FC2ブログ
ホーム   »  買ってはいけない
Category | 買ってはいけない

裁断裁断、昨日も今日も明日も

最終販売価格が40万円弱のセミダブルのマットレスを切り裂いて見た


普通のポケットコイルにまあまあの質の詰め物が適量・・・・・・造りは決して悪くはない・・・特別よくもないけど


ただし、「悪くない」 というのは、このセミダブルの最終販売価格が 10万円くらいならば・・・ という注釈が付く


これ某大手家具店が販売しているマットレス


この家具店のマットレスは、20年近くにわたり定期的に手に入れ、カットして内部を検証してきた


20年前は同じセミダブルでも最終販売価格 16万円くらいが最高値クラス (あえて高級クラスと書かない)


価格は今より安いが、中身はゴミ    決して比喩でもオーバーでもなく、ゴミが入っている、それで16万円


この20年でネットなどの普及もあり、一般のお客さんがある程度のマットレスに関する情報を手に入れられるようになった


するとさすがに 「ゴミを16万円で販売して儲ける」 というスタイルは通用しないと感じたのか


冒頭に書いたように 「それなりにまともな物を、価値の4~10倍で売る」  という戦略に切り替えた


ただこういうマットレスがあるおかげで、弊社の販売している高性能 低価格マットレスなどの価格を提示すると


「えっ  案外安いんですね  40万円とかするとおもっていた」 などという反応をいただきます


だって価格三分の一ぐらいですもんね・・・しかも性能は数段上


暴利をむさぼってきた企業の末路は・・・はたして












スポンサーサイト

重要な情報です

それを扱う問屋さんの営業マンが、「ブログに書かないでぇ~」 と泣いて頼むので、書きます(笑)

ただし実名は伏せます 武士の情け

有名メーカーがマットレスを販売します

そのマットレス、見た目はかなり分厚く、なんとな~く良さげな雰囲気・・・しかも見た目に反して激安 ただし中国製で

残念ながら 致命的な短所があります
 
昔のブログでちょっとだけこの短所についてと、その短所、欠点を見破る方法について触れたことがあります


短所とは、すなわち耐久性のことです・・・それは、マットレスの○○○を○〇〇と○に○○○○と・・・・・

面白いことがこのマットレスに起きます・・・・・私は数々のマットレスを見てきましたが、こんなに酷いのは初めて

おそらく大幅コストカットのためにそういう加工にしているのだと思います


けち臭いこと言わないで、その欠点を見破る方法を教えて と思われるかもしれません

でもこの欠点を知る検査方法、一回行うと出来なくなります・・・まぁせいぜい2回が限界

・・・ということは、これを読んだ販売店やメーカーの人間は、それを先に行って展示します

するとそのあとでお客様が検査しても、わからなくなります

もしくは先のお客さんが検査を行えば、次の方はしてもわからない   だから、おいそれとは書けないですし

聞かれても答えないつもりです

ちなみに・・・その販売元のメーカーのショールーム、我々が行った際に散々検査しましたから

今検査してもわかりません(笑) あれから展示が入れ替わっていなけりればね

しかし問題はこのマットレスの外観、見栄えが良く、激安であるという事

今家具小売店は、未曽有の売り上げ低迷にあえいでいます・・・ごく一部を除いて

すると売り上げを求めて、売りやすい方・・・売りやすい方へとシフトします

つまり低価格路線へとシフトするわけです、良いものを安く売るのではなく、中身はゴミでも見栄え良く安くて売りやすい

今回のマットレスのようなものに殺到するわけです

例えるなら、水飲み場の水かさが減り、のどの渇きが癒せなくなった力の弱いサルが

「泥水でもいいから飲みたい」 とわざわざ遠くの質の悪い水飲み場に来てみたら

そう思っていたのは自分だけでなく、他の多くのサルも来ていて、結局飲めないし、長距離移動してさらに喉乾いた

みたいな感じ(笑)

でもこのマットレス、たぶん一時はみんな飛びつくでしょうね・・・・・・弊社ですか

扱うことは扱いますよ・・・ただしちゃんとお客さまには説明しますけどね

弊社とご縁をいただいたお客様は全力でお救いいたします






羽毛布団、買ってはいけない?


家具店で羽毛布団売ってますよね、弊社も販売していますが


場所によって 買ってはいけない  かもしれません


販売員に報奨金を出しているところが多いです   ウチは出してないですよ


一枚売ると1万円とか4千円とか、販売する商品によって違うみたいですが・・・・・


こういうときの販売員の目は、こんな感じ(笑)



目がドルマーク


もはや自分実入りの事しか考えていません


家具店側が、そうまでして(報奨金を出してまで) 羽毛布団を販売させるのにはわけがあります


ぼったくり!! 儲かるから・・・・・である可能性が高い!!!!!


私の経験から申しますと、私が昔努めていた某大手家具店


羽毛布団キャンペーン と使用して、販促をかけていました


138000円 と99800円 の2種類の羽毛布団


138000円を販売すると1万円、99800円の方は5000円 報奨金が出ました


毎日毎日、朝礼などで上司が 「売れぇ~!!!」 と圧力をかけてきます・・・・・これは何かウラがあるな? と考えた私は


コッソリと2つの品の原価を調べました


なんと138000円 の方の原価は38000円!!   99800円の方は30000円  


販売価格の両者の差の割には、原価の差が少ない


要は家具店に大きな利益をもたらした販売員に対する 「報奨金」 なわけで・・・・・お客さんは可哀そう・・・


「ウチでは絶対にこんなことはしないでおこう」 とその時思いましたね、だから現在も一切やってませんよ

続 こんなメーカー潰さなアカン!

「こんなメーカー潰さなアカン!!」


先日書いたブログに対して、各方面から反響がありました


お客様はもちろん、同業者からもあり、同業者にはオフレコと前置きして、ズバリ実名を挙げて言いましたが


お客様にはさすがに現時点では明言しませんでしたが 


「弊社ベッド館が絶対に販売することは無いメーカー」 ですので、ご安心くださいとだけお伝えしました


元々はある家具店のバイヤーさんが、そのマットレスを一枚取り寄せ感触を確認


「これなら導入してもよい」 と判断し展示導入、その後相当数を販売したらしいのですが


ある日、「最初のマットレスとその後に導入されたマットレスの感触が違う」 という声が売り場スタッフから挙がり


確認したところ別物の可能性が高い


もちろんお客様への商品スペックの説明は、最初のマットレスのものを説明、また商品の店内カタログなどにも


そのスペックが堂々と書かれているわけで・・・


だとしたらその家具店も 「善意の第三者」とはいえ、発覚すれば著しく信用を失いかねないゆゆしき事態


リコールを行うかどうか検調査検討中とか・・・


私はこのメーカーに 「関わり合いになるのも汚らわしい」 と感じているので


どうこうする気も無いですが、騙されたお客様は可哀そうですね


また他店のことなのでどうでもいいですが、こんなメーカーと深くかかわると、あとで取り返しのつかない事態となりますよ


繰り返し申しますが、ヨソがどうなろうと知ったこっちゃありませんが


業界の恥ですし、こっちにも変な火の子が飛んでくるのも嫌なんで・・・・


こんなメーカー潰さなアカンで!!

一番儲かる方法


それは詐欺、人を騙して暴利をむさぼることです


それを行っているメーカーがあるとしたら、そしてそれはすでに相当な数が販売されている


手法は見本だけ良いものを見せて、配達する品は似て非なるもの


そりぁ儲かります、でも犯罪です


そんなことが?  ほんとに?   あのメーカーならやりかねません


そのうちに天罰が下るでしょうね、天は見ています


いまのところ状況証拠だけですので明言しませんが、売れているという数の割に、その資材を仕入れている下請けに聞くと


「ほとんど注文いただいておりません」


その資材は基本的にそこでしか扱いがないはずで、売れているのに、そこに注文がないということは・・・・・





プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング