FC2ブログ
ホーム   »  未分類
Category | 未分類

ヘッドハンティング

私は買い物に行ったり、メシを食べに行ったりした先で、いわゆるデキル人間にいわゆる会うと


「ウチで働かない」 と声をかけます


ところが今回その私の専売特許を、本館スタッフのファンネルТ氏と福西店長の二人に奪われました


二人が良くいく所にヘッドハンティングの対象者がいるらしく、「愛想のいい明るい子がいる」  と二人はたいそう気に入った様子


というのも、本館の事務員さん病気療養のため、9/20で退職することになり、その後釜を探していたところだったのです


じゃあとにかく会ってみようということで、面接とかそんなんじゃなく気軽に一度遊びに来て


という感じで会ってみると、元気で明るい   私も気に入っちゃいました


善は急げ  てな感じで、早速条件提示


後は先方からの返事待ち    こんな感じで仮に働いてもらうことになったら、初めてのケース


面白いことになるかもしれません


スポンサーサイト

早くふたを開けろ!!

もうすぐお盆、地獄の釜のふたも開いて死者が返ってきます


先代(親父)が亡くなって14年目のお盆、今日親父の後輩の方からベッドのご注文をいただきました


「お盆が近いので、親父がY様(後輩の方) を呼んだのかもわかりませんね(笑)」 と楽しく商売させていただきました


親父のことなので、地獄の門番を脅して、釜のふたを早く開けさせたのかもしれません


墓参り行かないと


夏休みを順番で取っているので、人員が少なくあたふたと忙しい夏の昼下がりです

勝手にコラボ

私は出先であろとどこであろうと、ふと思いついたことをメモする習慣がついています


それは例え寝ているときであってもです   睡眠中にアイデアがパッと思いついたら


どんなに眠くっても、携帯にメモ・・・録音かな  しておいて翌日メモに起こします


案外睡眠中のα波が出ている状態というのは、私のアホの頭でも活性化するのか、いいアイデアが浮かんだりします


私は最近までもうすぐ取り壊し予定の、新井家具本館に住んでいましたが、ベッド館の方に住まいを移したため


旧自宅の荷物を整理していたところ、そのメモを書き留めたノートが出てきました


企画としては何時か実施しようかな  と温めつつ、結局没になった企画など、色々と読み返してみると面白いです


その一つに  「勝手にコラボセール」  ・・・どういうセールかというと


弊社ベッド館の前に、当時コンビニがありました(ローソン) 、残念ながら今現在は他へ移転してしまいましたが


ローソンで買い物してもらったら、その分弊社が値引きします   もちろん先方の了解を得ずに実施します


まぁ上限は1万円までとして・・・・・面白いと思いません


普通コンビニの1件あたりの客単価は、どうでしょう? 調べてみると 600円前後 くらいだと思います 


そんな中、1万円単価のお客さんが大挙押し寄せたらどうなる


ローソンで1万円・・・食料品、飲料水、化粧品、雑誌、どのみち日々の生活で消費する品ばかりです


つまりそれらが 「タダ」になる寸法です


ローソンさんは 「何が起こったんだ 」 突然のバブル到来に驚くと思います(笑)


えっ・・・・・・弊社のメリットですか    な~んにもありません(笑)


でもただ単に何の理由もなく 「いつもより安くします」 って言うより、面白味があっていいんじゃないですか


ひょっとしたら、あとで感謝の差し入れくらいはあったかも


十分に実現可能な企画だったんですが、残念ながら仲良くお付き合いさせていただいたローソンさんは、他所へ移転してしまいました


えっ・・・今でもセブンイレブンが近くにある    嫌です、コラボなんてしません


近くにコストコもあるけれど、コストコで1万円なんて客は珍しくもなんともないので、つまらないです



ブログを書かせる意味

最近私のブログだけでなく 本館スタッフのブログ や ベッド館スタッフのブログ    で計6名の人間がブログ更新を積極的に行っています


ブログを書くのが好きな人、そうでない人  色々です   私などは下手のよこ好き


でも文章の旨い下手はあんまり関係ないと思います、今回私が 「みんなもブログを書いてほしい」 と頼んだのには


いくつかの理由があります


ブログを日々更新するためには何といってもネタ、何らかの話題というかテーマが必要になってきます


更新を続けていくと、当然のことながらすぐにネタは尽きてきます、大抵のブログはそれで更新をストップしてしまう


それを防ぐためにはネタを探さないといけません  すると日常の色々な出来事に対して敏感に感じるようになります


人と話をしていても、車を運転していても、彼女とデートしていても、テレビを見ていても、家族と海水浴にいっても・・・


常にアンテナを張って、敏感に感じる事・・・これって単にブログだけじゃなくって、商売に通じることです


嫁はんが 「野菜が値上がりして高い  でもどこどこのスーパーではこんな売り方してた」 とか


家族と出かけた先でご飯を食べる、初めて訪れる地なら、どこで食べるかは決まっていない


じゃあどうして自分はこのレストランを選択したのか とか、そこに理由があるはずです


そんなことが商売に繋がっていく・・・  その訓練の一環がブログというわけです


アンテナの感度が悪い人間、感受性の低い人間は、少なくとも弊社ではずっと一兵卒、二等兵のままです


まぁそれでも良いという人は、そのまま日常をボーっと  と過ごしていけばいいんです


ちなみにそういう奴らは、過去に何人もいましたが、全て淘汰されました


日常感じたことをメモしておいて、その時は単なる 『点』でも、いくつかの点がいつか線になる


それを文章に起こすのはちょっと難しい場合もありますが、それを行うことでお客さんに訴えかける力が付きます


同じ商品を説明する場合でも、この力の有る無しで、成約率は大きく変わってきます


だからヘタでもなんでも、どんどんブログを書いていってほしいですね
 






お得度を伝える手法

家具業界 (に限らないと思う) では、価格提示に関して最低限の暗黙のルールが存在します


例えば取り寄せ未開封の商品を、「定価の半額」 などとネットや広告媒体で謳うと、必ず目ざとい他店からクレームが来ます


これは商品のブランド力が強ければ強いほどそうなります


ところがそこに 「現品処分」 とか 「アウトレット品」 という文言が付けば、大抵のメーカーは問題がなくなります


だから弊社の場合 新井家具 本館も 新井家具 ベッド館も、本当は新品取り寄せ品なのに、敢えてアウトレット品、現品処分と謳い


アウトレットコーナーに掲載するという苦肉の策を取っています


どれがその商品であるのかは、内緒です   ヒントは、かなり安いけど、アウトレット品(本当の) よりはチト高い


そりゃあそうです、新品なんですから


ただこの販売スタイル、いくつかのデメリットがあります


「いくら安くっても現品はいや」 というお客様、ウエブ画面上では「アウトレット品」 となっていますから


鼻っから購入対象にはならず、お問い合わせもいただけない


お問合せいただければ、「アウトレット品というのまは、実は(上に書いたような理由で) ウソなんです


とお伝えする機会もあるんですが・・・


次に、本当のアウトレット品より安くない


普通、取り寄せ品が20%引きの商品があったとして、そのアウトレット品の場合、定価の半額とか


ダメージの程度によっては6割引きとかになっています


でも上記のウソのアウトレットの場合、4割引きとかが限界・・・・・それでも十二分に安いのですが


お客さんはその品を 「アウトレット品」 ととらえておられるので・・・「な~んだアウトレットのわりに安くないじゃん


となってしまいます


そして仮に上記の理由をご説明しても主旨をご理解いただけず 「何か裏があるんじゃあないの


と胡散臭いと感じる疑り深いお客様(笑) もおられ・・・  思ったほど売り上げにつながりません


しかし  それについて、先日長時間お話しする機会があった、車屋さんの社長の話がヒントになりました


今後、アウトレット品と偽って販売してもいいくらいのお得な品が出てきたら


色々と試してみようと思っています
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング