ホーム   »  快適 寝具
Category | 快適 寝具

最高の羽毛布団

当店イチオシの最高級羽毛布団が人気です

価格も99,800円~と羽毛布団の平均単価より高めですが

3カ月前から始めて約30枚、

夏からスタートしましたが予想以上の売れ行き

寒くなったらどれだけ売れるか楽しみな商品です 


umou-01 (480x324)


今まで沢山の羽毛布団を見てきましたが、この羽毛布団はが違います

■ ハンガリー産 ホワイトマザーグース  ハンドセレクト ←紹介ページ

ダウンパワー 『470DP』  ダウン率 97% 

ダウンパワー440~450が最高級品の位置づけですが
その上をいくダウンパワー470

ハンドピック[手摘み]した羽毛布団をハンドセレクト[手選別]することで
このスペックを実現しています



ダウンパワーとかややこしいですが
むっちゃかるくて・むっちゃあったかい・むっちゃいい布団です



価格を聞かなきゃ損ですよ
最低価格証明 新井家具ベッド館!!
   

ウエブサイトは こちら をクリック



スポンサーサイト

羽毛布団パック 大人気です

今、弊社ベッド館の羽毛布団のなかで、爆発的に売れているのが


ベッドメーキング6点セット(8点) です


ご紹介ページは こちらです


新井家具オリジナルのベッドメーキングセット

ご紹介ページは こちらです


ドリームベッド社のベッドメーキングセット

ご紹介ページは こちらです


の二種なのですが、何が違うのでしょう


あくまでも事実は事実としてそのまま書きます


正確な数字は把握していませんが、ここ短期間だけでも30~40セットは販売させていただいたでしょうか


多種に渡る、このドリームベッドのカバー類は大人気、このセットの売れ行きはドリームのカバーのおかげと言ってもいいと思います


ではどちらが売れているのか


30~40セットのうち、ドリームベッド社の方をご購入いただいたのは、1回のみ


残りはすべて弊社オリジナルの方なんです


両者は何が違うのか


まず、コンフォータ―ケース(掛け布団カバー)、ボックスシーツ、ピローケース(マクラカバー) は


弊社オリジナルもドリームベッドの販売しているメーキングセットも同一のものです



ベッドパット、これは違います


弊社のものがフランス産のウォッシャブル ウールパット なのに対して、ドリームベッドは、ポリエステルのベッドパット


マクラはどちらも国産フェザーマクラ


さて肝心の羽毛布団ですが・・・・・・・


もう書く必要もありませんね  結果が出ています 30数回 対 1回 


とにかく今、大人気商品です


シルクパット 売れています

シルクベッドパットがエライ事になっています


弊社ホームページ、オススメベッドパット のコーナー  に御紹介の品ですが


アワーグラス アールグレイ


アンネルベッド スタープラチナ


日本ベッド シルキ― シリーズ


サータのソフトな感触のマットレス


等々の感触の良さが好評なマットレスとの相性が最適なベッドパットとして、以前から好評だったのですが


ココに来て、ムチャ売れ


そしてまさかの   しばらく売らないで指令が、メーカーから来ました


いや、売らないでというのはオーバーですが、全然間に合わないので調整して販売して下さい、と言われました


なんせ、シルクパットの製造には手間と時間がかかります


最初に蚕ちゃんがいっぱい桑の葉を食べ、体内で生糸に変化させ作った繭玉を釜で二時間ほど湯がきます。


湯がくと繭玉は茶色くなってしまうので、その後綺麗な水に浸し濁りを取り去ります


その後、繭のなかで天国に召された蚕を取り除き  ハンカチサイズに数枚重ねます


この作業が難しく、習得に最低3年、10年やっても下手な人は下手らしいです


そして水分を取り去るため遠心分離機にかけます


さらに漂泊をほどこし、その後2日間陰干しされて、ようやく原材料の完成です


しかし、実はまだまだココから手間ひまがかかるんです



手引き仕上げ


ハンカチサイズの真綿を、ピーっと手引きで引っぱり、何層にも重ねて作るこのシルクベッドパット


重ねる層の数、なんと80層


実は簡単そうで難しい奥が深いこの手引きの技術、シルク手引き


こんくらいの(上の写真)サイズの真綿を、 びろ~ん  と、下の写真のように伸ばし



手引き真綿

それを80回繰り返し重ねていく


簡単そうで難しく、相対する二人の職人さんが呼吸を合わせて均等に広げていきます


ですから、おのずと作業に携わる職人さんは熟練で高齢の方が多く


一日にそんなにたくさん作ることができません


昨日ようやく12枚ほど入荷しましたが、その大半は売約済み


無理を言って、来週中には10枚ほど入荷し、その後も増産をお願いしていますが、どうなるのでしょう

予告! 羽毛布団超特価!

昨年の真冬のこと


ドリームベッドが販売する羽毛布団  F-T 958 光電子ダウンデュべ シングル定価 138240円  を使ってみた


ふとん光電子



ムチャクチャ暖かい しかもめちゃくちゃ軽い


私、寝具は贅沢をさせてもらっており、普段使っている布団は 西川産業のその名も 「北極グース」


シングルで20万円以上するお布団


正直、それと比較してもこの、ドリームベッド F-T 958 光電子ダウンデュべ は遜色ないくらい暖かい


どれくらい暖かいかというと、真冬の凍える夜に窓を開けっ放しでも、布団の中は天国  寒くないのだ(あくまで個人の使用感)


しかも普通の羽毛布団は、布団に入ってしばらくして、体温により布団内部の空気が暖まるので時間がかかるが


光電子の布団は、瞬時に暖か~い


遠赤外線素材 光電子とは

光電子繊維は保温作用に優れたセラミックスを、独自の技術で均一に練り込んだ機能素材です。
体温を吸収して、遠赤外線を輻射し、ポカポカした暖かさを持続させます。


これをレーヨン素材に練り込み、羽毛と混ぜて作られています


そうです、暖かさの正体はズバリ、自分の体温


人体から発せられる遠赤外線を素材が吸収し、放射して送り返してくれるのです


だから  暑くなり過ぎないんです


だから  寒がりの方にも、暑がりの方にも最適なんです


まだまだ優れた点がこの光電子にはあります


蒸れない  汗をかいても快適


遠赤外線は、水の分子を細かく分解させるので、汗などは蒸発させ、いつもドライな感覚


さらにさらに


遠赤外線効果は、布団から出た後も10分程度持続すると言われているので、真冬の朝起きがかなり楽ですよ


保温性、快適性、機能性、軽量性を求められる、エベレスト登頂の登山家たちの防寒着や、さまざまな製品に使用されており


「光電子」 で検索すると、読み切れないほどのデータが出てきます


さて本題です!


この素晴らしいお布団・・・・・問題は値段です    たっけぇ~ シングルで138240円


これをなんとか、安く販売する方法はないのか






滝に打たれること100日  


滝に打たれる
うそ


何とかなりそうです


光電子の羽毛布団  ドリームベッドさんの定価の半額!! 程度の価格で販売する目処が最近ようやく付きました






けいかくどおり

近日中に弊社ホームページにて販売を開始いたします


この冬の大人気商品となりうる光電子、こうご期待





羽毛ベッドパット 売れすぎです!

11月に入り、冬の足音が聞こえてくると、羽毛関係の商品の売れ行きが増えていきます


今日、店頭で 「ダウン ベッドパット」(羽毛のベッドパット)が各サイズ合わせて 8枚も売れました

ダウンパット 紹介ページ 


この日本製  ダウンパット 


羽毛独特の包まれる感覚でマットレスと身体との隙間を埋め、体温を逃がさないので、冷え性の女性には最高で


絶賛の声を頂戴しています


じゃあ暑がりで汗っかきの男性には向かないのか?  といえばそうではなく


羽毛の優れた吸湿発散性で、少々の汗を書いてもさらっとした感覚が好評いただいています


ダウンパット



弊社の品は ダウン70% フェザー30%  のベッドパット


他メーカーのものはダウン85%とか90%のものもあるようですが


もちろん掛け布団の場合は、充填の羽毛が同じであれば基本的にダウン比率が多いほうが良いのですが


敷きパットの場合は違います


タンポポの綿毛のようなダウンは、それ自体は柔らかく芯がありません


ですので掛け布団と違い、体重がモロにかかる敷きパットの場合、なんとなく頼りなくペッチャンコになるだけ


フェザーはイメージとして共同募金の羽を小さくした感じで、芯があるため適度なボリュームと耐久性を生みます


ですからダウン70% というのは絶妙の感触と保温性、吸湿性、発散性を生む最適なバランスと言えます


冬支度はお済ですか?    ではまた



プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング