難しい事でした


・・・・・しかし思わぬところで道は開けます


ウオーターベッドやめた理由 その2

なぜ弊社がウオーターをやめたか   それは必要なくなったから・・・・・


それでは話が終わってしまいます(笑) のでもうちょっと書きます


この10数年間でのポケットコイルの進化が素晴らしく、逆にウオーターベッドは全盛時6社ほどのメーカーが参入していましたが


そのほぼすべてのメーカーがウオーターから撤退、そのため進化は止まってしまっているからです


だったら何も割高で、メンテナンスやお客さん自身の数々のリスク を考えれば、取り立ててお勧めする必要もないと


考えるに至ったからです ここでご存知ない方のために少しウオーターの説明を・・・

ウオーターベッドには大きく分けて二種類のタイプがあります


圧倒的な水量による 「浮力」 で身体を支える高重量タイプの 「ハードサイド」  重量500㎏~800㎏くらい


一見普通のベッドと変わらない外観で水の量が少ない 「ソフトサイド」 重量200㎏~ くらい


しかしこれでは十分な浮力が生まれず、それをマットレス表面のウレタンなどでごまかしているタイプ


ウオーターは浮力こそが値打ちなので、性能的にはハードサイドが優れていて


ソフトサイドは、売らんがために作られた 「ウオーターもどき」 「なんちゃってウオーターベッド」 とも言えます


弊社は当時、当然ハードサイドだけを展示し、ソフトサイドは滅多に販売しませんでした


しかしなにせ高重量です、せっかく販売にこぎつけても、住宅メーカーなどが 「もし設置したら責任もてない」 などと言うので


キャンセルになるケースも多かったのです


販売に苦労するのに、報われることが少ない・・・・・・となると 「そうまでして販売する動機は


一回一回の販売で、余分に儲けるしかありません・・・・・・しかしそれは弊社の販売スタイルではありません


これが次第に販売から遠のいた理由のまず一つです

ウオーターベッドをやめた理由 その①

お正月休みのこと、宿泊したリゾートホテルが旅行会社の手違いで予約されていなかった


お詫びに という事で、先方がアップグレードした違う近くのホテルを手配・・・とそこまでは良いのですが


行ってみると、部屋のベッドが ウオーターベッド 


一般の方なら興味も手伝って  「うわぁ~ ウオーターベッド」 となるのでしょうが私は真っ平ごめんです


理由はちょっとココでは書けないですが


これを書くとウオーターを買う方の90%近くは購入をやめられるかも という内容なので自粛いたします

しかもそのホテルのウオーターは、私の評価の中でも最低のメーカーのものでしたから・・・


とはいえ、弊社も昔々はウオーターベッドを10台ほど展示し、かなりの台数を販売しました  


」「その頃の」 ウオーターベッドはいろんな意味で素晴らしい


しかし現在は展示数ゼロ、少なくともこの10年くらいは1~2台くらいしか販売していません


なぜそうなったのか


それについて何回かに分けて書いていきたいと思います


題して 「ウチがウオーターベッドをやめた理由」 です



                                           つづく
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング