FC2ブログ
ホーム

新井家具ベッド館の店長が綴るブログだけのお話です。ベッドの得する情報からプライベートなつぶやきまでを不定期更新中!!

最近感じる事

ベッド館の東京ショールーム開設にあたり、弊社に人事異動と言うか

配置転換がありました

本館のスタッフ一名が東京ショールーム配属に、ベッド館から一名

本館の配属となった

私は新井家具店の社長ですが、これまでどちらかと言うとベッド館に8割方・・・

9割かな?(笑) ウエイトがかかっていた

しかしこの度の東京ショールーム開設、加えて店舗の完全建て替え新築

弊社にとって大きなプロジェクトを推進するため、ウエイトを50対50に切り替えた

ベッド館のスタッフも、もう任せてもいいくらい育ってきたし

正直、本館のベッド以外の家具にたったの数か月とはいえ

関わってみると  「面白い(笑)」と感じるようになった

ベッド館が簡単とは決して思わないけど、本館の商売にも難しいなりに

面白味と言うか、やりがいと言うか、自分なりに 「こういう風にしたい」

「こうすればもっと売れる」という感触を感じるようになった

気づくのがちょっと遅いけど(笑)

・・・・・・ますます遊べない~ 休めない~  さぼれない~

これでまた引退が遠のいた・・・ あと3年は頑張ろう(笑)

・・・と15年位前から、あと3年・・・あと3年(笑)

「はいはい(呆) あと3年ね…頑張って

ベテランのスタッフも、ベテランのメーカー営業マンも

すっかり私の引退する詐欺には慣れっこ(笑)

「社長が引退したら、僕たちはどうしたらいいんですか?

話しに乗ってくれるのは、20代のスタッフだけ・・・(笑)

ホントに社長なんてやめてやるぅ~

ウチにできてよそにできない事

弊社には、メーカーが都合よく造ったマットレスのカットサンプルではなく、現物を切り裂いて、ありのままを公開しております

マットレス 中身

上の写真は一部ですが、店頭に約20枚ほど公開しています


世間的には高級品と言われているものが、実は超粗悪品であったり  


価値もないのに高額な買ってはいけないブランドベッドの中身であったり


ほとんどがビックリの連続で、見られたお客様は衝撃を受け、これまで持っておられた価値観が180度変わるようです


20枚中2~3枚は、良いマットレスのもの  だから大半は 「悪い見本」 という事になります


「こんなの初めて見た」  と言うお声が多い・・・・・ 誰でも考えられそうなことなのに、なぜ他店はやらないのか


仮にやったとしても数枚程度なのか


それは弊社のように20枚もカット公開するとマズいから   だって 「良くない中身」 のマットレスを店頭で販売しているから


売れたら何でもいい  たとえそれが毒でも薬でも、金が儲かればいい と考えていれば


弊社のように堂々と 「良いものは良い」 「悪いものは悪い」 と公開できませんよね


もちろん弊社の東京ショールームでもこの 「現物のマットレスの中身公開」 行うつもりです


スペースの関係でどこまでできるかわかりませんが  これだけでも一見の価値ありですよ



道理で注文があるわけだ

先日、広島県の某家具店さんが 「お店を見せてください」 とベッド館に来られました


キッチリと名刺を提示されての訪問、こちらも気持ちよく応対いたしました


その際、あるメーカーのことを 「○○○〇って定価から20%も値引きしないと、他店に負けて成約できないんです


とその広島の家具店さんがおっしゃるので、思わず吹き出しそうになってしまいました


「えっ…うらやましいですね、ウチは普通に3割引いて販売しますよ」 と答えると

  
ゲッ  さっ・・・三割ですか」  運賃は   運賃は頂いていません と答えると


絶句しておられました


道理で広島県からジャンジャンご注文いただくわけです   武士の情け・・・広島県の家具屋の名前はナイショにしときます


結構、大きい店舗のお店です

現物ありますよ

お問合せのお電話、お電話の主であるお客様は、「買ってはいけない」 「低性能で高価格」 な某ブランドをご所望


例によって力の限り 「おやめください」 とお客様をお諫め、その理由である


そのメーカーがいかに価値が無く、そのくせ高額で その上メーカーの体質も最悪 であるかをご説明


すると大抵 「じゃあ購入は止めることにします」 とご納納得・・・・・・・とここまではこれまでと同じ


しかし続いてお客様がおっしゃるのは 「ではどこがお勧めで、良い商品なのですか


ほとんどの方が尋ねられます


ここからが問題、アンネルベッドや東京スプリングをお勧めしたいのは山々


しかしお勧めすると  「それらはどこで (関東圏) できるのですか」 と尋ねられます


・・・・・・・ 「残念ながら展示しているところはないかもしれません


その中の、そうですね5%くらいは 「じゃあ大阪の御社まで見に行きます」 とおっしゃっていただきます


そして30%くらいの方は、ご自分で展示しているところを探されて体感、そのうえで弊社にご注文いただきます


残りの60%の方は 「現物無いんじゃあきらめます」 あるいは 「似た感じのマットレスはどれ」 となります


これが案外と骨の折れる作業です   そうお客様にとられても、我々にとってもです


しかしこれからは 「弊社の東京ショールームで全て体感いただけます」(笑)


こうご案内できる幸せ


今日も数件のお客様に、お電話で東京ショールームをご案内いたしました


一軒の方は新潟の方、「大阪は無理だけど、東京なら頑張って行ってみます」 とおっしゃっていただきました


楽しいです

出店あれば、閉店も

A県の大型家具店が店舗の大半を閉店するという情報が入ってきました


これでますまます同県のМ家具さんが太る


店舗数を増やして拡大するのは簡単、でも維持発展させていくのはこの時代、至難の業


弓矢はギリギリまで、これ以上は伸びないと思われるところまで引き絞ってから放つ


弊社も東京出店、明日は我が身と気を引き締めて当たらねば


まぁウチの場合、弓は引き絞っていてもこれまでは肝心の 「矢」 が無かったわけで


小さいながらも 「出城」 を得た弊社、粉骨砕身、不惜身命、一所懸命、決して大関の名を汚さぬよう・・・・じゃなかった(笑)


まぁとにかく、頑張りまぁ~す   私の一所懸命など、かなり適当なもんです(笑)
プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング