FC2ブログ
ホーム   »  買ってはいけない
Category | 買ってはいけない

ブランド家具は大手家具店で買ってはいけない

ベッドに限った話ではなく、ブランド家具・・・ある程度名前の通ったブランドメーカーの家具


それらは大手各店で買ってはいけません


大手家具店 某A社の場合

ブランド家具をA家具店で説明を受けて、購入を決めたお客さん


さて購入に向けて、価格の相談です・・・  そしてA家具店側の価格提示は、定価から15%引きの 425000円なり~


ここでお客さん  「ちょうど40万円にしてくれたら即決します


しかしA家具の店員の反応はいまいち・・・・・  そこで妥協して 「それが無理なら、せめて5千円切ってください


それでも店員は、頑として値引きしません


「たったの5千円値引きしてくれたら、買うのに」・・・・・ これでお客さんは帰ってしまうそうです・・・当然ですよね


でも、それでそれまで必死に時間と労力をかけて説明した、店員さんの時間と労力は無駄になるわけです


ではなぜ、それをわかっているのに、そこまで頑なに多くの大手家具店は、規定以上の値引きを拒むのか


それは 「統制が取れなくなるから」 です


たくさんの社員や、複数の支店をもつ大手家具店の場合、人によって販売価格の差が生まれたり


「どこどこ支店の誰々さんに価格交渉したら、安くしてくれた」 などと言う前例を作ってしまうと


統制が取れなくなってしまう  だから15%引きと決めたら、よほどのことが無い限り値引きしない


したとしても最小限度に抑えようとするわけです


これは大手の最大の弱点


決して誇張ではなく、弊社 新井家具 本館およびベッド館において、上に書いたようなケースで弊社にたどり着かれたお客さま


その売り上げで、憶以上の売り上げを頂いています


「15%引きの価格から、半端の数千円を引いたら即決する


誠にうらやましい    冒頭に書いたメーカー品だと、A家具15%引き 425000円に対して


弊社 新井家具 本館では30%引き・・・・・・つまり35万円なのです


半端の5千円どころか、A家具店より7万と5千円も安い  ホントに本当の話ですよ


だから大手家具店では、買ってはいけない・・・・・見るだけにとどめましょうね


そして購入は弊社 新井家具店で



メーカー寝具は・・・・・

「買ってはいけない」 とまでは申しませんが、購入は慎重に・・・・・ というのがベッドメーカーの販売する寝具


布団やベッドパットなどの数々・・・・。


でも意外に問い合わせご注文が多い、一応 「やめた方が・・・」 と申し上げることも多いのですが


忙しいと、つい・・・ そのまま買っていただくこともあったりします


ではなぜ、買ってはいけな・・・・・じゃなかった購入は慎重にすべきなのか、これから何回かに分けて


私どもが経験したことを書いていきたいと思います


ケース①    某超有名ベッドメーカー、羽毛布団の場合

ベッドメーカー○○○○が138000円 で販売していた羽毛布団、人気商品でよく売れていました


これを我々は定価の60% 82800円で仕入れておりました


我々は家具屋です、普段重く、クレーム発生率やアフターケアの付きまとう家具を販売していると


軽くて、基本ノンクレームな布団はうらやましいアイテム  「ベッド配送時のガソリン代の足しになればいいや」


位の感覚で82800円で仕入れて、89900円で販売  「ウチはどこよりも安い」  と自己満足に浸っていました


ところがある日、ある人から布団メーカーを紹介してもらうのです


そこから仕入れた布団の原価は24500円   我々は○○○○の138000円とはレベルの違う品と言う認識でこれを


29800円で販売していました・・・・・・・ところが


原価24500円の布団と○○○○の布団の縫製の仕方と、取扱説明書などの書式が酷似しているとことに気が付きます


思い切って、布団メーカーの社長にそのこと尋ねてみました、するとあっさり 


「○○○○に138000円の布団を提供しているのはウチですよ」 と悪びれた様子もありません


そしてこうも付け加えました  「中身は新井ベッド館に卸している24500円のものより、ランク下のものです」


 衝撃の事実  具体的には原価は言いませんでしたが、2万円は切るくらいのレベルの品


それを我々は82800円で仕入れていたわけです・・・・・・ 当然買われた方は・・・


げに恐ろしきはブランド力という魔力です

切ったらわかります

今まで数限りない枚数のマットレスの現物を切り裂いてきました  まさにベッド業界の切り裂きジャック(笑)


外観はもちろんですが、内部構造にも各メーカーの特徴があり


詰め物や生地との縫製の仕方、ポケットコイルの不織布の組成や溶着の仕方、コーナー部分の処理の仕方、等々


サータは、アンネルは、東京スプリングは、そしてシモンズは・・・という風に、中身を見ただけで、それがどこのメーカーか


判別できるまでになります


中国製と日本製の違いもすぐに分かります  簡単なのは 「不織布の素材感」


ポケットコイルのバネを包む不織布、それが国産と中国製とでは、質感や手触りが全然違う



ですから、「なんちゃって日本製」 のポケットコイルも、切ってみればすぐに中身が中国製と、我々にはわかります


ですから、国産を謳うあのメーカーも、そこそこ名前の通ったあのメーカーも、ノンブランドだから安いと言っているあの業者も


種類だけでいうと、世に出回っているマットレスの3~4割くらいは 「なんちゃって日本製」 と言っても過言ではない


家具小売店も、それを売る方が儲かるから、どんどん今後増殖すると思われるのに


優良メーカーはそれに売り上げを取られているのに、それには対策を取ろうともしない・・・


そんなマットレスが、シングルで9万円くらいで売られている・・・・・それだけでも買った人は可哀そうなのに


あの40万円とか100万円とか・・・・・アホちゃう  とあきれるほどボッタくりのあそこのマットレスも


切り裂いて見ると、どうやら中身は中国製・・・・・そんな感じの素材感たっぷりの中身


こんなもん、例え定価の10%で買ったって、別に安くないやん








裁断裁断、昨日も今日も明日も

最終販売価格が40万円弱のセミダブルのマットレスを切り裂いて見た


普通のポケットコイルにまあまあの質の詰め物が適量・・・・・・造りは決して悪くはない・・・特別よくもないけど


ただし、「悪くない」 というのは、このセミダブルの最終販売価格が 10万円くらいならば・・・ という注釈が付く


これ某大手家具店が販売しているマットレス


この家具店のマットレスは、20年近くにわたり定期的に手に入れ、カットして内部を検証してきた


20年前は同じセミダブルでも最終販売価格 16万円くらいが最高値クラス (あえて高級クラスと書かない)


価格は今より安いが、中身はゴミ    決して比喩でもオーバーでもなく、ゴミが入っている、それで16万円


この20年でネットなどの普及もあり、一般のお客さんがある程度のマットレスに関する情報を手に入れられるようになった


するとさすがに 「ゴミを16万円で販売して儲ける」 というスタイルは通用しないと感じたのか


冒頭に書いたように 「それなりにまともな物を、価値の4~10倍で売る」  という戦略に切り替えた


ただこういうマットレスがあるおかげで、弊社の販売している高性能 低価格マットレスなどの価格を提示すると


「えっ  案外安いんですね  40万円とかするとおもっていた」 などという反応をいただきます


だって価格三分の一ぐらいですもんね・・・しかも性能は数段上


暴利をむさぼってきた企業の末路は・・・はたして












重要な情報です

それを扱う問屋さんの営業マンが、「ブログに書かないでぇ~」 と泣いて頼むので、書きます(笑)

ただし実名は伏せます 武士の情け

有名メーカーがマットレスを販売します

そのマットレス、見た目はかなり分厚く、なんとな~く良さげな雰囲気・・・しかも見た目に反して激安 ただし中国製で

残念ながら 致命的な短所があります
 
昔のブログでちょっとだけこの短所についてと、その短所、欠点を見破る方法について触れたことがあります


短所とは、すなわち耐久性のことです・・・それは、マットレスの○○○を○〇〇と○に○○○○と・・・・・

面白いことがこのマットレスに起きます・・・・・私は数々のマットレスを見てきましたが、こんなに酷いのは初めて

おそらく大幅コストカットのためにそういう加工にしているのだと思います


けち臭いこと言わないで、その欠点を見破る方法を教えて と思われるかもしれません

でもこの欠点を知る検査方法、一回行うと出来なくなります・・・まぁせいぜい2回が限界

・・・ということは、これを読んだ販売店やメーカーの人間は、それを先に行って展示します

するとそのあとでお客様が検査しても、わからなくなります

もしくは先のお客さんが検査を行えば、次の方はしてもわからない   だから、おいそれとは書けないですし

聞かれても答えないつもりです

ちなみに・・・その販売元のメーカーのショールーム、我々が行った際に散々検査しましたから

今検査してもわかりません(笑) あれから展示が入れ替わっていなけりればね

しかし問題はこのマットレスの外観、見栄えが良く、激安であるという事

今家具小売店は、未曽有の売り上げ低迷にあえいでいます・・・ごく一部を除いて

すると売り上げを求めて、売りやすい方・・・売りやすい方へとシフトします

つまり低価格路線へとシフトするわけです、良いものを安く売るのではなく、中身はゴミでも見栄え良く安くて売りやすい

今回のマットレスのようなものに殺到するわけです

例えるなら、水飲み場の水かさが減り、のどの渇きが癒せなくなった力の弱いサルが

「泥水でもいいから飲みたい」 とわざわざ遠くの質の悪い水飲み場に来てみたら

そう思っていたのは自分だけでなく、他の多くのサルも来ていて、結局飲めないし、長距離移動してさらに喉乾いた

みたいな感じ(笑)

でもこのマットレス、たぶん一時はみんな飛びつくでしょうね・・・・・・弊社ですか

扱うことは扱いますよ・・・ただしちゃんとお客さまには説明しますけどね

弊社とご縁をいただいたお客様は全力でお救いいたします






プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング