FC2ブログ
ホーム

新井家具ベッド館の店長が綴るブログだけのお話です。ベッドの得する情報からプライベートなつぶやきまでを不定期更新中!!

ナイショにしていた訳ではないのですが(笑)

実は8/8から本日8/16 までの8日間、私はТОCの弊社 東京ショールームで留守番をしておりました


いつも駐在している、ファンネルТ氏が夏休みの為、現地の視察の意味も兼ねて、8日間の東京ビジネスホテル住まい


色々大変だったですが、楽しかった
 

みなさんある程度、私のブログやホームページをご覧になられていて、基本情報はご存知の方ばかり


おなじ 「某S社」 の低性能で価値もなく高価格なのを説明するにしても、熱が入りますよね ご理解も早いし


さて肝心の東京ショールームですが、お客さんがお見えになる事といったら


基本的には自由にゆっくり見て頂く、と言う感じなのですが、お声を掛けるとご質問が


多い時は店内に15名くらいのお客様がおられ、お一人に説明さしあげて、他の方にはご説明しないと言う訳にもいかず


といって店内には私一人、とてもご説明の手が回りません


そこで、お電話で大阪に相談を とご案内しても、電話回線は一つだけ


回線を増やす事が急務ですね


T.O.C内の同階のご近所さんも 「たくさんお客様が来られますね 集客にどんな宣伝しているんですか


と尋ねられたので、「1円も広告費使っていません  ホームページとブログだけを見て、お越し頂いているんです


と言うと大変驚かれていました



内緒にしていた訳ではないのですが、店長で有る事はあえてお客様には申し上げませんでしたが


しゃべり方なのか   低性能 高価格のメーカー品をズバズバと切り捨てるからなのか(笑)


何名かのお客様には 「ひょっとして店長さんですか」 と見抜かれてしまいました


ここでの一日は、あっという間に時間が過ぎて行きます  説明するのがこんなに楽しいのは、新人の頃以来の事

だって皆さん、他店では本当の商品知識と商品説明を受けられたことがないのか 説明に飢えていらっしゃるというか


まさにそれを聞きに、体感しに来ていらっしゃる・・・ そんな風に感じました


どちらにしても今回の8日間で、東京ショールームの欠点、弱点がいくつも見えました


これらを改善、より良いお店にするぞー


状況さえ許せば、スタッフがかわるがわる東京ショールームを体験してもいいと思います


私がもう一度来たいくらいですから  若いスタッフなどは、大変勉強になる事でしょう


しつこい様ですが、宣伝広告も無く、ブログとホームページで 「東京ショールーム オープンしました」 だけのご案内

皆さんアンネルベッドと東京スプリングを  それだけを見に来ていらっしゃるんです


アンネルと東京スプリング ウチはこれ以上、人員は割けないよ!! どうする


さぁ今から7:30の新幹線に飛び乗って、大阪へ帰りま~す  さらば東京、しーゆーすーん

価格設定のストーリー

東京スプリングにしてもアンネルベッドにしても、基本弊社がオススメしている機種は、全て


「価格のストーリー」がしっかりしている


例えばお客様に、同じメーカーのマットレスについて


 「このマットレスとこのマットレスは、なぜ1万円価格差があるの」 と尋ねられても


「はい、それはこれこれこうした部分の差が両者に有るからです」 と直ぐに明確に答える事が出来る


本来、工業製品であるマットレスは、そうであるべき (時折、限定品などで逆転するものもあるが)



しかし一部のブランドメーカーのマットレスは、残念ながらそうではないものも多い


価格のストーリーもクソも、コストが5千円も変わらない同メーカーの2種のマットレスに、平気で5~6万円の価格差を付ける


そりゃあ専門知識を持たない一般の消費者には、抽象的な説明で煙に巻いて説明


後は 「ブランド幻想」を利用すれば、素人販売員に一週間程研修させ、想定問答のマニュアルさえ暗記させれば


簡単に納得はさせられるだろう・・・


しかし弊社が有る限り そうは問屋が卸さない


しかし昨年の 「マットレス内容表示」の表示方法の改定で、消費者に内部の情報の公開義務がなくなった


これにより、ますます一般消費者に判断が難しくなった


極端に言えば耐久性さえ、これまでより低下させ、買い替え頻度を増やす事も可能


まさか  それを狙っていた  まさかとは信じたいです




一見の価値あり 損しない為に

弊社ベッド館の東京ショールームには、「実際に販売している現物マットレス」 をカット公開したものが6種類ほど展示している


これが゛非常に分かり易い  とお客様に好評


例えば、全く価値がない 「某社」 のマットレス  シングルで定価 16万円代のシングルマットの中身と


アンネルベッドの売価89900円のスタープラチナの中身を比べて頂くと


何から何まで、89900円と安いはずの方のアンネルの方が圧倒的にものが良く


いかに某社のマットレスが、価値もなく高いか と言う事が、専門知識を持たない一般の方にも


簡単に理解する事が出来る、まさに百聞は一見に如かず


バネ数、バネの巻き数、配列などは勿論の事、両者のウレタン比重の違いは、実際に触ってみれば明らかに違いが分かる


そして別のサンプルに目を向ければ、アンネルのHC3ゾーン ネオ シングル 実売価 49900円


これと先程の某社16万円代のマットレス・・・・・ いったい何が違うの


確かに16万円代のほうが、わずかにウレタンの量が多い・・・しかし果たして両社に、五千円のコストの違いが有るのか


・・・う~ん微妙(笑)


てぇ~事は、某社の16万円代のマットレスは、定価から半額・・・・・どころか6割引くらいで購入しないと


適正価格じゃないってこと  ・・・ところが、そんなもんじゃない可能性が


噂されている事が事実なら、価値はもっと低い


そんなお話と、マットレスの中身が見れちゃう 弊社東京ショールーム


ぜひお越し下さいませ



最高機密マットレスとは?

定休日の明日、全く予定がないので、車に飛び乗って東京スプリングに行こうかと考えていた


東京の知り合いに会いに行くついでもあるが、アポなしでいきなり訪問


その目的は・・・・・謎のマットレス 「エニグマ」 の秘密を探りに


前回の福岡大川の家具の総合展示会の際、内部情報を一切公開せずに同メーカーのブースに展示されていたとか


残念ながら弊社は、今回の大川展には出向いていないので現物を見ていない


その現物を拝見して、「な~んだ、大したことないじゃん


と感じるか、「いや、素晴らしい」 と思うか  


第二次大戦中のナチスドイツの 「暗号機」 その名前を冠した 「エニグマ」‥…たぶん命名したのは社長


極秘、秘密のヴェールに包まれたマットレスの名称にふさわしい・・・・・って、だんだんやる事が芝居がかって来たような(笑)


えっ  このマットレスの演出の絵を私が書いている  そんなことをお客様から聞かれましたが


ぜんぜん知りません  ほんとです


・・・・・・てか、8/18まで東京スプリングさん、お盆休みじゃん  チャンチャン


:

ベッド館もゼロ円コーナー?

先程、本館のゼロ円コーナーの事をブログに書きましたが


ベッド館の方でもたまに 「要らないメーカーのマットレス」 がイレギュラーで入荷したりします


○○○○ベッドのマットレスとか  今まではそういうマットレスは、付き合いの有るアウトレット家具店などに


安価で下げ渡していましたが、考えて見りゃあゼロ円で差し上げればいいんでよね


だって売りたくないですもん


しょっちゅうは無いですけどね   ○○○○ベッドに限らず、粗悪な中国製マットレスとか


「なんちゃって日本製マットレス」 なんかもゼロ円にしてもいいかも


色々と考えてみます

プロフィール

のーちん

Author:のーちん
新井家具ベッド館の店長ブログです。
ベッドに関する情報を中心に綴らせていただきます。
枚方家具団地にある300台以上展示の新井家具ベッド館HPも是非ご覧になってください。
お買い得なベッドをご用意してお待ちいたしております。


新井家具ベッド館のHPを見る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング